昼めし旅

2019年3月4日(月)放送 テレビ東京   火,木,金   11:40-13:35

関連ニュース

極上スープしたたるステーキで”菌活”! キノコ愛があふれすぎてるお店「マッシュルームトーキョー」に行ってみた - 09月18日(水)19:14 

原宿のレストラン「マッシュルームトーキョー」は、メニューのすべてに産地直送の新鮮なマッシュルームを使用。ヘルシー志向の人たちから人気を集め、繊維たっぷりのキノコを食べる「菌活」の場としても話題を呼んでいます。口いっぱいに広がるマッシュルームの香りにビックリ!▲見た目も華やかな、マッシュルームスライスのサラダ。左がホワイト、右がブラウン。マッシュルームがメインの料理というと、ちょっと想像がつきませんよね。「そんなにメニューのレパートリーがあるの?」と首をかしげそうなものですが、店に入ってメニューをみたら、見事なまでに「マッシュルーム」の文字だらけでした。いや、当たり前のことなのですが、これはちょっと圧巻ですね。まずは、前菜としてサラダからスタートしました。多くの方が頼むという「ひらひらマッシュルームのサラダ」は、スライスしたマッシュルームが山盛りです! 生のまま薄くスライスしたマッシュルームは、今までに体験したことのない、豊かなマッシュルームの香り。シングルとダブルがあり、ダブルにするとホワイトとブラウン、2種類のマッシュルームの食べ比べができます。サクサクとした歯ごたえも楽しく、いくらでも食べられますよ。火を通さないと食べられないとされるキノコの中でも、生で食べられるキノコとして知られるようになってきたマッシュルーム。もちろん、とれたての新鮮なものであればあるほど、香りも歯ごたえも...more
カテゴリー:

まるでフルーツ? 新潟のブランド野菜”深雪なす”の豚モツ炒め:昼めし旅~あなたのご飯見せてください - 09月10日(火)11:16 

ニッポンの「リアルなご飯」にスポットをあて、「あなたのご飯見せて下さい」を合言葉にリポーターが旅を敢行する「昼めし旅」(毎週月~金曜 昼11時40分)。その土地ならではのお昼ご飯や人気店、魅力的なご飯を紹介します。8月28日(水)の放送は、新潟県魚沼市で昼めし旅。日本有数の米どころとして知られ、これから実りの時期を迎える名産のコシヒカリは28年連続で最高評価特Aランクに認定される極上の味。そんな魚沼市でご飯調査するのは、タレントの上原りささんです。甘さが引き立つなすと豚モツ炒めなすの畑で作業していた農家の坂本淳さんと星野愉さんに出会いました。2人が育てているのは魚沼のブランド野菜「深雪なす」。もぎたての深雪なすをご厚意でいただくことに。「甘い! えぐみが全然ないですね」と驚く上原さん。深雪なすは一般的ななすより果肉がギュッと詰まっており、みずみずしくフルーツのように甘いのが特徴。絞るとぼたぼたと汁がこぼれるほどジューシー! 魚沼の一部地域でしか生産されていないとても貴重な野菜で、"幻のなす"と言われ、関東に出荷される際には、ひと箱1万円以上で売られることもあるそう。おいしいなすをいただいたところで、坂本さんに例のお願いを......。「あなたのご飯、見せてくださ~い」無事、交渉成立! 畑の近くにあるご自宅へ。この日は家族ぐるみで仲良くしているお友達家族も加わり、バーベキュースタイル...more
カテゴリー:

ももクロ・高城れに、芸人・永野の“意外な長所”を発見!そのおかげで、営業先では「めっちゃ好かれる」 - 09月13日(金)19:16 

アイドルグループ・ももいろクローバーZの冠番組『ももクロChan』。テレ朝動画で公開中の『ももクロChan』DX版の最新エピソードでは、高城れにと芸人・永野がツーマンコントライブ『永野と高城。』の“ネタ合わせ”に密着します。©ももクロChan2017年から始まったエキセントリックコミックショー『永野と高城。』。過去2回の開催では満員御礼の大盛況、その第3弾が10月24日(木)〜26日(土)に開催されます。そこで高城は、ネタ合わせをすべく「大事な話があるから、麻布十番に来てくれない」と電話で帰宅途中の永野を呼び出すことに。永野が到着し、ネタ合わせをすると思いきや…高城の提案で、ネタ作り前の“決起集会”を行うべく、2人でご飯を食べに麻布十番に繰り出します。©ももクロChan麻布十番商店街の名店では、チーズタッカルビを堪能。高城&永野は、ネタ作りのことを忘れて絶品韓国料理を食べまくり!絶品韓国料理を味わった高城は「マシッソヨ!」と韓国語で美味しいと感想を述べると、その韓国語を知らなかったのか、はたまたボケなのか、永野は「マシッソヨ? 何それ、“ゆきぽよ”みたいなこと?」と困惑します。また、永野は『前略、ももの上より 明日元気になる旅』(CSテレ朝チャンネル1・2018年3月31日放送)での山形ロケでみせた食リポより「成長してない?」と切り出し、「他局だけど、昼めし旅とか出てるのよ。視聴者...more
カテゴリー:

日本を知る、地域を考える@滋賀県大津市<前編>:大津とジュネーブは似ていた...京都から電車で9分! 滋賀県大津市の”まちづくり”そして”まちもどし”の定義 - 09月07日(土)15:17 

▲びわ湖を巡るミシガンクルーズ大津京遷都から1350年の歴史を持ち、世界的観光都市である京都から電車でわずか9分の場所に位置する滋賀県の県庁所在地・大津。びわ湖と市街地が隣接し、最澄によって創建された天台宗総本山の比叡山延暦寺、紫式部が源氏物語を起筆したといわれる石山寺、明智光秀の菩提寺である西教寺、国宝や重要文化財などが数多く残る三井寺など、歴史上の錚々たる人物に愛された歴史のまちだ。▲2020年に放送される大河ドラマの主人公となる明智光秀が眠る「西教寺」自然豊かな大津には、びわ湖でのウォータースポーツをはじめ、多彩なアクティビティが満載。"美肌の湯"として親しまれる「おごと温泉」は、1200年の歴史を持つと言われる湯治の郷。びわ湖を望む露天風呂は温泉マニアの間でも絶大な支持を得ている。そんな水の都・大津が、大きく変わろうとしている。2020年秋に控えた「ジュネーブ構想」、また、それとは対極にある「宿場町構想」...。大津のまちでは今、進化と再生を混在させた"まちづくり"そして"まちもどし"が行われている。京都へのアクセスの良さも魅力の一つであり、2012年から外国人観光客が約5.4倍に急増。そんな大津で今、何が行われようとしているのか...。2012年から大津市長を務める越直美氏に、その構想を聞いた。車道を歩道へ、斬新に駅前をリゾート化大津市では、「世界に一つしかないまち、世界...more
カテゴリー: