クローズアップ現代 死後のこと誰に託しますか? “高齢おひとりさま”に安心を

2024年7月10日(水)放送 NHK総合   水   19:30-19:57

関連ニュース

夏休みは危険がいっぱい?!専門家が教える&親の疑問に答える、参加費無料の「子どもを守る防犯イベント」に協賛企業の参加が決定! - 07月05日(金)15:00 

~夏休み前に、子どもを取り巻く「今」の危険と対策を知って、安全で楽しい夏休みを迎える~子どもたちが毎日を笑顔で過ごせる社会の実現を目的とした「SASENAI PROJECT(サセナイ プロジェクト)」(運営:VxTech株式会社、本社:東京都港区)の第1弾イベントとなる「\夏休み前に親子で知ろう/専門家が教える&疑問に答える子どもを守る防犯イベント」を渋谷スクランブルスクエア15階の「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ/以下、QWS)」で2024年7月13日(土)に開催いたします。当日は犯罪学の第一人者で今や全国の9割の小学校で導入がされる「地域安全マップ」の考案者、立正大学 教授 小宮信夫氏と、AIで子どもを守るスマホアプリ「コドマモ」を運営するAdora株式会社 代表取締役 冨田直人氏が登壇します。今、子どもたちの周りで起こっている危険と対策方法に加えて、両氏が参加者の疑問に答えるコーナーの開催も予定しております。イベントには1人でも多くの方にご参加いただけるよう、参加費は無料、オンラインでもご参加いただけます。国産オーガニックスキンケアの「ALOBABY(アロベビー)」を展開する株式会社SOLIA様と、顧客視点を大切にする起業家に「愛」をもって寄り添う投資会社の株式会社ロッテベンチャーズ・ジャパン様のご協賛により 親子で嬉しいご来場者特典をご用意しております。イベントへのお...more
カテゴリー:

【野党の追及】政治家の「パワハラ」は「ブラック霞が関」を強化する 追及パフォーマンスの副作用とは - 06月26日(水)18:40  newsplus

2024年06月26日 https://www.dailyshincho.jp/article/2024/06260615/?all=1  6月11日に放送された「クローズアップ現代」のタイトルは、「悲鳴をあげる“官僚”たち 日本の中枢で今なにが?」。霞が関の官僚たちのブラックすぎる労働環境についてのレポートを見て、そのキツさに衝撃を受けた方もいれば、「まだこんな状態なのか」とあきれた方もいることだろう。  番組に出演していた元厚生労働省官僚の千正康裕(せんしょうやすひろ)さんが、官僚たちの置かれた苛酷すぎる状況を詳述した著書『ブラック霞が関』を発表したのは202...
»続きを読む
カテゴリー:

【本の要約サービス「flier」月間ランキング】 『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』『罰ゲーム化する管理職』… 現代日本における働き方の問題に注目した書籍が話題に 全国の書店でフェア開催 - 07月01日(月)10:00 

累計会員数117万人を突破した本の要約サービス「flier(フライヤー)」を運営する株式会社フライヤー(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 大賀康史)は、2024年6月のビジネス書月間ランキングを発表しました。今回、第1位に選ばれた要約は『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』(三宅香帆/集英社)でした。発売1週間で累計10万部突破し、話題沸騰中の本書が、flierでもその勢いを見せました。本書では、近代以降の日本における働き方と読書の関係に注目しながら、タイトルの「なぜ働いていると本が読めなくなるのか」という問いに答えを導き出していきます。第2位には『罰ゲーム化する管理職』(小林祐児/集英社インターナショナル)がランクインしました。こちらも日本企業で起きている働き方の問題にフォーカスした話題の書籍です。本書が多くの支持を集めた理由は、やはり実際に「管理職の罰ゲーム化」に悩む人が多いからかもしれません。本ランキングは、flierの有料会員を対象に、スマホアプリおよびウェブのアクセス数(紹介書籍の要約閲覧数)を合算し順位付け。集計期間は、2024年5月25日~2024年6月24日です。■「flier」ユーザー閲覧数 月間ランキングTOP10(2024年6月)■1位:『なぜ働いていると本が読めなくなるのか』(三宅香帆/集英社)2位:『罰ゲーム化する管理職』(小林祐児/集英社インター...more
カテゴリー:

薬不足になって3年経つけど未だに改善しねえのは何故だ!せき止め薬を探し求めて薬局4件目に来たけどここでも売ってねえ! - 06月23日(日)16:10  poverty

なぜ 長引く“薬不足” 解消しない供給不安の謎に迫る https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240618/k10014483281000.html 3年以上も続いている薬の供給不安。 せき止めや高血圧の薬など、手に入りづらい医薬品はおよそ3800品目。医療機関で処方される薬の2割以上に上っています。 どうして“薬不足”は解消されないのか。現場を取材すると、背景にある構造的な課題が見えてきました。 (クローズアップ現代取材班) VIPQ2_EXTDAT: checked:default:1000:512:donguri=0/3: EXT was configured ...
»続きを読む
カテゴリー: