すくすく子育て子どもの目

2019年3月2日(土)放送 NHK教育   土   12:00-12:30

「すくすく子育て」の動画

関連ニュース

『びーのびーの幼稚園・認定こども園・保育園ガイド』 20号発行記念イベント 「無償化×園選びの方程式」 ずっと大事にしたい子どもの育つ環境づくり - 06月19日(水)12:00 

「びーのびーの幼稚園・認定こども園・保育園ガイド」20号発行記念イベントとして、アンガールズ山根さんをお迎えし、二部構成のイベントを開催します。 第1部 無償化!?保活!?いろいろな言葉が飛び交っている今日この頃、子どもの育ちで本当に大事なことはなに? 子育てに関する疑問はあふれるばかり。 マメ先生(Eテレ「すくすく子育て」出演中 玉川大学教育学部教授 大豆生田 啓友さん)に伺います。 第2部 横浜市担当課長から「無償化について今伝えられる内容」講演、アンガールズ山根さんや現役パパママたちとのトークセッションなど、盛りだくさんの内容です。
カテゴリー:

ドラゴン桜の指南役が断言、育てにくい子のほうが見込みがある - 06月10日(月)22:03 

最近は「考える力」の大切さが叫ばれるようになりました。しかし、従来型の押し付け教育に慣れてしまっている人はどうすれば良いか…戸惑ってしまいますよね。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では、著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんが、考える力とは何かを論じるとともに、その育て方について解説しています。 「自分で考える力」は幼児期に育つ 幼児期にしっかりと「考える力」の土台を育てておきましょう。 今の時代は先行きが不透明な激動の時代であり、同時に情報が多すぎる時代でもあります。子どもたちが大人になる頃には、さらにそれが加速するはずです。そのような時代をたくましく生き抜くためには、自分で考える力が大切です。 自分で考える力といってもいろいろな次元がありますが、中でも大切なのは「自分は何をやりたいのかを自分で考える力」と「そのやり方を自分で考える力」の2つです。これが本当の自立であり、言い換えると自己実現力です。 やりたいことをやる楽しさを一番味わえるのが幼児期 この力がないと、変化の激しい時代の中で多すぎる情報に流されて、自分らしい生き方ができなくなってしまいます。現在でも、自分は何をやりたいのかよくわからないという大人がたくさんいるのですから。 そして、この自己実現力の土台は幼児期から育てていく必要があります。なぜなら、幼児期こそが、自分がやりたいと思っ...more
カテゴリー: