大相撲

2020年9月16日(水)放送 NHK総合   日,月,火,水,木,金,土   4:05-4:30

関連ニュース

【大相撲】<初優勝の正代>祖母の名は「正代正代」 何て読むの? - 09月29日(火)06:51  mnewsplus

大相撲秋場所で、初優勝を果たした関脇正代。熊本県出身者として初の優勝を祝う地元ファンのなかに、正代にとって特別な存在がいます。91歳の祖母、正代正代さん。読みは「しょうだい・まさよ」さんです。 相撲ファンの間では、名前の珍しさからすでに有名人。今年の初場所中に取材に答えてくれました。 旧姓は中山だったが、嫁いだ先が正代(しょうだい)家だったといいます。 「名前が変わったのは昔の話ですから、もう気になりませんよ。初めて名前を見た人からは『何て読めばいいですか』と聞かれますけどね」 正代さんは場...
»続きを読む
カテゴリー:

【スポーツ随想】基礎おろそか、休場力士が続出…相撲界は危機感を持て! - 09月29日(火)06:30 

いやはや、ひどい場所だった。27日に終わった大相撲秋場所。白鵬、鶴竜の両横綱が初日から休場して興がそがれたうえ、休場力士が続出して何の盛り上がりもないまま終わっ…
カテゴリー:

両横綱に厳しい意見 「激励」などの決議は見送り 横審 - 09月28日(月)20:34 

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は28日、東京・両国国技館で定例会合を開いた。終了後に記者会見した矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は、大相撲秋場所で全休した白鵬、鶴竜の両横綱に厳しい意見が挙がったことを明かし、「過去1、2年を振り返っても断続的に休場している。場所を全うする回数も多くない。第一人者の自覚を徹底して持ってほしい」と話した。
カテゴリー:

休場続きの白鵬と鶴竜に「第一人者の自覚を」横審 矢野委員長 - 09月28日(月)20:21 

大相撲の横綱審議委員会がおよそ半年ぶりに開かれ、矢野弘典委員長は、この1年で場所の半分以上も休場している白鵬と鶴竜の両横綱に対して「第一人者であるという自覚を徹底してほしい。ほかの力士よりも一段高い自己規制の基準を持つべきだ」と厳しい見方を示しました。
カテゴリー:

正代「珍しい名前だが…」大関昇進後もしこ名は変えず - 09月28日(月)19:37 

 大相撲秋場所を13勝2敗の成績で初優勝し、大関昇進を確実にした関脇正代(28)が千秋楽から一夜明けた28日、東京・墨田区の時津風部屋でオンラインでの会見に臨み、30日の昇進伝達式での口上は、単純明快な言葉に心情を込める意向をにじませた。昇進しても、しこ名は本名の正代のままで通す。大関昇進は日本相撲協会が30日に開く11月場所(8日初日、両国国技館)番付編成会議と臨時理事会で正式決定される。
カテゴリー:

【相撲】白鵬と鶴竜に「大変厳しい意見」横審で処分の声も 「過去1、2年を振り返っても断続的に休場が続いている」 - 09月29日(火)06:34  mnewsplus

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審=矢野弘典委員長)が、大相撲秋場所千秋楽から一夜明けた28日、東京・両国国技館で定例会合を開いた(出席7委員)。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、2場所連続で中止されていたが、1月の初場所後以来、8カ月ぶりの開催となった。 関脇正代の初優勝で幕を閉じた秋場所だが、横綱は白鵬(35=宮城野)、鶴竜(35=陸奥)ともに初日から休場。83年夏場所以来、複数横綱全員が37年ぶりに初日から不在という事態に陥った。白鵬の2場所連続皆勤は3年前にさかのぼり、以降の18場所...
»続きを読む
カテゴリー:

【大相撲】 初Vの正代、アニメ「#メイドインアビス」からの祝福にも笑顔…自粛期間中にハマり「とても感謝してます」 - 09月28日(月)22:37  mnewsplus

2020年9月28日 12時0分スポーツ報知 # スポーツ# 大相撲  大相撲秋場所(27日千秋楽)で13勝を挙げて初優勝を果たし、大関昇進も濃厚にした関脇・正代(28)=時津風=が28日、一夜明け会見に臨み、「初優勝&大関昇進」を祝う声に頬を緩ませた。  優勝から一夜明け、いまだ実感は湧かないという正代。しかし各方面から、祝福は届いているという。新型コロナ禍での自粛期間中に好きになったというアニメ、「メイドインアビス」の公式ツイッターアカウントも、優勝決定後に「正代関、初優勝おめでとうございます」とコメン...
»続きを読む
カテゴリー:

【相撲】休場続きの白鵬と鶴竜に「第一人者の自覚を」横審 矢野委員長 - 09月28日(月)20:24  mnewsplus

大相撲の横綱審議委員会がおよそ半年ぶりに開かれ、矢野弘典委員長は、この1年で場所の半分以上も休場している白鵬と鶴竜の両横綱に対して「第一人者であるという自覚を徹底してほしい。ほかの力士よりも一段高い自己規制の基準を持つべきだ」と厳しい見方を示しました。 横綱審議委員会は、ことし1月に定例の会合を行って以降、新型コロナウイルスの影響で会合の中止が続いていましたが、28日およそ半年ぶりに開催され、東京 両国の国技館で日本相撲協会の八角理事長から報告を受けました。 27日千秋楽を迎えた秋場所は、白鵬と鶴竜...
»続きを読む
カテゴリー:

正代優勝で大関昇進も…謹慎中の師匠に伝達式出席を許す協会の不可思議 力士を指導する親方の方が責任軽く - 09月28日(月)20:00 

■大相撲秋場所千秋楽=9月27日、両国国技館弟子の快挙に水を差した師匠に、まさかの大甘裁定だ。関脇正代(28)が13勝2敗で初優勝を飾り、場所後の大関昇進も確実…
カテゴリー:

白鵬と鶴竜に処分の声も 横審 - 09月28日(月)19:24 

日本相撲協会の諮問機関である横綱審議委員会(横審=矢野弘典委員長)が、大相撲秋場所千秋楽から一夜明けた28日、東京・両国国技館で定例会合を開いた(出席7委員)。新...
カテゴリー:

もっと見る