主治医が見つかる診療所SP

2019年5月30日(木)放送 テレビ東京   木   18:55-20:49

「主治医が見つかる診療所SP」の動画

関連ニュース

脳ドックは何歳で受けるのがおすすめ? 健康診断と合わせて受ける人が増加中 - 08月07日(水)18:09 

「主治医が見つかる診療所」(8月8日木曜夜7時58分)は、皆さんが知りたい医療の疑問に、第一線で活躍する医師たちが優しく答える知的エンターテイメントバラエティ。病院の選び方のコツや今すぐできる健康法など、最新情報を交えて発信しています!今回WEBオリジナル企画「主治医の小部屋」に寄せられたのは、なかなか受ける機会が少ない「脳ドック」に関する疑問です。早速、同番組のレギュラー・上山博康医師に相談してみましょう!平均すると一般的には40代くらいからが一つの目安Q:60代男性です。脳ドッグを受けたいと考えていますが、一般的には何歳くらいから、何年おきに受けるとよいのでしょうか。 また、脳ドッグでどんなことがわかるのか教えてください。──最近は、人間ドックのコースの一つとして受ける方が増えているようですが、そもそも脳ドックで何がわかるのでしょうか。「脳ドックはMRIによる画像診断などを中心に脳の疾患や脳血管の状態を調べる検査で、病変がかなり小さくない限り、脳梗塞や脳腫瘍、脳出血、血管が細くなっているところなど、ほとんどの状態がわかります。そのわかりやすさは、MRIやCTなどの画像診断装置がもともと脳のために開発されたといってもいいくらい。骨の中に収まった特殊な構造をしている脳は、触診をしたり直接見たりすることができないからです。さらに、脳の血管にも他ではみられない特殊性があります。画像検査...more
カテゴリー: