花子とアン

2021年9月8日(水)放送 NHK総合   月,火,水   16:35-16:50

関連ニュース

人気脚本家・中園ミホ「ドクターXのプロデューサーとの相性は…」大ヒットの意外な理由 - 写真・中島慶子 文・五十嵐 大 | ananweb - マガジンハウス - 11月23日(火)20:10 

NHK連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『西郷どん』、そして大ヒットシリーズ『Doctor-X 外科医・大門未知子』。誰もが知る人気作を次から次へと生み出す脚本家・中園ミホさんは、いまや日本のドラマ界で不動の地位を築いています。けれど、その成功の裏には「占い」があったそう。実は占い師としてのキャリアも持つ中園さんが、独自の開運哲学をまとめた『相性で運命が変わる 福寿縁うらない』を上梓しました。それを記念し、日常生活にいますぐ取り入れられる開運のコツを訊きます。“悪い時期”は誰にだって訪れるもの――中園さんは脚本家として有名ですが、実は占い師として活動されていた時期もあるんですよね。中園 そう、14歳から占いの勉強を始めたんです。私は幼稚園の頃から4月、5月がすごく憂鬱で。桜が咲いてすごく楽しい時期のはずなのに、ゴールデンウイーク明けくらいまでは気持ちが晴れなくて、小学生の頃なんて一時期不登校になっていたくらいなんです。その後、占いの勉強をしてみたら、私にとっては4月、5月が“空亡期”(苦手なことに取り組むことになる、試練の時期)であることがわかったんです。そのとき、「人の運気には流れがある」ことを知りました。1年周期でもあるし、12年周期、120年周期の流れもあるんです。――それを知って、見える景色が変わりましたか?中園 私みたいな気の弱い人間は、前もって知っておくことが大事...more
カテゴリー: