ZIP!

2020年9月16日(水)放送 日本テレビ   月,火,水,木,金   5:50-8:00

関連ニュース

パスワード付きzipファイル、友達の「行けたら行く」…“これって意味ある?”大調査 - 12月02日(水)20:00 

乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(だれはな)」。12月2日(水)の放送では、“実は意味がないかもしれないモノ”を調査しました。
カテゴリー:

日テレ新人アナが明かす、発声が必須ゆえのコロナ.. - 12月02日(水)08:45 

日テレ新人アナが明かす、発声が必須ゆえのコロナ禍研修の難しさ 勇気くれた桝アナの一言 #石川みなみ #ZIP #SHOWBIZコーナー #日テレ #桝アナ @ZIP_TV
カテゴリー:

神尾楓珠『ZIP!』12月の金曜に登場「朝から元気に頑張ります!」 - 12月02日(水)07:55 

俳優の神尾楓珠が、日本テレビ系情報番組『ZIP!』(毎週月~金曜5:50~)で12月の金曜パーソナリティーに決定した。4日の放送から登場する。
カテゴリー:

ZIPAIR、成田~ホノルル線就航にあわせPCR検査のオプションを販売 - 12月01日(火)21:21 

 ZIPAIR Tokyoは、12月19日の成田~ホノルル線就航にあわせ、出発前・帰国後のPCR検査とパーキングサービスをセットにしたオプションパッケージの販売を開始した。
カテゴリー:

『ミスチル』桜井和寿の“老化”に驚き!「福山雅治と1歳しか変わらないのに…」 ★3 - 12月01日(火)15:00  mnewsplus

11月25日に放送された大型音楽特別番組『ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)に、『Mr.Children』が登場。1989年の結成以来、第一線で活躍し続ける彼らだが、ボーカルの桜井和寿もさすがに歳には勝てないようだ。 この日、「Mr.Children」は、5年ぶりに日本テレビの音楽番組に出演。『ZIP!』(同系)の新テーマソング『The song of praise』をフルサイズでテレビ初披露した。楽曲には「前向きに讃えあいながら過ごしたい」という思いを込めたそうで、桜井は今までと変わらない感情豊かな歌声で熱唱してみせた。 「往年のパフ...
»続きを読む
カテゴリー:

【驚き】パスワード付きファイルをやりとりするために導入された“まさかの方法”にツイッター大盛りあがり - 皆さんの会社はどうしてる? - 12月02日(水)15:00 

デジタル改革担当大臣の会見でも話題になった、パスワード付きZIPファイルをメールで送信したのちに別メールでパスワードを送る、通称「PPAP」。セキュリティ面での懸念があることから廃止する動きが各所で見られていますが、これもその一環かもしれませんね……。
カテゴリー:

神尾楓珠『ZIP!』12月金曜パーソナリティーに「.. - 12月02日(水)07:56 

神尾楓珠『ZIP!』12月金曜パーソナリティーに「朝から元気に頑張ります!」 #神尾楓珠 #日テレ #ZIP @ZIP_TV @kamio_fuju
カテゴリー:

「パスワード付きZIP」廃止、じゃあどうすりゃいいのか(OneDrive編) - 12月02日(水)05:00 

パスワードを付けた暗号化ZIPファイルをメールに添付してファイルを送るのは、もう廃止!? でも代替の方法は? Windows 10標準のオンラインストレージ「OneDrive」でファイルを送信する手順とセキュリティ上の注意点について解説する。
カテゴリー:

ZIPAIR、ホノルル線利用者向けに「With コロナ安心パック」販売 出発・帰国時のPCR検査や車の預かりサービスなどセット - 12月01日(火)15:15 

ZIPAIR Tokyoは、東京/成田〜ホノルル線利用者向けのオプションパッケージ「With コロナ安心パック」の販売を、12月1日午後6時より開始する。 出発前と帰国後のPCR検査と、出発・到着時の空港での車の預かり・ […] 投稿 ZIPAIR、ホノルル線利用者向けに「With コロナ安心パック」販売 出発・帰国時のPCR検査や車の預かりサービスなどセット は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

シシヤマザキが思い描く、アニメーションとアートの未来。コロナ禍で感じた壮大な気づきと希望 - 12月01日(火)11:16 

11月14日(土)に東京ビッグサイトで開催され、オンラインにてのべ21万人が視聴した「東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.5」。初の完全オンライン開催となった今回は【学生部門】の最優秀賞がFOREST(日本電子専門学校)、【U-25部門】の最優秀賞がHarada:Labという結果になった。今回、テレ朝POSTでは、同アワードの審査員を務めたアーティスト・シシヤマザキ氏にインタビュー。自らの身体を題材にしたロトスコープアニメーションによる斬新な表現で、各界から注目を集めるシシ氏に、自身の目指す未来、絵を描くことの意味について語ってもらった。ーー2019年に続いて審査員を務められた今回のアワードですが、2020年は新型コロナウイルスの影響で初のオンライン開催となりました。2019年とはかなり違う雰囲気になったことはもちろんですが、2020年はオンライン上に設けられた「リアクションスタンプ」を通じて観客の反応が直接、反映されるというインタラクションが用意されました。スタンプのデザインも華やかですし、観客のみなさんもイベントに参加している感覚が得やすかったと思います。ーー今回エントリーしたみなさんは、学生部門、U-25部門ともにシシさんよりやや下のミレニアル世代、Z世代でした。彼らにどんな印象をお持ちですか。東京藝大でワークショップをやらせていただいたり、先生の話を聞いたりす...more
カテゴリー:

もっと見る