ガイアの夜明け

2019年3月5日(火)放送 テレビ東京   火   22:00-22:54

「ガイアの夜明け」の動画

関連ニュース

【地震・新潟震度6強】あのテレ東がガイアの夜明け打ち切って特番「地震です!津波来る!避難して!」 - 06月18日(火)22:59  mnewsplus

https://twitter.com/poez/status/1140979043065446401 https://twitter.com/tokusya002/status/1140980497528451072 https://twitter.com/b777300erhnd/status/1140979425564999687 NHK 「地震です!津波来る!避難して!」 日テレ「地震です!津波来る!避難して!」 テレ朝「地震です!津波来る!避難して!」 TBS「地震です!津波来る!避難して!」 フジテレビ「地震です!津波来る!避難して!」 テレ東「「「地震です!津波来る!避難して!」」」 本当の緊急事態です。 (deleted an unsolicited ad) ...
»続きを読む
カテゴリー:

【 我慢知らずの食卓で心豊かに、食卓に笑顔が生まれる新常識 】 一般社団法人フードマスターズカレッジ発!TABEYASEマイスターオンライン講座5期募集スタート!! - 06月14日(金)15:00 

食べ方を変えれば、ミライハツクレル。”手間なし、我慢なし、制限なし” の食事で、健やかなカラダづくりをしたい方に向けて一般社団法人Food Masters College代表 星野 春香は、令和元年7月吉日より、一生活かせる実践的な栄養学と食卓作りが6ヶ月間、自宅で学べるTABEYASEマイスターオンライン講座5期を、令和元年6月17日より一般募集スタートします!【 TABEYASEから始まる令和時代の食べ方改革 】我慢、辛い、リバウンドのイメージが強いダイエットですが、TABEYASEは、痩せることを目的としていません。高齢者の低栄養食事、20~50代の痩せ型も問題となっています。カラダを変えるのも、食事を変えるのも、全ては個人の習慣を変えることから。1人1人がTABEYASE習慣を身につければ、手間なし、我慢なし、制限なしの食事が実現します。家族や大切な人と共に、食卓を通して心豊かになり、食卓に笑顔が生まれるのが、TABEYASEの考え方です。【 一般社団法人Food Masters Collegeのビジョン 】「食」で、笑顔になれる人を増やし、自分の周りから日本を元気する人を輩出します!「食」で、新たな価値を生み出し続けます!「食」で、心身共に健やかで豊かな人を、2020年までに10000人増やします!【 5期生 ”限定” 特典 】今回は、令和元年特別企画 として、すぐに日常...more
カテゴリー:

テレビ東京系列「日経スペシャル ガイアの夜明け.. - 06月12日(水)13:27 

テレビ東京系列「日経スペシャル ガイアの夜明け」に #くら寿司 が登場! くら寿司が「食品ロス」解消に向けて出した答えは…!? 6月18日(火)夜10時~放送します!お楽しみに!
カテゴリー:

「巨大自動車船」で突如鳴り響く非常アラーム! 取材中にいったい何が起きたのか... - 06月08日(土)12:07 

6月9日(日)夜7時54分放送の「日曜ビッグバラエティ」では、昨年10月放送で反響を呼んだ「巨大コンテナ船に乗せてもらいました!」の第2弾となる「日本→米国20000km"巨大自動車船に乗せてもらいました"」をお届け。日本から北米まで、35日間かけて航海する自動車専用船にテレビが初密着する。そこで「テレ東プラス」では知られざる巨大船の内部など、番組の一部を先取りでご紹介していく。今回同行し、密着させていただくのは、昨年デビューしたばかりの最新鋭巨大貨物船。その名はベルーガエース号。全長は199メートル、高さは49メートル。船の中は1フロア4000平方メートル(テニスコート15面分)のスペースがあり、船内には、このような積荷スペースが14層も。この積荷スペースに入るのは、日本が世界に誇る最新最高技術の結晶、自動車だ。ベルーガエース号は「自動車船」で、最大積載台数は普通乗用車であれば約5,700台、小型乗用車だと約6,800台。その数はとてつもない!船は広島県、山口県で車を積み込み、太平洋を横断。中米・メキシコで一部を降ろした後、パナマ運河を通行し、カリブ海経由で大西洋を北上。アメリカ・ボルチモアまで、延べ35日、航海距離約20,000kmの壮大な航海となる。巨大船の陣頭指揮にあたるのは、この道28年の"海の男"こと松本茂船長。番組は、船長をはじめ、総勢24名の男たちに同行。日本のテレ...more
カテゴリー:

世界に発信! 外国人記者が見たニッポン:二代目 和風総本家 - 05月29日(水)13:09 

※5月30日(木)の放送は、「全仏オープンテニス2019」中継のため、放送日が変更となる可能性がございます。鈴木福を迎えてリニューアルした「二代目 和風総本家」(毎週木曜 夜9時)。コンセプトは「日本の良さを未来へ」。子どもたちやその親世代にも日本の良さをどんどん発信していく!5月30日(木)は、「二代目 和風総本家 世界に発信!外国人記者が見たニッポン」をお届け! 日本には国内でもあまり知られていない魅力ある職人のいる町がまだまだ多く存在します。そんな町を日本で働く外国人の記者達が取材する様子に密着!彼らは一体どんな町で何を取材し、それをどう記事にするのか? 外国人記者の目線で日本の魅力を再発見する新企画!今回はアメリカとインドの記者が茨城県大子町を取材。大子町は人口2万人に満たない小さな町だが、日本三名瀑の一つ「袋田の滝」があるなど自然豊かな町で、温泉もあり、りんごや軍鶏などの特産品もあります。そんな大子町で記者が取材に訪れたのは「漆掻き職人」。実は日本で岩手県についで茨城県は漆の産出量2位、そのほとんどを大子町で産出しています。記者達は、漆の木を管理しながら漆を採取するこの道66年の職人さんを取材。その苦労や伝統を守り続ける思いなどに迫ります。さらにその漆の魅力にひかれ、漆器を作る漆塗り職人さんの元へも取材に...続いて記者が取材に訪れたのは「硯(すずり)職人」。大子町は水戸...more
カテゴリー:

「くら寿司」新ハンバーガーに秘めた戦略:ガイアの夜明け - 06月18日(火)10:51 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。6月18日(火)の放送では、深刻な「食品ロス」問題に取り組む企業を取材。そこに新たなビジネスチャンスを見出す人々の姿を追った。年間640万トンが「食べられるのに捨てられる」日本では、実に年間約2800万トンの食品が捨てられている。そのうち約640万トンが、まだ食べられる状態にもかかわらず廃棄処分となっているのだ。業界2位の回転寿司チェーン「くら寿司」でも、食べられるのに捨てている部位が、年間600トン発生するという。以前は魚の中骨に付いている身は肥料にしていた。そこで、骨肉分離機を導入し、身だけそぎ落としてすり身の状態にできるように。これをパテにして作った新商品が「KURA BURGER フィッシュ」(280円税別)だ。テリヤキソースで味付けし、生魚を食べられない客でも楽しめるという。寿司店がハンバーガーを開発するという異色の挑戦だが、その裏には「日本の漁業全体も衰退している。未利用、低利用の魚を生かすことが回転寿司に必須になってくる」(製造本部長 久宗裕行さん)という、くら寿司の危機感があった。捨てられる魚を有効活用する取り組みは、加工現場だけではない。くら寿司では、水揚げ時、網にかかった魚はすべて漁師から買い上げる。その際、商品として使えない魚がどう...more
カテゴリー:

2人合わせて164歳! 洋食にかける男達の飽くなき挑戦:カンブリア宮殿 - 06月13日(木)10:36 

6月13日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。今回のテーマは、オムレツライスやハンバーグ、ロールキャベツなど手間暇かけた極上の洋食で大人気の「グリル満天星」。フレンチの達人と元ホテルマンの、飽くなき挑戦の歴史を取材した。手間暇かけて、極上の洋食を!都内に8店舗を展開する「グリル満点星」。丸ビル内にある店では、客の約半数がオムレツライスを注文するという。人気の理由は、手間を惜しまない調理にある。8種類もの具材を混ぜ、2日間掛けて仕込む西洋風炊き込みご飯をフワフワの卵で包み、そこに1週間かけて作る自家製デミグラソースを合わせる、といった具合。他にも食材選びや、日本人の舌に合う、きめ細やかな調理も行う。さらに羽田空港の国際線ターミナルにある店では、外国人も好むメニュー開発にも取り組むなど、常に新たな試みを展開し続けている。78歳の社長・三宅と、86歳の総料理長窪田の、老いてもなお果敢に攻め続ける気概に迫る。フレンチの達人と元ホテルマン三宅の最強タッグ社長の三宅尚典は幼少の頃、母親が作る料理が大好きだったという。家業はそんな母が料理を作る給食ビジネス。三宅は慶応大学卒業後、家業を継がずパレスホテルに就職。そこで、本格フレンチに出会い、「いつか自分の洋食店を持ちたい」と思うように。一方、総料理長の窪田は中学卒業後、毎日新聞社に入社。食堂で給食作りに励む。その後、宮内庁御用達の丸の内会館...more
カテゴリー:

エコノミーなのに夫婦で寝られる?ANAハワイ新戦略:ガイアの夜明け - 06月11日(火)10:55 

現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。6月11日(火)は、「ANAハワイ進撃!~シリーズ『激烈!航空戦争』後編~」を放送する。6月4日(火)放送の前編では、ハワイを巡るJALとANAの激しい攻防をリポート。ハワイ島での星空観賞など、観光の新たな目玉を探るジャルパック・五明田豊さんの姿を追った。そして「激烈!航空戦争」シリーズの後編では、今や日本最大のエアラインとなったANAに密着。世界最大となる2階建て航空機「A380」を投入し、新たなハワイの旅を提案するANAのハワイ進撃作戦を独占取材した。巨大な「空飛ぶウミガメ」...エコノミー席の秘密3月21日、成田国際空港。この日、フランスから世界最大の航空機が到着した。全日空が導入したエアバスA380だ。全長73メートル、全幅80メートルで、ボーイング747より一回り大きく、総2階建てで520人乗り。かわいらしいウミガメのデザインは公募によるもので、ハワイ語でウミガメのことを「ホヌ」ということから愛称は「フライング・ホヌ」「空飛ぶウミガメ」と名付けられた。ANAは総額1500億円で3機を購入し、ハワイ路線に投入。JALに対抗し、本気でハワイ路線を開拓しようとしている。機内を取材させてもらうと、総2階建てということもあり、520席もあるにもかかわらず...more
カテゴリー:

“ハワイ攻防戦”を独占取材!JAL×ANA熾烈な争い:ガイアの夜明け - 06月04日(火)15:57 

※6月4日(火)の放送は「全仏オープンテニス2019」中継のため、休止の可能性がございます。現場で奮闘する人たちの姿を通して、さまざまな経済ニュースの裏側を伝えるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」(毎週火曜夜10時)。6月4日(火)は、「JAL ハワイ決戦!~シリーズ『激烈!航空戦争』前編~」を放送。長年「日本航空(JAL)の牙城」とされてきたハワイ路線。そこに、ANAが大型機を投入し路線を強化する方針を発表した。番組では、ライバルを迎え撃つJALに密着取材し、ハワイを巡るJALとANAの激しい攻防に迫る。「空飛ぶホテル」に対抗するJALの秘策JALが初めてハワイ便を就航させたのは、創業まもない1954年。ホテルと合わせたパッケージツアーの販売に力を入れ、「ハワイと言えばJAL」というイメージを確固たるものにしてきた。しかし、2010年に経営破たんすると、事業規模を大幅に縮小し、路線の新設もできなくなってしまった。一方ANAはその間に、急ピッチで事業を拡大。2014年、JALは国際線の規模でANAに逆転された。それでも、ハワイだけはいまだ圧倒的なシェアを死守し、JALにとっては最後の砦だ。ところが、ANAが超大型機エアバスA380の導入を発表。「空飛ぶホテル」とまでいわれ、520席を持つ世界最大の航空機だ。ANAはハワイ便のシェアを25%にまで増やし、JALの牙城を崩しにかかる...more
カテゴリー: