FOOT×BRAIN

2020年7月11日(土)放送 テレビ東京   土   0:20-0:50

関連ニュース

「5000人動員は最低限」WEリーグが目指す女子サッカーの新たな姿 - 07月12日(日)07:00 

2021年9月に開幕することが発表された日本初の女子サッカープロリーグ「WEリーグ」を、7月11日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)が特集。番組MCの勝&アウェーの総当たりでリーグ戦を実施。さらに9月開幕5月閉幕の秋春制を導入。欧州のスケジュールに合わせたことで選手の移籍などがスムーズになることが期待されている。今井は「今や女子サッカーもヨーロッパが世界の中心となっており、選手や指導者の行き来が容易になる。また国際大会がヨーロッパのカレンダーに合わせて配置されているので、代表の強化を考えた上でも適切だと考えている」とした。また、Jリーグでは雪国問題の解決が難しく導入を見送られてきた経緯があるが、「ウィンターブレイクをとり、雪国であっても年間を通してサッカーを楽しむための環境作りの一助になりたい」と話した。 そして、役職員の50%以上を女性、役員(取締役以上)の最低1人を女性とし、監督を含めたコーチングスタッフを最低一人は女性にしなくてはならないとクラブの「採用条件」が決まっている。佐々木は「Jリーグの理念は地域に根差した社会貢献ですが、WEリーグは女性の活躍、コミュニティをデザインしていきたい」と話した。しかし、現実は厳しい。なでしこリーグ32クラブのうち、女性の監督はわずか4人。S級ライセンスを持つのは2人しかいない。監督だけをとっ...more
カテゴリー:

「5000人動員は最低限」WEリーグが目指す女子サッカーの新たな姿 - 07月11日(土)11:52 

2021年9月に開幕することが発表された日本初の女子サッカープロリーグ「WEリーグ」を、7月11日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)が特集。番組MCの勝村政信と片渕茜アナウンサー、番組アナリストの都並敏史とスポーツライターの松原渓、WEリーグの重要人物である佐々木則夫(前なでしこジャパン監督)と今井純子(JFA女子委員長)が「6つの疑問」を語り合った。1989年に女子サッカーリーグが誕生し、現在は、なでしこリーグ1部を頂点に、なでしこリーグ2部、チャレンジリーグに合計32チーム(Jリーグ傘下や実業団、大学など)が参加。選手の大半はアマチュアだ。WEリーグは、その最上位リーグとして新設される。最初のテーマは「プロ化のタイミング」。2011年、東日本大震災後に開催された女子ワールドカップで、なでしこジャパンが初優勝。これを機に、なでしこリーグの試合会場は活気にあふれたが、それをピークに観客動員は徐々に減少。松原が、タイミングを逸したのではないかと率直な思いを伝えると、佐々木は「そのタイミングで先を考えてやるべきだった」と反省の弁。その後の話し合いの中で東京オリンピックを軸にしてスタートするべきだという考えに至ったという。また、アメリカを打倒すべく欧州各国が女子サッカーに本腰を入れ始め、FIFAも女子を重要視するようになるなど世界の状況が変化...more
カテゴリー:

長友佑都「心が癒される」と絶賛!専属料理人・加藤超也の凄さ - 07月05日(日)07:00 

トルコのガラタサライを退団した長友佑都と、長友の専属料理人・加藤超也が7月4日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。トップアスリートの肉体を維…
カテゴリー:

長友佑都「心が癒される」と絶賛!専属料理人・加藤超也の凄さ - 07月04日(土)12:36 

トルコのガラタサライを退団した長友佑都と、長友の専属料理人・加藤超也が7月4日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。トップアスリートの肉体を維持する“食事の秘密”に迫った。加藤が長友の専属料理人になったのは2016年。「食事にこだわっている」という長友のTwitter投稿を見た加藤が、「どうしてもこの方のサポートをしたい」と感じ、ダイレクトメッセージを送信したのがきっかけ。当時、長友自身も食事の改善の必要性を感じており、加藤から届いた熱いメッセージに共感し一度会ってみることに。以来、食生活を通してイタリアやトルコでのタフなプレーを支え、肉体を進化させてきた。専属料理人となった加藤が最初に行ったのは、長友のスケジュール確認。試合日程はもちろん、練習日程とトレーニング内容などを把握した。そして、痩せやすいかなど本人の体質を知った上で献立の作成に入った。さらに提供した全メニューのたんぱく質や脂質、ビタミンなど栄養素の摂取量を数値化し、そのデータとパフォーマンスを1~2週間ごとに見て、改善を図った。すると長友に目に見えた変化が起こる。長友は「それまで年に2~3回筋肉系のケガをしていたのが、取り組み始めて筋肉系の怪我を1回もしていない」と語るなど、効果の大きさを実感。それを実現したのは加藤が提唱する「ファットアダプト食事法」だった。この...more
カテゴリー:

