TBSニュース

2019年3月16日(土)放送 TBSテレビ   日,土   15:54-16:00

「TBSニュース」の動画

関連ニュース

【池袋上級国民暴走事件】「私の方で保険会社の協力も得て誠意をもって償ってまいりたいと存じます」運転男性(87) 過失認め謝罪の手紙★4 - 05月18日(土)10:40  newsplus

池袋の12人死傷事故、運転男性 過失認め謝罪の手紙  先月、東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し12人が死傷した 事故で、男性が被害者の1人に宛てた手紙の内容がJNNの取材で分かりました。 男性は運転の過失を認め、謝罪の言葉を綴っています。  「この度は、私の起こした事故により、大きなお怪我を負わせてしまい、 大変申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます」  手紙の日付は今月2日と記されています。差出人は旧通産省工業技術院の 飯塚幸三元院長(87)。先月19日、豊島区東池袋で...
»続きを読む
カテゴリー:

【池袋上級国民暴走事件】「私の方で保険会社の協力も得て誠意をもって償ってまいりたいと存じます」運転男性(87) 過失認め謝罪の手紙★2 - 05月17日(金)23:22  newsplus

池袋の12人死傷事故、運転男性 過失認め謝罪の手紙  先月、東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し12人が死傷した 事故で、男性が被害者の1人に宛てた手紙の内容がJNNの取材で分かりました。 男性は運転の過失を認め、謝罪の言葉を綴っています。  「この度は、私の起こした事故により、大きなお怪我を負わせてしまい、 大変申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます」  手紙の日付は今月2日と記されています。差出人は旧通産省工業技術院の 飯塚幸三元院長(87)。先月19日、豊島区東池袋で...
»続きを読む
カテゴリー:

日産の経営統合問題 (1) 「経営統合」はルノーが20年間待ち続けた念願のゴール - 05月17日(金)11:20 

13日のTBSニュースは、「日産自動車にルノーが具体的な経営統合案を提案した」と報じた。
カテゴリー:

【池袋上級国民暴走事件】「私の方で保険会社の協力も得て誠意をもって償ってまいりたいと存じます」運転男性(87) 過失認め謝罪の手紙★3 - 05月18日(土)01:14  newsplus

池袋の12人死傷事故、運転男性 過失認め謝罪の手紙  先月、東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し12人が死傷した 事故で、男性が被害者の1人に宛てた手紙の内容がJNNの取材で分かりました。 男性は運転の過失を認め、謝罪の言葉を綴っています。  「この度は、私の起こした事故により、大きなお怪我を負わせてしまい、 大変申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます」  手紙の日付は今月2日と記されています。差出人は旧通産省工業技術院の 飯塚幸三元院長(87)。先月19日、豊島区東池袋で...
»続きを読む
カテゴリー:

【池袋上級国民暴走事故】「私の方で保険会社の協力も得て誠意をもって償ってまいりたいと存じます」運転男性(87歳) 過失認め謝罪の手紙 - 05月17日(金)21:40  newsplus

池袋の12人死傷事故、運転男性 過失認め謝罪の手紙  先月、東京・池袋で87歳の男性が運転する乗用車が暴走し12人が死傷した 事故で、男性が被害者の1人に宛てた手紙の内容がJNNの取材で分かりました。 男性は運転の過失を認め、謝罪の言葉を綴っています。  「この度は、私の起こした事故により、大きなお怪我を負わせてしまい、 大変申し訳ございません。伏してお詫び申し上げます」  手紙の日付は今月2日と記されています。差出人は旧通産省工業技術院の 飯塚幸三元院長(87)。先月19日、豊島区東池袋で...
»続きを読む
カテゴリー:

菅官房長官が異例の渡米、その「真の目的」は何だったのか? - 05月17日(金)04:45 

5月9日からの4日間に渡る米国訪問を終え、12日に帰国した菅義偉官房長官。今回菅長官に課された任務は対北朝鮮交渉ルートの確認とされていますが、なぜそのような役割が、国の危機管理をあずかる立場の官房長官に託されたのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんが自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、その裏側を探っています。 菅官房長官が訪米した真の目的 安倍首相が北朝鮮の独裁者、金正恩に会いたいと言い出した。条件は付けないという。つまり拉致問題に進展があるなしに関わらず、直接会って話すのだと、思いつめている。 いったい何があったのか。あれほど、「対話より圧力」を貫いてきたというのに。 「制裁を緩めるな」と訴える拉致被害者家族の気持ちは複雑だろう。トランプ大統領への「抱きつき外交」で世界に名を馳せる安倍首相が中途半端に方針転換しないかと心配しているに違いない。 だが、日本政府は金正恩にアプローチする交渉ルートを持っているのだろうか。小泉訪朝は、田中均氏が外務省アジア大洋州局長だったころ、「ミスターX」とのチャネルをつくったから実現した。いまはそんなパイプがあるとは思えない。 余談だが、田中均氏は安倍首相から蛇蝎のごとく嫌われている。というのも、かつて田中氏が毎日新聞のインタビューで、こう語ったからだ。 「安倍首相の侵略の定義や河野談話、村山談話をそのまま承継するわけではないという...more
カテゴリー: