落語研究会

2019年5月18日(土)放送 TBSテレビ   日   4:00-5:00

「落語研究会」の動画

関連ニュース

若手落語家の注目株・桂米輝 端正かつシュールな芸で”輝き”増す 中西正男の「そら、この芸人さん、売れるにきまってる!」【4】 - 10月10日(木)12:11 

桂米團治さんに入門し、米團治さんの師匠であり、父でもある故桂米朝さんからも薫陶を受けた桂米輝さん(34)。桂文枝さんを輩出した関西大学の落語研究会で落語の魅せられ、大学卒業後はいったん企業に就職しますが、一念発起して弟子入りしました。端正な芸と、オンリーワンのルックスのミスマッチ。そして、独特の世界観を持つ若手落語家の注目株です。(取材/文:中西 正男)―昔からお笑いは好きだったんですか?奈良県出身なんで、ま、関西の子どもとして、昔から漫才だとか吉本新喜劇だとか、お笑いは好きでよく見ていたんです。何となく、お笑いへの憧れみたいなものもあって、大学(関西大学)に入学して、何かサークル活動をやろうとなった時に、出会ったのが落語研究会だったんです。落研に入ったものの、お笑いは好きだったけど、落語はほとんど見たことがない。学校の文化鑑賞会で見るか、テレビでやってたらたまに見る。それくらいの接し方だったんですけど、落研なんで、落語を実際にやる流れになって、こんなに面白いのか!となったんです。最初はウケないんですけど、1年、2年やってると少しずつコツがつかめてくる。そうなると、えらいもんで、どんどん楽しくなってくるんです。落語は自分が演者であり、演出家であり、脚本もいじれる。全て自分の思い通りにできて、それでお客さんが笑ってくれたら、そら、もう、すごく気持ちがいいんです(笑)。―大学を出たらす...more
カテゴリー: