チマタの噺

2019年3月12日(火)放送 テレビ東京   火   0:12-1:00

「チマタの噺」の動画

関連ニュース

使う写真は自分で用意! 週刊誌と直接交渉する女優・満島ひかり - 07月18日(木)09:34 

【配信終了日:7月23日(火)】動画はこちら街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。7月16日(火)の放送は、ゲストに満島ひかりが登場。この収録の前日まで、地元・沖縄に滞在し、ドラマの撮影をしていたという満島。共演者も全員沖縄出身の俳優だったため、現地では慣れ親しんだ方言を使って喋ることができ、とてもラクだったと話します。沖縄市のコザで生まれ育った満島ですが、実は家系のルーツが沖縄にあるわけではないとのこと。奄美大島出身のおばあさんが沖縄まで家出をし、そこで出会った米兵と結婚して生まれたのが満島のお父さん。さらに、そのお父さんと結婚したお母さんも鹿児島の人なので、満島は自分のことを「エセ沖縄人(笑)」と呼びます。満島は、「息子さん(駿河太郎)と夫婦の役やりました」と思い出したように鶴瓶に報告。子どもがいる友人が多くなってきたという満島は、友人の子どもたちと仲良くするのが得意だといいます。最近も、友人数名とその子どもたちと一緒に奄美大島・加計呂麻島へ遊びに行ったそう。鶴瓶も好きだという加計呂麻島は、『男はつらいよ』シリーズ最後の作品の舞台になっており、寅さんの話で盛り上がります。満島は現在事務所に所属せずフリーで活動しているため、去年も自分でたくさんの税金を支払ったよう。10歳...more
カテゴリー:

満島ひかり、事務所を退所した理由を告白 現在は週刊誌記者にも自分で対応「悪い人でもない」 - 07月17日(水)12:10 

満島ひかりが、16日深夜に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演。MCの笑福亭鶴瓶と共に赤裸々トークを展開した。 2018年3月に事務所を退所し、フリーの女優になった満島...
カテゴリー:

NYにも展開。新代田で出会ったグリーンカレーとラーメンの店「BASSANOVA」 - 07月15日(月)20:06 

(デート編はこちら)新代田FEVERができて以来、音楽の街として今盛り上がりつつある新代田。そんな新代田駅から、徒歩で2分ほど。環七通りを挟んで反対側に鮮やかなオレンジ色の外壁が見える。一見何屋なのか分からないそのお店は、この界隈では知らない者はいないラーメン屋「BASSANOVA(バサノバ)」。 元々、原宿にて豚骨ラーメン屋「筑豊らーめん ばさらか」というお店をやっていた店主が、2号店として新代田にオープンして今年で15年目。ばさらかとは福岡弁で「ものすごく」「とても」という意味。それが、新代田でリニューアルするにあたって、新しいという意味のヌーボーを加え「BASSANOVA」が生まれたのだそう。FEVERなどができるずっと前から、"新代田といえば"なラーメン屋として営業してきた同店。この場所を選んだ理由を聞いてみると、「環七通り沿いはラーメン屋が数多くあることで有名で、環七っていうのは1つポイントです。後は、僕は元々ロカビリーなどが好きで、若い頃ずっと遊んでいた下北沢が近いというのもあります。下北自体は家賃が高いので(笑)」 ▲豚濁和出汁ソバ 850円そんな新代田の有名店である「バサノバ」のスタンダードは「豚濁和出汁ソバ」。元々豚骨ラーメン屋というだけあって、しっかりとしたコシのある麺に魚介系の香り引き立つ濃厚なとんこつ味の逸品だ。これは確かに美味しい。しかし、有名人なども足...more
カテゴリー:

対人恐怖症だった過去も...。大東駿介「複雑な家庭環境だったから家族と離れて生活していた」 - 07月11日(木)11:34 

【配信終了日:7月16日(火)】動画はこちら街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。7月9日(火)の放送は、ゲストに大東駿介が登場。鶴瓶に家族のことを聞かれた大東は「複雑な家庭環境だったから、早い段階で家族と離れて生活していた」と話します。中学生の頃から1人暮らしをしていた大東は「大変やった時期とかも、ちょっとオモロイと思っていた」と、自分の境遇を武器に仕事ができる芸能界にずっと憧れていたそう。しかし、極度の人見知りから対人恐怖症になってしまった大東。夢を叶えるために上京すると、当時"一番怖い職業"だと思っていた原宿のおしゃれなカフェでアルバイトを始めます。陽気なオーストラリア人店長のおかげで対人恐怖症を克服した大東は、オーディションで素の自分をさらけ出し事務所に入ることができたと話します。大東は、大好きだったおばあちゃんの話を始めます。戦争ものや時代劇の仕事をする度に、もっとおばあちゃんからいろんなことを学べばよかったと思うそう。終戦から時間が経つにつれて制作が難しくなっている戦争作品。鶴瓶にもオファーがよくくるジャンルですが、英語を喋る役がきたときは、翻訳をやっている友人に教えてもらったと話します。「まだ妻に恋をしている」と話す67歳の男性へのインタビューを見た鶴瓶は、「...more
カテゴリー:

