FOOT×BRAIN

2019年3月2日(土)放送 テレビ東京   土   0:20-0:50

関連ニュース

脳科学者・中野信子が語る「スポーツではキレた方が良い」の意味とは? - 09月15日(日)07:00 

脳科学者・中野信子が9月14日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20〜)にゲスト出演。スポーツでも社会でも使える上手な"キレ方"を解説した。 昨今、スポーツで…
カテゴリー:

「日本人はキレるのがヘタ」原因は欧米アフリカ29か国で最低の脳内ホルモンにある? - 09月14日(土)12:39 

脳科学者・中野信子が9月14日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20〜)にゲスト出演。スポーツでも社会でも使える上手な"キレ方"を紐解いていく。サッカーにおいて、審判のジャッジや相手選手からのラフプレーにキレるのは日常茶飯事。選手だけでなく、監督やサポーターがキレることも珍しくない。しかし、ただ怒りに身を任せてしまうとイエローカードやレッドカードに繋がってしまうので、スポーツでもビジネスでも、キレずに平常心を保つことが重要とされている。そんな中、中野は「スポーツではキレた方がいい場面がある」と一石を投じ、キレることでパフォーマンスに好影響を与えている部分があると分析する。一方で「日本人はキレ方がヘタ」と指摘。アメリカやヨーロッパ、アフリカの29か国の中で、ある脳内ホルモンの量を調整するタンパク質を持つ人の割合が最も低いと紹介し、さらにその脳内ホルモン量の自己判断に使える京都大学が開発した心理テストを披露する。また、番組MCの勝村政信は、亡き師匠・蜷川幸雄さんの姿を振り返り、「キレている姿しか見えなかった……」と述べながら、その意図に気付いた歳のエピソードを明かしていく。 関連リンク 主審・西村雄一が感じるVARの可能性「サッカーを次のレベルへ上げる」 ...more
カテゴリー:

“ちょい足し”で楽しくなるスポーツ観戦の新たな試み - 09月08日(日)07:00 

スポーツ観戦をより楽しむための「ちょい足し」情報を、9月7日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)で特集。芸能界屈指のサッカー通として知られるタレントの平畠…
カテゴリー:

スタジアムの2大不満「混雑」「トイレ事情」を解消する新たな取り組みとは? - 09月07日(土)14:00 

タレントの平畠啓史が、9月7日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。スポーツ観戦をより楽しむための「ちょい足し」について考えていく。J1からJ3まで年間500試合以上をチェックし、各地のスタジアムにも足を運んでいるという平畠。書籍「平畠啓史 Jリーグ54クラブ巡礼 - ひらちゃん流Jリーグの楽しみ方」を執筆するなど、芸能界屈指のサッカー通として知られている。そんな平畠がオススメする、スタジアムの“ちょい足し”を発表していく。そして番組では、サッカー観戦にやってきたサポーターの不満を調査。「駅から遠い」「待っている時間がつらい」などの声が上がる中、特に「混雑」と「トイレ事情」の2つに不満が集中していることが判明。いくつかのJリーグクラブでは、不満を解消するためスタジアムの改修やIT技術を駆使した大改革を実施。スタジオメンバーを驚かせた新たな取り組みに注目だ。さらに、ブレインスカウター・サトミキこと佐藤美希が、スポーツ観戦の未来の姿を調べるためにNTT横須賀研究開発センターへ。見たことのない最新技術が紹介される。 関連リンク 主審・西村雄一が感じるVARの可能性「サッカーを次のレベルへ上げる」 NMB48磯佳奈江がユニ...more
カテゴリー:

マジシャン志村祥瑚が提言「フォーカス」で変わるアスリートのパフォーマンス - 09月01日(日)10:00 

医師でマジシャンの志村祥瑚が、8月31日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。選手のパフォーマンスを上げるための“ミスディレクション”と“フォ…
カテゴリー:

脳科学者・中野信子が語る「スポーツではキレた方が良い」の意味とは? - 09月14日(土)18:39 

脳科学者・中野信子が9月14日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20〜)にゲスト出演。スポーツでも社会でも使える上手な"キレ方"を解説した。昨今、スポーツでもビジネスでも、キレずに平常心を保つことが重要とされるが、中野は「スポーツではキレた方がいい場面がある」と違った見解を示す。キレることで血圧や心拍、血糖値を上げ、結果として筋肉を動かしやすくなり、さらに集中力・判断力を上げるなど、パフォーマンスに好影響を及ぼすことがあるという。もちろん、キレるといっても感情のままに振る舞って良いわけではなく、あくまでもコントロールしながら思いを発露することが大事。また、その伝え方も重要で「ふざけるな」という程度なら自分がキレていることが伝わるので良いこともあるが、「お前はこういう性格だから失敗する」など人格攻撃が入ってしまうと人間関係の修復が難しくなってしまう。こういった暴力的で過激な言葉を使わないためにはボキャブラリーを多くすることが重要だという。一方で、もし誰かに傷つけられたとき、どのように伝えると効果的か。「何でそんなひどいことを言うの?」「そんなことを言われると傷つく……」この場合、前者は相手が主語で、後者は自分が主語になっている。実は、主語を自分にして気持ちを伝えることが、原則として相手との関係を悪くせずに嫌な気持ちを伝える方法として正解とされてい...more
カテゴリー:

「日本人はキレるのがヘタ」原因は欧米アフリカ29か国で最低の脳内ホルモンにある? - 09月14日(土)12:35 

脳科学者・中野信子が9月14日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20〜)にゲスト出演。スポーツでも社会でも使える上手な"キレ方"を紐解いていく。 サッカーにお…
カテゴリー:

“ちょい足し”で楽しくなるスポーツ観戦の新たな試み - 09月07日(土)14:02 

スポーツ観戦をより楽しむための「ちょい足し」情報を、9月7日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)で特集。芸能界屈指のサッカー通として知られるタレントの平畠啓史と共に、最新のスタジアム事情に迫った。今回番組では、サッカー観戦にやってきたサポーターの不満を調査。「駅から遠い」「待っている時間がつらい」などの声が上がる中、特に多かったのが「混雑」と「トイレ事情」。サッカーは試合が始まると目を離せないため、自ずと試合前やハーフタイムの売店に長蛇の列が生まれてしまう。その悩みを解決しようとJ2のジェフ市原・千葉が、フクダ電子アリーナで売店から客席へのデリバリーサービスを試験導入。スマートフォンを使い、客席にあるQRコードからオーダーすることで特設店舗に注文が届き、客席の位置情報がわかる端末を持った売り子が届けてくれる。使用したサポーターも「思ったより早く来てびっくり」「ビールを飲む量が増える」と笑顔を見せ、導入した店側も売上が上がったという。ジェフは来シーズンからの本格導入へ向けて準備を進めている。また、混雑といえば、スタジアム内のトイレ。ハーフタイムの15分間ではトイレから戻ってこられないことも珍しくない。特に女性用トイレは問題になっており、Jリーグの中でも女性観客の割合が高い鹿島アントラーズは大改革に着手。スタジアムの女性トイレを6倍に増設し、...more
カテゴリー:

スタジアムの2大不満「混雑」「トイレ事情」を解消する新たな取り組みとは? - 09月07日(土)11:00 

タレントの平畠啓史が、9月7日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。スポーツ観戦をより楽しむための「ちょい足し」について考えていく。 J1か…
カテゴリー:

マジシャン志村祥瑚が提言「フォーカス」で変わるアスリートのパフォーマンス - 08月31日(土)10:57 

医師でマジシャンの志村祥瑚が、8月31日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。選手のパフォーマンスを上げるための“ミスディレクション”と“フォーカス(焦点)”について解説した。2017年、志村は新体操女子日本代表フェアリージャパンのメンタルスタッフとしてチームをサポート。すると同年に開催された世界選手権で42年ぶりとなる個人・団体ともに銅メダルを獲得。さらに今年のワールドカップでは強豪国を破り優勝するなど、チームの躍進を支えている。フェアリージャパンでトレーニングを行う際、重要視しているのが「フォーカス(焦点)」。「“失敗してはいけない”という思い込みを変えるだけで失敗を恐れずにチャレンジできるようになる」と言い、ミスディレクション(人々の注意をそらすことで、本来見るべきものを隠すことができるテクニック)を、マジックを用いて視覚的にわかりやすく説明することで、自分のフォーカスをコントロールできるようにトレーニングしているという。また、志村は「例えば、レギュラーから外されたら終わりと考えていると、練習していても常に緊張することになる」と助言。緊張は、損失に目を向けることで起きるとわかっており、これを損失回避の法則というのだとか。「金メダルを獲りたい」という気持ちは大事だが、その思いが強すぎると、同時に「獲れなかったらどうしよう」...more
カテゴリー:

もっと見る