チマタの噺

2020年1月21日(火)放送 テレビ東京   火   0:12-1:00

「チマタの噺」の動画

関連ニュース

石原裕次郎、宍戸錠...昭和の大スターの逸話が続々。山下真司に「役者なんてやめなさい」と言った大物女優M:チマタの噺 - 07月01日(水)21:10 

街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。6月30日(火)は、俳優・山下真司が登場。【配信終了:7月7日(火)】動画はこちら1951年生まれで、鶴瓶と同い年の山下。話題は、同級生のモト冬樹、故・大杉漣と集まった会から。「(大杉が)ギター弾いてるとき俺がトイレ行ってさ。鶴瓶さん怒ってたよね」と山下の口から当時の失礼エピソードが飛び出すと、鶴瓶は「ほんと昔から(山下は)空気読まない」とコメント。ただ、「なんで許されるの? (不思議と)嫌じゃない」と鶴瓶が言うように、どうやら山下は愛されキャラのようです。そんな山下の自粛中の楽しみは、愛犬ジョジョと遊ぶこと! ...のはずでしたが、奥様が撮影したVTRには「おいで」と寝転がって声をかける山下に対して、まったく乗り気じゃないジョジョの姿が(笑)。半ば無理やりジョジョを腹に乗せ、戯れる山下ですが、どっちが遊んでもらっているのかわからない状態に思わず鶴瓶も「逆やんかこれ!」。さらに電子マネーを持たず、電車に乗るのが年に1、2回で、なんと切符の買い方もわからないというアナログ生活ぶりが発覚。これには鶴瓶も「殿さんか!」と、山下の浮世離れぶりを指摘。「銀行でお金をおろしたこともない」と話し、奥様から小遣いを壺にいれてもらっている「お小遣い制」を...more
カテゴリー:

借金35億円の理由を告白...さだまさしが「うらやましい!」と思った超大物アーティストOとは?:チマタの噺 - 06月25日(木)09:21 

街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。6月23日(火)は、さだまさしが登場。【配信終了:6月30日(火)】動画はこちらスタジオではソーシャルディスタンスをとり、2人の間にアクリル板を設置。さだに「オリンピックどうするの? 出るの?」と聞かれた鶴瓶は、聖火リレーに参加することを明かします。逆に鶴瓶が「オリンピック何か言われてるやろ?」と振ると、「走り幅跳びかな?」と涼しい顔でボケるさだ。スタジオは爆笑に。40年来の付き合いがあるさだと鶴瓶。20代半ばで初対面した2人ですが、元々さだのファンだった鶴瓶が、メモに「ファンなんです」と書いてさだに渡したことから付き合いがスタートしたそう。そして、そのメモを見たさだが、鶴瓶がDJをしていたラジオ番組に乱入。鶴瓶は「(メモを)出したことが、40何年つらい目に遭うことになるとは...(笑)」と当時を振り返ります。28歳の時、「長江の最初の1滴を見たい」という思いから、ドキュメンタリー映画「長江」の製作に乗り出したさだですが、撮影が難航し、35億の借金を背負うことになってしまったそう。「借金っていうのはしんどいよねぇ」と話すさだですが、鶴瓶は「(さだは)辛いことがあると余計に奮起する」と分析します。そんなさだの気になるチマタは、フォークデュ...more
カテゴリー:

【俳優】山下真司「銀行でお金降ろしたことない」独特なお小遣い制に鶴瓶驚き「壺にお金入ってんの?」 - 07月01日(水)20:33  mnewsplus

2020年07月01日 17:05芸能 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/01/kiji/20200701s00041000249000c.html  俳優の山下真司(68)が6月30日深夜放送のテレビ東京「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。アナログな私生活について語り、MCの笑福亭鶴瓶(68)を驚かせる場面があった。  山下はコンビニもほとんど利用せず、電車も年に1、2回しか乗らないそうで「どうやってチケット買っていいか分からなくて、ウロウロしちゃって」と話すと、鶴瓶から「殿さまか?」とツッコまれる。  「PASMOとかICOCA持って...
»続きを読む
カテゴリー:

外出自粛で意外なものにハマった千原ジュニア。今があるのは名医Tのおかげだった! :チマタの噺 - 06月17日(水)21:07 

街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。6月16日(火)は、芸人・千原ジュニアがリモートで登場。【配信終了:6月23日(火)】動画はこちら自粛期間中は兄の千原せいじとも会っていないというジュニア。鶴瓶は俳優のムロツヨシとリモート飲み会をしたり、ジュニアはくっきー!(野性爆弾)や吉村崇(平成ノブシコブシ)と生配信をしたり、それぞれお家時間を楽しんでいる様子。また、家で紙ねんどをこねていろいろなもの作っているそうで、それがこちら。ほかにも続々と作品が登場し、そのクオリティの高さに釣瓶も感嘆。また、吉本芸人との交流についてもこの期間ならではのエピソードが。「こんなときだからこそのミラクルもあって。生配信で、吉本のトップ・桂文枝師匠に電話してみようということになったんです。地上波やったらいろんな大人を挟んで無理になることが多いけど、一つ返事でOKもらえて。そんなら西川きよし師匠もいけるんちゃうかってオファーしたら、奥さんの西川ヘレンさんまで出てくれはったんです(笑)」と、吉本の結束力を語ります。ジュニアの気になるチマタは、同期芸人「あんどう鰐」。同期の中ではいちばん仲が良かったそうですが...。「若手時代に"どうしてもテレビに出たい!"ってプロ野球の試合に乱入して、セカンドベースあた...more
カテゴリー: