ミヤネ屋 緊急取材!“ロックダウン”のNY&パリのいま

2020年4月1日(水)放送 日本テレビ   水   13:55-15:50

関連ニュース

【芸能】手越祐也「退所」ならアパレル&芸能の二刀流? ネットに活路の可能性も - 05月27日(水)23:40  mnewsplus

芸能活動休止になったNEWSの手越祐也さん(32)が、ジャニーズ事務所を退社する意向だと一部で報じられ、様々な憶測が流れている。 退社とは聞いていないという報道もあるが、今後はどうなるのだろうか。事情に詳しい芸能関係者に話を聞いた。 芸能リポーターは、「退所は聞いていない」とテレビで話す 「個人事務所設立を準備中 知人に『実業家になりたい』などと話す」。こんなタイトルで、手越さんが退所の意向を固めたと報じたのが、スポーツニッポンの2020年5月27日付ウェブ版記事だ。 手越さんは、緊急事態宣言中に何度...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】ミヤネ屋、手越を徹底擁護 - 05月27日(水)14:07  livejupiter

草 ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京+10 - 05月26日(火)15:02  livejupiter

ミヤネ屋 ...
»続きを読む
カテゴリー:

橋下徹「北朝鮮みたいな国になっちゃいますよ」 黒川氏への「訓告処分」を批判 - 05月25日(月)18:24 

元大阪市長の橋下徹氏は2020年5月25日放送のワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系列)に生出演し、賭け麻雀問題で辞職した東京高等検察庁・黒川弘務検事長への訓告処分について持論を示した。
カテゴリー:

【安倍政権】首相官邸が「モーニングショー」初め多数のテレビ番組を監視 報告文書は一ヶ月間だけで922枚 情報公開請求で★3 - 05月23日(土)21:31  newsplus

新型コロナ対応の遅れから政府への批判が高まる一方で、 安倍官邸が別のことに熱心に取り組んでいたことがわかる“文書”を本誌・週刊ポストは入手した。  遡ること3月6日、内閣官房国際感染症対策調整室の公式ツイッター(現・内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室公式ツイッター)の内容が注目を集めた。 〈3月5日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、「総理が法律改正にこだわる理由は、 『後手後手』批判を払しょくするため総理主導で進んでいるとアピールしたい」というコメントが紹介されています〉  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ミヤネ屋】令和納豆 - 05月27日(水)14:33  livejupiter

ええんか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

東京+11 - 05月26日(火)16:02  livejupiter

ミヤネ屋 ※前スレ https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1590472965/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

“霾る”って何て読む?? 気象予報士・蓬莱大介の【お天気ライブ ほうらい屋】【3】 - 05月26日(火)10:42 

いきなりですが、この漢字は何と読むでしょうか?答えはこちら。「つちふる」と読みます。これは黄砂のことです。「土が降る」で「つちふる」雨かんむりの下の漢字は、狸(たぬき)の旧漢字です。昔の言い伝えで、「たぬきという生き物は、人間をだましたり化かしたりする」と聞いたことありますよね。昔話でもありそうな・・・。「空から雨ではない、変わったものが降ってくる。こんな不思議な現象は、たぬきの仕業に違いない!」ということでこの漢字をあてたのかもしれません。人間を化かすといえば、きつねもいわれますよね。「空が晴れているのに、雨が降ってくる!こんな不思議な現象は・・・・・・そうだ!き、きつねの仕業に違いない~!!」ということで、「狐の嫁入り」っていう言葉を聞いたことあるのではないでしょうか。「晴れているのに雨が降ってくる現象」のことです。「きつねの嫁入り」も不思議な現象の例えです。さて、黄砂はどこから飛んでくるのかご存じですか?黄砂は、中国大陸のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠から5000㎞以上の距離を飛んできます。日本だけでなく、北米大陸まで飛んでいったという話しもあります。砂漠で舞い上がった砂が、上空の風や偏西風に乗って日本まではるばる飛んできます。厄介ですよね。でも、中国大陸の風下になるので、仕方がないんです。大昔から日本に黄砂は飛んできています。3・4月に次ぎ、5月も結構黄砂は日本に飛んできている...more
カテゴリー:

【安倍政権】首相官邸が「モーニングショー」初め多数のテレビ番組を監視 報告文書は一ヶ月間だけで922枚 情報公開請求で★3 - 05月22日(金)16:55  newsplus

新型コロナ対応の遅れから政府への批判が高まる一方で、 安倍官邸が別のことに熱心に取り組んでいたことがわかる“文書”を本誌・週刊ポストは入手した。  遡ること3月6日、内閣官房国際感染症対策調整室の公式ツイッター(現・内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室公式ツイッター)の内容が注目を集めた。 〈3月5日のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、「総理が法律改正にこだわる理由は、 『後手後手』批判を払しょくするため総理主導で進んでいるとアピールしたい」というコメントが紹介されています〉  ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る