昼めし旅

2019年2月12日(火)放送 テレビ東京   木,金   11:40-12:40

関連ニュース

注目の朝市に潜入! 鎌倉散策のベストコースを紹介:ソレダメ - 04月16日(火)18:44 

4月17日(水)夜6時55分からは「ソレダメ! ~朝の生活を見直せば、毎日が見違えるほど良くなるスペシャル~」をお届け。あなたの常識が変わるソレマル新常識をお届けします。あなたの常識が変わるソレマル新常識!知っていると便利な「柑橘類の果物が簡単にキレイにむける」「爪をタダでピカピカにできる」ソレマル法や「カップ麺をモチモチに仕上げる」ソレマルな格上げ技を紹介。そして、いよいよ開幕する「世界卓球」で大活躍中の"みうみま"こと、平野美宇選手と伊藤美誠選手のもとへ突撃します。今、大注目の関東2大朝市の新常識今、田舎を元気にする地方創生の鍵として、全国各地に人気の朝市が生まれている。今回は、朝市のなかでも、注目の関東近郊の2大朝市に潜入。毎週土曜日だけ一般開放される、埼玉県「大宮総合食品卸売市場」と毎日、鎌倉で育った珍しい野菜を販売している人気の「鎌倉朝市」や鎌倉の「超人気! 朝ご飯」など、朝の鎌倉を散策するベストコースを紹介。朝にまつわる疑問を一挙に解決!みなさんが朝起きてから家を出るまで、何気なくやっている「朝」の習慣は本当にソレマルなのか? 「目覚ましのかけ方」「布団からの起き上がり方」など朝のルーティーンにまつわる疑問に生活力検定クイズを交えながら、一挙に解決していきます。朝食おかずの新常識!「納豆」「スクランブルエッグ」「焼き鮭」「ウィンナー」など、いつも食べている朝食のおかずが...more
カテゴリー:

読んだらダイエットしなくなる...日本人”まんぷく”の歴史 - 04月12日(金)13:06 

元号が"平成"から"令和"に変わる前に知っておきたい情報が満載! 生活に欠かせない家電や身近なモノの知っているようで実は知らない歴史と変遷を一挙に紹介する「昭和平成ヒット商品 全部見せます!」(4月12日金曜夜8時放送)。懐かしの仰天映像満載でお届けします。そこで今回「テレ東プラス」編集部では、番組の中から【満腹の変遷をミレバ、苦労したダイエットの歴史がワカル】の内容を紹介!昭和・平成を彩ったヒット食品の数々。かつて食べるのにも困っていた日本人の胃袋を満たし、豊かな気持ちにさせてくれました。今では手軽なのにおいしい食品があふれ、人々は24時間いつでも満腹な状態に...。ところが、歴史を振り返ってみると、今から約50年前の1950年、中学1年生男子の平均体重は31.5kg。それが2000年には45.4kgまで増えています。その差なんと15kg! いったい日本人の食生活にどのような変化があったのでしょうか?一袋35円の「チキンラーメン」は庶民にとって贅沢品だった1950年代の日本。まだスーパーもなく、お米の値段は10kgで870円。現在の価値に換算すると約14,000円。しかも炊飯器には保温機能が付いていなかったため、炊くのは食べ切れる少量のお米だけ。当時の食事は一汁一菜。つまり白飯お茶碗一杯、お味噌汁におかずが一品という質素なものでした。おかずの定番は焼き魚、煮物そしてクジラ肉。この...more
カテゴリー:

肉好き必見!温泉施設も? 巨大な肉のテーマパーク:昼めし旅~あなたのご飯見せてください - 04月14日(日)11:01 

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せて下さい」を合言葉にリポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼11時40分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。4月4日(木)の放送は、埼玉県日高市にある「サイボク」で昼めし旅。「サイボク」は、埼玉日高ICから車で10分のところにある人気施設。ハムやソーセージの加工工場と直売所が一つになっています。その広さは東京ドーム2個分。レストランのほかに温泉施設まであるという、巨大な"豚のテーマパーク"です。そんな「サイボク」でお肉のご飯調査をするのは、福田彩乃さん。わんぱく!焼きたてパンで豪快ハムサンド早速お店の人にお話を伺うことに。サイボクのお肉は、ゴールデンポークという特別なお肉。ゴールデンポークとは、宮城県栗原市にあるサイボクの直営牧場で約70年かけて品種改良されたブランド豚。肉質は柔らかくてジューシー、それでいてあっさりした味わいが特徴です。「脂身がすごく甘くておいしいです」と店員さん。福田さんも早速、その甘い脂身が堪能できるトンテキ(税込み481円)を注文しました。「ほんとだ甘い! しかも柔らかい」と感動。焼きたてのトンテキを堪能したあとは、豚肉の直営店「ミートショップ」へ。豚肉だけで約100種類の商品が揃います。定番のロースやモモ肉から、豚軟骨や胃袋といった珍しい部位や加工品ま...more
カテゴリー:

160人前!? 色鮮やかな”究極の箱寿司”岩国寿司を体験:世界!ニッポン行きたい人応援団 - 04月08日(月)13:47 

ニッポンに行きたくてたまらない外国人を世界で大捜索! ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜日夜8時~)。毎回ニッポンを愛する外国人たちの熱い想いを紹介し、感動を巻き起こしています。お祭りに独学で覚えた押し寿司を持参!毎年、アルゼンチンでは1万人以上が参加する盆踊り大会があります。アルゼンチンに住む日系人は約6万5千人。その7割は沖縄にゆかりがあるそうで、祖先たちは1900年代に仕事を求めてアルゼンチンに移住。日系人がアルゼンチンの人々と親睦を深めるために盆踊り大会を行ったことが発祥だと言います。この南米最大級のお祭りでニッポン好きを募集したところ、押し寿司を愛してやまない男性を発見!お祭りの会場にもサーモンと卵焼きの押し寿司を持ってきていたフェデリコさん(38歳)。早速自宅を訪れると、独学で覚えた押し寿司でもてなしてくれました。しかも料理としての押し寿司だけでなく、「お米がいつニッポンにきたか」から始まり、郷土料理としての押し寿司の成り立ちや日本の歴史までびっしりとノートに書き込んで研究していました。「歴史を学んでから料理を作ると、その時代を感じることができます。寿司オタク(笑)」と熱く語るフェデリコさん。普段は、ブエノスアイレスの料理教室で和食を教えていますが、実は本物の押し寿司を食べたことがありません。ではなぜ、押し寿司を好きにな...more
カテゴリー: