メレンゲの気持ち

2019年10月26日(土)放送 日本テレビ   土   12:00-13:30

「メレンゲの気持ち」の動画

関連ニュース

【芸能】中野美奈子 フジ時代の“階段トーク” 笠井信輔「僕が独身だったら結婚してた」 - 12月09日(月)20:17  mnewsplus

フリーアナウンサーの中野美奈子(39)が7日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。フジテレビ時代の感謝している人として、今年9月いっぱいで同局を退社し現在はフリーの笠井信輔(56)を挙げた。 この日、番組にゲスト出演した中野。感謝している人として、フジテレビの情報番組「とくダネ」(月~金曜前8・00)で共演していた笠井を挙げ、「新しい番組で悩んでいた時に毎日、笠井さんとアナウンス室までスタジオから階段で登って、10階くらい上がっていた。その道中で悩みを聞いてくださっていた」と明かした。...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】尼神・誠子、ダイエット成功で婚活に自信「誠子もできる」 - 11月30日(土)13:38  mnewsplus

11月23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、尼神インターの誠子(30)が出演。 1年間で10キロものダイエットに成功した原動力について告白する場面があった。 この日は、尼神インターの誠子と渚(35)がゲストとして登場し、ブレイクしたきっかけや行きつけの飲食店などについてトークを展開。 その中で、お笑いタレントのいとうあさこ(49)が「ホントにやせた」と誠子の激ヤセぶりを指摘すると、ぽっちゃりしていた当時の宣材写真がスタジオで紹介された。 現在の姿とのあまりの違いに、誠子は「1年...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】尼神インター誠子、1年で体重10キロ減の理由は「婚活」 - 11月26日(火)21:23  mnewsplus

尼神インターが、11月23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で「死ぬほどツラかったロケ」を語った。 尼神インターの誠子は「死ぬほどツラかったロケ」を聞かれ、「ある村で行われている、焚き火の中を御輿を担いで歩くロケ」とコメント。それは『ぐるぐるナインティナイン』(同局系)で、当時の映像も公開され、身長以上の高さの火の中に突入。 専門家の指導のもと、体に水をかけ、体は白装束で、顔は「目出し帽」のまま炎に突入。まつ毛などには油を塗っていて燃えなかったという。相方の渚は「注意事項で『息するな...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸人】尼神・渚、“タメ口”原因で番組出演NGの過去 「偉い人が『こいつ偉そうやな』って」 - 11月26日(火)12:58  mnewsplus

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/11/26/kiji/20191126s00041000122000c.html 2019年11月26日 09:37  お笑いコンビ「尼神インター」の渚(35)が23日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演。自身の“タメ口”が引き起こした失敗について明かした。  お笑い界の先輩たちにもタメ口につっこんでいくという渚。「ダウンタウン」の浜田雅功(56)をド突いたり、「爆笑問題」の太田光(54)には飛び蹴りしたこともあったが、それでも「ちゃんと理由があって。向こうがけんかを売るから買ったという...
»続きを読む
カテゴリー:

MAX・LINA、絶頂期のメンバー脱退の真相を告白「なぜ相談してくれなかったの?」 - 11月22日(金)10:40 

MAXのLINAが、11月21日に放送された『じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜』(テレビ東京系、毎週木曜24:12~)に出演。メンバー脱退の真相を明かした。1995年に結成し「TORA TORA TORA」や「Give me a Shake」など、ヒット曲を連発したMAX。『NHK紅白歌合戦』にも出場し、これからという時に、メインボーカルのMINAが脱退する騒動が起きた。今回はメンバーを代表してLINAが、当時の真相や思いを語ることになった。クリスマス・イブに会社から急に連絡があり、呼び出されたメンバー。「何かやらかした?」「何だろうね」と話をしつつ、集合場所まで行くと、その場にはMINAがおり、会社のスタッフから「(MINAが)妊娠して結婚することになった」と報告を受けたという。LINAらは、当時20代前半だったこともあり、どう対処していいか分からず、メンバー内、会社内で揉めてしまったという。子供ができるということは、ライブはできないし、入っていた仕事もキャンセルしなければならない。何より「何かあったら、まずはメンバーで話しあっていこう」と決めていたにも関わらず、スタッフからの妊娠報告に残念がった。「仲が良すぎて言い出せなかった」というMINAの気持ちも考えず「なぜ相談してくれなかったの?」と主張をぶつけるばかり。その後、笑顔で会見を開いたものの、じつは泥沼の脱退劇だ...more
カテゴリー:

【テレビ】中野美奈子、局アナ時代を回顧!同期・中村仁美とは「正直仲良くなかった」 - 12月08日(日)06:37  mnewsplus

中野美奈子、局アナ時代を回顧!同期・中村仁美とは「正直仲良くなかった」 2019年12月7日(土) 14時32分 RBB TODAY https://www.rbbtoday.com/article/2019/12/07/175344.html 中野美奈子 (c)Getty Images  元フジテレビアナウンサーの中野美奈子が、7日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演。局アナ時代を振り返った。  一児の母である中野。仲の良い「ママ友」として名前を挙げたのが、1年先輩で二児の母である高島彩。ラインで写真を送り合ったり、番組で一緒になると子育てトークになると語った。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】関西の番組出演NGも!尼神インター・渚の“タメ口芸”に非難が殺到した理由 - 11月27日(水)19:50  mnewsplus

お笑いコンビ・尼神インターの渚が11月23日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)に出演し、十八番の“タメ口芸”で出演NGとなった番組があることを告白している。 過去には大先輩であるダウンタウンの浜田雅功や爆笑問題の太田光らにも「なんやねん!」などとタメ口で食ってかかり、引っ叩くといった暴挙にも及んできた渚だが、それらには“流れ上”の理由があり、「向こうが喧嘩を売る(イジりをしてきた)から買ったというだけで、(本人たちから)怒られたことはない」とコメント。また、大御所芸能人だけでなく、街ロケで一般の...
»続きを読む
カテゴリー:

尾上松也、20歳で直面した歌舞伎俳優として危機…そのとき“支え”になったこと - 11月26日(火)19:28 

©テレビ朝日1990年、5歳のときに歌舞伎俳優である父・尾上松助(六代目)さんの襲名披露に併せ、歌舞伎座で初舞台を踏んで以降、歌舞伎俳優・二代目尾上松也として数々の舞台に出演。次世代の歌舞伎界を担う花形俳優が顔を揃(そろ)える「新春浅草歌舞伎」では2015年からリーダー的な立場をつとめるようになり、間もなく6年目を迎える尾上松也さん。自ら主宰する歌舞伎自主公演『挑む』も2009年から年1回のペースで主催。近年は歌舞伎俳優としてだけでなく、ミュージカル、声優、バラエティー番組、テレビ、映画など幅広い分野で活躍。12月には新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』(新橋演舞場)、2020年1月には『新春浅草歌舞伎』、主演ドラマ『課長バカ一代』の放送・配信も始まる尾上松也さんにインタビュー。©テレビ朝日◆父の襲名披露でいきなり歌舞伎の舞台へ六代目尾上松助さんと元新派女優・河合盛恵さんの長男として生まれた松也さん。1990年5月、5歳のときに初舞台を踏むが、それは突然のことだったという。「父の襲名記者会見の前日に、当時の松竹の永山(武臣)会長のところにごあいさつに伺った際に、『息子はいくつになったんだい?』って聞かれまして『5歳になりました』とお答えしましたら、『(舞台に)出してはどうだい?』ということに急になりまして。翌日出席するはずではなかった襲名記者会見に突如出席することになったみたいです。です...more
カテゴリー:

「ノーサイド・ゲームの浜畑」今は本名で呼ばれます ラグビー廣瀬俊朗氏の赤裸々トーク - 11月24日(日)18:52 

元ラグビー日本代表主将で、TBS系ドラマ「ノーサイド・ゲーム」では俳優として活躍した廣瀬俊朗氏が、2019年11月23日に放送された日本テレビ系バラエティー「メレンゲの気持ち」で、知られざる私生活をオープンにした。
カテゴリー:

マツコ、アーティストと“ガンプラ”コラボ!臆せず注文を付ける姿に「感性が豊か」の声 - 11月22日(金)10:34 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:15~ ※一部地域を除く)。11月21日の放送では、ジオラマ店へと向かった。以前、模型店でガンプラ(アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのプラモデル)を購入し、ついには富野由悠季監督にまで会いに行ったマツコ。今回は、ジオラマ専門店「さかつうギャラリー」を訪問することになった。事前に完成させたプラモデルを見せつつ、店主に今回の経緯を説明。「せっかくだから『ジェット・ストリーム・アタック』やっちゃえって話になって」と言い、ガンダムとトリプルドムの計4体を使って作品作りをしてもらうことになった。手がけるのは、ジオラマアーティストの瀬川たかしさん。今回マツコは、3体のドムとガンダムが対峙した際に、女性軍人・マチルダが殉職したシーンを再現したいと提案した。ジオラマでもあまり見かけない場面でもあることから、ガンプラの世界大会「ガンダム ビルダーズ ワールドカップ」を視野に入れ、製作してもらうことになった。細かい作業を進めること1か月半で、いよいよ完成。肝心のマチルダは既存のフィギュアをベースとしてポーズを変え、塗装もし直した。フィギュアが若干大き目なのだが、これは作品をスマホで撮影する際、遠近法としてマチルダの後ろに戦うガンダムが映るように計算...more
カテゴリー:

もっと見る