片桐仁がペッパーくんを邪悪にアレンジ!「人の悪口を溜め込むような(笑)」 - 07月03日(水)19:25 

【配信終了日:7月9日(火)】動画はこちら街の人への何気ないインタビュー映像をきっかけに、笑福亭鶴瓶とゲストがよもやま話を展開するトークバラエティ「チマタの噺」(毎週火曜深夜0時12分~)。7月2日(火)の放送は、ゲストに片桐仁が登場。即興ドラマで15分間何もできず奥さんに怒られたお笑い芸人、俳優、さらには芸術家としての一面も持つ、謎の男・片桐。即興ドラマを演じる番組『鶴瓶のスジナシ!』に片桐が出演したとき、演技も何もせず15分を過ごしたそう。鶴瓶は楽しんだそうですが、楽屋では見に来ていた奥さんに「何かしないと始まらないでしょ!」と怒られてしまったといいます。また、片桐と鶴瓶がドラマで共演したマギーにも「何を怖がっているんだ!」と、指摘されたことも。いろんなことに挑戦している印象がある片桐ですが、実はビビリな性格なようです。若い頃にレディースの総長だった女性へのインタビューを見た2人。女性の「ヤンキーになるか、パシられるか」という言葉から、学生時代の自分たちはどちらだったかという話題に。パシられたりお金をせびられたりすることはなく、「昔から今のような感じだった」と話す鶴瓶。一方、片桐はしょっちゅうヤンキーの標的だったそう。また、ヤンキー同士の決闘にも巻き込まれたことがあるといい、相手チームにいる自分と同じような状況の「ヤンキーじゃないのに駆り出された兵隊」と殴り合うふりをしていた経...more
カテゴリー:

【女優】満島ひかり激白、フリーになったワケ「周りの人たちに火を噴いちゃう」 - 07月17日(水)19:20  mnewsplus

 女優の満島ひかり(33)が16日深夜放送のテレビ東京「チマタの噺」(火曜深夜0・12)に出演。18年に所属事務所から独立した経緯について語った。  「一人でやっているんです」と、事務所に所属せずフリーで活動していることをあらためて伝えた満島。「10歳から芸能の仕事をしていて、自分でできること、まだまだと思うことが増えてきて、こだわりが強くなってきちゃて、周りの人たちに火を噴いちゃうじゃないですか。それが気になり出していた」と、経験を重ねていくなかでの自身の変化について触れ「一回全部やめてみて、何が身の...
»続きを読む
カテゴリー:

満島ひかり「私もいい人探さないと」 - 07月17日(水)07:57 

女優の満島ひかり(33歳)が、7月16日に放送されたトーク番組「チマタの噺」(テレビ東京系)に出演。結婚の話題となり、「私もいい人探さないと。通りすがりにぶつかりたいもんです」と語った。
カテゴリー:

ムロツヨシ「『勇者ヨシヒコ』は『こんなの誰が見るんだ?』と思ってました(笑)」 - 07月11日(木)20:59 

7月12日(金)スタートのドラマ24「Iターン」(毎週金曜 深夜0時12分放送)は、ムロツヨシ、古田新太のW主演で、福澤徹三の同名小説を映像化。45歳のサラリーマンが左遷同然の異動による単身赴任先で、会社員とヤクザの二重生活を送ることに。二人のヤクザに翻弄されながらも"I(自分)"を取り戻す姿をコミカルに描く。次々にピンチに巻き込まれる主人公・狛江光雄を演じるムロツヨシさんをインタビュー。ドラマの見どころや、共演の古田新太さん、田中圭さんについて、そして誰よりも"ドラマ24"に出演経験があるからこそ感じる同枠の魅力と、知られざる事情(?)をうかがった。伊丹十三作品のように......やりすぎが世界観にハマる――今回演じる狛江は会社員とヤクザの二重生活という地獄のような日々を送ることになります。最初にオファーを受けた時の感想は?「まず最初に原作を読みました。哀れだけど、なぜか憎めない主人公のお話。いろんなことに振り回されている狛江の姿は自分と重なるところもあったりして。痛快で楽しくて、とても読みやすい小説だと思いました。加えて、内田(英治)監督の過去の作品を拝見して、この方が撮ったらどんな風になるんだろうという興味もありました」――狛江を演じる際に、内田監督からリクエストされたことはありますか?「『見ている方たちが思う"ムロさんっぽく"やってほしい』と言われました。その後の舵取りは内...more
カテゴリー:

大東駿介、コンタクトレンズのせいで対人恐怖症に「人ってこんな顔で俺のこと見てんねや」 - 07月10日(水)11:23 

大東駿介が、7月9日に放送された『チマタの噺』(テレビ東京系、毎週火曜24:12~)に出演。壮絶な生い立ちと自身のターニングポイントを明かした。中学生の頃から両親と暮らしていなかったという大東。芸能界に入って俳優になる夢があったため「どんな経験も財産になる」と、大変だった時期も面白さを感じていたという。しかし、10代の頃から人見知りが激しく、決まった友だちとしか遊べなかったと回顧。気を許した相手以外は目も合わせられず、目が合うと手汗でビショビショに。初めてコンタクトレンズをつけた時には「人ってこんな顔で俺のこと見てんねや」と思い、対人恐怖症になってしまったと述べた。それでも夢があったため、18歳の時に上京。「一番怖い人種は何やろな?」といろいろ考えた結果、若い女性がよく集う原宿のオシャレなカフェでアルバイトをすることにした。そこには、関西弁を操る陽気なオーストラリア人の店長がおり、その人物に“会話”を教えてもらったと振り返った。彼からは「人と話すときに“話そう”と思うな」とアドバイスをもらったそうで、人の話をじっくり聞き、興味を持つことが大切だと言われたのだとか。それからコミュニケーションが楽しくなり、芸能界のオーディションを受けたとのこと。その会場でも「回路が壊れてるんで、僕だけピースして会場に入った」と言い、見事に合格したことを話した。ほか、7月11日から上演される舞台『美しく...more
カテゴリー:

鶴瓶、増え続ける友達“これをやられたらNG”とは「そんなにいない」 - 07月03日(水)12:06 

落語家の笑福亭鶴瓶が、2日に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『チマタの噺』(毎週火曜24:12~24:45)で、交友関係のルールについて語った。
カテゴリー:

もっと見る