本田圭佑、極端意見に「煮るなり焼くなりして」 - 06月28日(日)07:00 

本田圭佑が、6月27日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。日本サッカーの現在地や未来について語った。 まず日本サッカーの現在地を聞かれると…
カテゴリー:

なぜ今?資金や待遇は?日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に6つの疑問 - 07月11日(土)11:53 

2021年9月に開幕することが発表された日本初の女子サッカープロリーグ「WEリーグ」を、7月11日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)が特集する。この日のスタジオには、番組MCの勝村政信と片渕茜アナウンサー、番組アナリストの都並敏史と松原渓。リモートで、WEリーグの重要人物である佐々木則夫(前なでしこジャパン監督)と今井純子(JFA女子委員長)が集結。今回番組では新型コロナ禍の中で発表された「WEリーグ」について「6つの疑問」を提示。「プロ化のタイミング」「資金調達」「選手の待遇」「リーグの体制」「スタッフの採用条件」「ファンを増やせるか?」といった直球の質問を佐々木と今井にぶつけていく。また、番組公式SNSではフォロワーから「WEリーグでやって欲しい事、期待していること」を募集。ユニークなアイデアが披露され、スタジオでは成功に向けた議論を深めていく。 関連リンク 『FOOT×BRAIN』これまでの放送まとめ 本田圭佑、極端意見に「煮るなり焼くなりして」 主審・西村雄一が感じるVARの可能性「サッカーを次のレベルへ上げる」 ...more
カテゴリー:

なぜ今?資金や待遇は?日本初の女子プロサッカー「WEリーグ」に6つの疑問 - 07月11日(土)11:50 

2021年9月に開幕することが発表された日本初の女子サッカープロリーグ「WEリーグ」を、7月11日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)が特集する。 この…
カテゴリー:

長友佑都の専属料理人・加藤超也が提唱!“脂”で体を作るファットアダプト食事法 - 07月04日(土)12:36 

トルコのガラタサライを退団した長友佑都と、長友の専属料理人・加藤超也が7月4日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。専属料理人になったきっかけや、長友の体を支える“ファットアダプト食事法”に迫る。FC東京でプロデビューし、日本代表やインテルミラノ、ガラタサライなど世界を舞台に左サイドで活躍する長友。無尽蔵のスタミナが魅力だが、実は、スタミナ不足に悩まされる日々もあったという。そんな長友の悩みを解決したのが加藤の振舞う料理。その出会いは突然で、長友にとっても予期せぬものだった。しかし、二人がタッグを組むと効果はすぐに現れ、それまでは年に何回か起きていた筋肉系の怪我は激減。それを実現したのが、加藤が提唱する“ファットアダプト食事法”だった。今回加藤はファットアダプト食事法を解説。アスリートにとって難敵とされる脂についての理論をはじめ、自分の体質を知ることの重要性を紹介。そのほかにも、これからの熱い季節でも美味しく食べられるファットアダプト食事法のアレンジレシピが披露される。さらに長友は、加藤の料理がインテル時代のチームメイトにも大ウケだったというエピソードや、料理未経験の自身がチャレンジする料理姿も公開。「心が癒される」という加藤の料理に注目だ。 関連リンク 『FOOT×BRA...more
カテゴリー:

長友佑都の専属料理人・加藤超也が提唱!“脂”で体を作るファットアダプト食事法 - 07月04日(土)12:30 

トルコのガラタサライを退団した長友佑都と、長友の専属料理人・加藤超也が7月4日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。専属料理人になったきっかけ…
カテゴリー:

本田圭佑、極端意見に「煮るなり焼くなりして」 - 06月27日(土)09:35 

本田圭佑が、6月27日放送のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:20~)にゲスト出演。日本サッカーの現在地や未来について語った。まず日本サッカーの現在地を聞かれると「すでに世界と戦えているが、戦えるのと勝ちに行くのは大きく違う。その壁が近そうで遠い」と語り、中盤の個は世界的に見てもスタンダード以上のレベルに達しているが、攻守にわたるゴール前の個の力には明確な差があると指摘。「ゴール前で得点を取る、失点を防ぐところは身体能力も求められるので、フィジカルのアドバンテージもない中でパフォーマンスを発揮できる日本人は中々出てきていない」と現状を分析した。そして、日本の中盤が充実する要因について本田は「教育方針」をあげ、「チームのために犠牲になっているフォワードが多すぎる。育成年代から日本は一致団結して戦わなくちゃいけないと言われ、チームのために戦えるフォワードは生まれるけれど、“1点取ってくればいいんだろ!”と言って奇跡の1点でチームを勝たせてしまうようなフォワードはどうしても減ってしまう」と話した。そこで本田は、2012年、現役選手でありながらサッカースクール「SOLTILO」を開校。その指導理念は自分で判断・決断できる選手を育てる事。「空気を読める日本人を僕は大好きなんです。でも、そこに1割の鬼才がいないと試合には勝てない」とバランスの重要性を説き、「その...more
カテゴリー:

もっと見る