気象情報

2020年10月18日(日)放送 NHK総合   日,月,火,水,木,金,土   11:54-12:00

関連ニュース

女性(51)「気象庁地震速報、トップページに速報がなく探しにくい上に遅い」 (ヽ´ん`)「なんで嫌儲に来ないの?秒でわかるぞ」 - 10月23日(金)06:49  poverty

気象庁地震速報、HPトップになく 分かりやすさ求める声も 静岡県西部を震源として本県などで最大震度4を観測した9月27日の地震。気象庁は発生から1分半後、 ホームページで地震情報を出した。1分半―。これが国内の地震に関し、 観測結果を社会に伝える「最速」(同庁)だという。だが、その情報は民間への“配慮”もあってか、 同庁ホームページのトップ画面には掲載がなく「分かりやすい情報発信とは言えないのでは」との指摘もある。 「大地震かも」。浜松市東区の団体職員女性(51)は自宅で仕事中、強い揺れに見舞...
»続きを読む
カテゴリー:

台風14号「いかがでしたか?」 - 10月11日(日)07:39  poverty

気象庁が発表する気象情報、地震・津波情報、データ、火山、気候、環境、海洋情報を掲載. http://www.jma.go.jp/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

◆災害情報が入手できるよう必要な備えをご確認く.. - 10月09日(金)17:36 

◆災害情報が入手できるよう必要な備えをご確認ください◆ 松戸市への台風の最接近は10/11(日)午前1時頃ですが、上陸の可能性はないため、避難所の開設予定はありません。避難所を開設する際は早めにお知らせします。テレビやラジオ等の気象情報に注意してください。 #松戸
カテゴリー:

10/9(金)、おはようございます。 台風14号が日本.. - 10月09日(金)09:10 

10/9(金)、おはようございます。 台風14号が日本列島に接近中です。週末には東日本にも上陸するおそれがあります。気象情報や防災情報を注視し、風水害に備えてください。 風水害の備え方は市ホームページをご確認ください。 #松戸
カテゴリー:

加藤官房長官、台風14号「ダムの事前放流含め警戒態勢確保」 - 10月06日(火)19:09 

 加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、日本の南の海上で発生した台風14号について「今後の進路状況に応じて、ダムの事前放流を含めて政府としての警戒態勢を確保していきたい」と述べ、国民に最新の気象情報に注意するよう呼び掛けた。
カテゴリー:

リアルタイム防災気象情報を活用した防災・減災のためのクラウドGISサービス「NADIAct」をリリース - 10月20日(火)11:45 

2020年10月20日 ESRIジャパン株式会社 GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手 ※1 の ESRIジャパン株式会社(以下、ESRIジャパン 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、ESRIジャパンが提供するロケーションインテリジェンスプラットフォームArcGIS(アークジーアイエス)上で、防災気象情報をリアルタイムで表示し、企業の拠点情報と重ね合わせることで適切な防災・減災行動を促す、企業向けの新サービス「NADIAct(ナディアクト)」を開始いたしました。     ■提供サービス 「NADIAct」は、自然災害による企業の損失を最大限低減することを目的として、ESRIジャパンが提供するArcGISプラットフォーム上で、ゲヒルン株式会社(以下、ゲヒルン 本社:東京都千代田区、代表取締役:石森大貴)が提供するリアルタイム防災気象情報を連携した、防災・減災のためのクラウドGISサービスです。どこで、どのような危険があるかの予測と通知をすることで、災害発生時に企業の初動対応を支援いたします。 各企業が所有する事業所や工場、取引先などの拠点情報と、ゲヒルンが提供する土砂災害・浸水害・洪水害の危険度や特別警報等の防災気象情報をArcGISプラットフォーム上で統合することで、各拠点の災害リスクをひと目で把握することが可能になります。ユー...more
カテゴリー:

今回の台風は大雨に警戒が必要です。都市部では排.. - 10月10日(土)08:29 

今回の台風は大雨に警戒が必要です。都市部では排水が追いつかなくなると、急激に事態が悪化します。気象情報に注意し、周囲より低い場所を避けるなどの対策を。 #NHKモバイル動画 #台風14号 #あなたに知ってほしい
カテゴリー:

もしも、いま、堤防がなかったら・・・『RisKmaバーチャル水面マップ』を 提供開始しました - 10月09日(金)14:16 

 株式会社建設技術研究所(代表取締役社長:中村哲己)は、個人で使える水災害リスクマッピングシステム「RisKma(リスクマ)」にて、リアルタイムで近くの川の水位や潮位を把握できる「RisKmaバーチャル水面マップ」の提供を2020年10月9日(金)から開始しました。   ◆豪雨の増加・水害多発のいま、個人でもリスクに備える情報を。   近年、梅雨の長期化、ゲリラ豪雨、秋雨前線や台風などによる豪雨が激化し、私たちの生命や日常生活を脅かす危険がすぐそこに迫っています。このような水害の軽減に少しでも役立つように、株式会社建設技術研究所は、膨大な気象および河川・水路・都市に関する知見とデータを日常の防災管理に活かすため、一般の方でもリアルタイムで近くの川の水位や潮位を把握できる「RisKmaバーチャル水面マップ」を開発しました。   ◆特長 (1)<豪雨時にリアルタイムで>2次元マップで水位を可視化  「RisKmaバーチャル水面マップ」は、これまで「点の情報」しかなく専門的でわかりにくかった河川の観測水位、および海岸の観測潮位を、独自の水災害リスクマッピングシステムにより仮想的な水面として計算し、水位と地盤高の差を地図上に表現しています。主に1級河川本川および全国の海岸線付近を対象としています。(特許出願中) □RisKmaバーチャル水面マップに...more
カテゴリー:

【台風14号接近中】 現在台風14号が発生しており.. - 10月08日(木)17:44 

【台風14号接近中】 現在台風14号が発生しており、10月10日~11日にかけて大田区に接近することが予想されています。 排水溝の掃除や家屋の点検・土のうの準備など、浸水や強風に備えましょう。また、不要不急の外出は避け、最新の気象情報や区からの情報等にご注意ください。
カテゴリー:

ラプラス、農業アプリ「アグリハブ」の新機能に病害虫診断AIを提供! - 10月05日(月)16:00 

農業領域を中心にAIを活用した技術開発により生産活動を支援する株式会社LAplust(ラプラス)は、農作業管理アプリ「アグリハブ」の病害虫を診断する新機能に対し、AIを活用した画像診断技術を提供する。 「アグリハブ」とは? ユーザー数7,000人を誇る「アグリハブ」は、元エンジニアの農家が自ら開発した農業アプリだ。最適な農薬を探せる「農薬検索」やAIによる農薬の「散布管理」、「農業日誌」「売上管理」といった農家にとっての「あったらいいな」を集約した機能を備えている。 なかでも農業日誌の作業ごとに日照・気温・降水量の積算気象情報を表示し、データ分析や収穫時期予測ができる機能は「アグリハブ」だけの画期的な機能だ。 そんな「アグリハブ」に病害虫を診断する新機能が登場するという。同機能の提供にあたり、病害虫診断APIを提供したのがラプラス。同社開発のAIを用いた病害虫診断エンジンが、農家の抱える病害虫に関する課題解決に貢献してくれそうだ。 迅速かつ適切な対処が重要! 現在、病害虫が発生した場合、普及指導員が現地へ出向き、鑑定後に適切な処置を行うというのが一般的。しかしこれには時間がかかるため、いち早く対処したい農家にとっては悩みの種ともいえるだろう。 そんな悩みを解決してくれそうなのが同社の病害虫診断AIを活用した「病害虫診断」機能。病害虫診断AIは、独自に取得した十数万枚の病害虫画像から...more
カテゴリー:

もっと見る