Get Sports

2019年5月19日(日)放送 テレビ朝日   日   1:46-3:16

関連ニュース

なんでGet Sportsのスレがないんや? - 11月11日(月)02:02  livejupiter

なんで ...
»続きを読む
カテゴリー:

Microsoft says Russia-linked hackers target sports organizations - 10月29日(火)05:30 

Microsoft Corp said it has tracked "significant" cyberattacks coming from a group it calls "Strontium" or "Fancy Bear", targeting anti-doping authorities and global sporting organizations.
カテゴリー:

Microsoft says Russia-linked hackers target sports organizations - 10月29日(火)05:43 

Microsoft Corp said it has tracked "significant" cyberattacks coming from a group it calls "Strontium" or "Fancy Bear", targeting anti-doping authorities and global sporting organisations.
カテゴリー:

「14球で終わらせます」星稜・奥川恭伸の宣言に隠された“ライバルとの絆”。 - 10月28日(月)11:21 

10月17日(木)に行われたプロ野球ドラフト会議。指名を待つ選手にとっては、まさに運命の日だ。10月27日(日)に放送された『Get Sports』では、3球団競合の末、ヤクルトがドラフト1位の交渉権を獲得した星稜高校の奥川恭伸を特集。朝日放送テレビのアナウンサーで「熱闘甲子園」のキャスターを務めたヒロド歩美が、ドラフト会議当日に密着し、さらにドラフト1位になるまでの成長に迫った。©Get Sports◆ここまでの投手になるとは思ってもみなかった奥川と言えば、今年の夏の甲子園での活躍が記憶に新しい。150キロを超えるストレートに、多彩な変化球。怪物と言われた江川卓氏の1試合23奪三振の記録にも肩を並べた。さらには日の丸を背負い、「U18野球ワールドカップ」でも好投。世界でも注目され、この大会で先発投手のベストナインにも輝いた。ドラフト会議が始まる2時間前、奥川は「甲子園の方が緊張する」「前日もぐっすり眠れた」と落ち着いた様子。ドラフトで自らの名前が呼ばれ、ヤクルトに決まった瞬間も表情は変わらなかった。それでも、指名後に、ヒロドアナウンサーが指名を受けた時の心境を聞くと「本当に安心していたのですが、何とか表情を崩さずにやろうかなと思っていました」とようやく笑顔がこぼれた。©Get Sportsそんな奥川が、野球を始めたのは小学2年生の時。幼少期から夢みていたのが「プロ野球選手」中学を...more
カテゴリー: