モーサテ

2020年11月16日(月)放送 テレビ東京   月,火,水,木,金   5:45-7:05

関連ニュース

米 コロナ感染 「デルタ株」が8割超に<モーサテ> - 07月21日(水)18:25 

CDCのワレンスキー所長アメリカのCDC(疾病対策センター)のワレンスキー所長は20日、議会上院で行われた公聴会で、「現在、アメリカの新型コロナ感染の83%を『デルタ株』が占めるとみられる」と述べました。今月3日時点での「デルタ株」の割合は57.6%だったことから、今回、アメリカ国内でも「デルタ株」の急拡大が示された形です。ワレンスキー氏は「ワクチン接種率の低い一部の地域では感染の割合はさらに高い」としています。 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク ネットフリックス 契約数見通しの予想を下回る<モーサテ> 第4のコロナ治療薬 「抗体カクテル療法」とは?
カテゴリー:

第4のコロナ治療薬 「抗体カクテル療法」とは? - 07月21日(水)13:56 

2種類の抗体がそれぞれウイルスと結合することで、細胞への侵入を阻止する厚生労働省は19日夜、新型コロナ感染症の「抗体カクテル療法」で使う治療薬を特例承認しました。これで、国内で認められたコロナ治療薬は4つ目となります。一体どんなものなのでしょうか。審査の手続きを大幅に簡略化した特例承認となった抗体カクテル療法。昨年FDA(アメリカ食品医薬品局)に緊急時の使用が許可され、トランプ前大統領が感染した際にも採用されました。この薬はアメリカの製薬企業などが開発。「カシリビマブ」「イムデビマブ」という2種類の抗体を点滴で投与する治療薬です。日本では中外製薬が先月末、製造販売承認を申請していました。そもそも新型コロナウイルスは体内の細胞と結合し、内部に侵入して増殖します。抗体カクテル療法では、点滴で投与された2種類の抗体がそれぞれウイルスと結合することで、細胞への侵入を阻止。その結果、ウイルスの増殖を防ぎ、重症化するリスクを軽減する仕組みです。抗体が2種類あることで、片方の抗体が効かない変異ウイルスに対しても、もう片方が効果を発揮できるといいます。この承認に医療現場も期待を寄せています。「抗体カクテル療法の承認は大きいと思っています。(症状の)軽い段階の早期に治療することで効果が得られる薬で、従来この位置づけの薬がなかったんです」(埼玉医科大学総合医療センターの岡秀昭教授)軽症者の中でも、基礎...more
カテゴリー:

米ワシントンポスト 東京五輪は「失敗に見える」 - 07月19日(月)15:25 

アメリカのワシントンポストは17日、今週末に開幕する東京オリンピックについて、これまでのところ、明らかに失敗しているように見えると論評しました。当初の国民の熱意は薄れ、今では敵意さえ感じられると伝えています。首都圏では無観客開催となり経済効果も期待できないとして1964年の東京大会のように日本に誇りをもたらすオリンピックにはならないだろうと指摘しています。 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク 米 宇宙旅行の試験飛行に成功 ヴァージン創業者も搭乗 米FRBパウエル議長 インフレ「数ヵ月続くも一時的」<モーサテ>
カテゴリー:

米FRBパウエル議長 インフレ「数ヵ月続くも一時的」<モーサテ> - 07月16日(金)23:25 

FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長は14日、議会下院で行った証言の中で、「インフレ率が今後数ヵ月は高止まりするものの、一時的だ」との見解を改めて示しました。パウエル議長は「インフレ率は著しく上昇している。今後数ヵ月は伸びが高いまま推移し、その後緩やかになる」と述べた上で、インフレ率がFRBの目標を「大きくかつ持続的に超えている兆候が見られた場合は、適切に金融政策のスタンスを調整する用意がある」と表明しました。また、雇用については、「改善はしているものの、回復までの道のりはまだ長い」として、「資産購入など、政策による支援が引き続き必要」との考えを強調しました。量的緩和の縮小については、「今後数回の会合で議論していく」とするとともに縮小を始める時期を検討する上で上昇が続く住宅価格が判断材料の一つになると指摘しました。 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク ファイザーと米当局 ワクチン3回目接種で協議へ キューバで異例の反政府デモ 数千人が参加か
カテゴリー:

テスラのイーロン・マスクCEO ピックアップトラックは失敗するかも<モーサテ> - 07月16日(金)18:25 

テスラのイーロン・マスクCEOは開発中のEV(電気自動車)のピックアップトラック「サイバートラック」に関して「他に類を見ない車なので失敗するかもしれない」とツイッターに投稿しました。また、他のメーカーのEVピックアップトラックについて「テスラのまねごとだ」としています。テスラは去年9月にすでに50万台の予約が入ったと明らかにしていて今年後半には出荷を始める予定です。 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク 民間旅行も!宇宙”新時代”へ 野口聡一宇宙飛行士に聞く<WBS> カップヌードルを超えるか 日清食品の新分野への挑戦<大浜見聞録>
カテゴリー:

ネットフリックス 契約数見通しの予想を下回る<モーサテ> - 07月21日(水)13:58 

動画配信サービス大手ネットフリックスは、7月から9月期の新規契約数の見通しが350万人と、市場予想の550万人を大きく下回りました。巣ごもり需要で昨年、新規契約数が大幅に増加した反動です。一方で、4月から6月期の売上高と純利益は1年前と比べて、いずれも大幅に増加しました。※Newsモーニングサテライト 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク 第4のコロナ治療薬 「抗体カクテル療法」とは? フィリピンの貧困層を支援するフィンテックを使った無担保ローン<モーサテ>
カテゴリー:

フィリピンの貧困層を支援するフィンテックを使った無担保ローン<モーサテ> - 07月21日(水)13:55 

現地に駐在するビジネスパーソンだからこそ知っている情報を聞く「なるほど・ザ・新興国」。今回はフィリピンの首都マニラから、アジア開発銀行(ADB)のチーフエコノミスト澤田康幸さんにお話を聞きました。ーーフィリピンの新型コロナウイルスの感染状況はいかがでしょうか。感染者は今年4月に1万人を超えた日もありましたが、現在はフィリピン全体で1日約5000人ほどに減っていまして、マニラ首都圏では600人程度で推移しています。首都圏では一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)を実施。屋内、屋外問わず外出時にはマスクとフェイスシールドの着用が義務づけられています。深夜0時から4時までは夜間外出が禁止ですけれど、経済活動はある程度戻り、賑やかさを取り戻しつつあります。ーーフィリピンではワクチンの接種は進んでいるんでしょうか。フィリピンのワクチン接種は日本と同様なんですが、自治体が窓口になって展開していまして、ショッピングモールにも接種会場が設定されています。ワクチンの2回接種完了率は3%強、1回のみ接種率は9%と日本よりもかなり低くなっています。私が所属しますADBでも、新型コロナに対する200億ドル(約2兆1600億円)の支援パッケージを昨年4月に発表しています。追加的に開発途上加盟国にワクチン調達支援というものを行っています。ーーワクチン支援が進むことで、フィリピンの経済活動は回復し始めているので...more
カテゴリー:

ファイザーと米当局 ワクチン3回目接種で協議へ - 07月16日(金)23:25 

アメリカの製薬大手ファイザーが12日、新型コロナワクチンの3回目の追加接種の必要性についてFDA(食品医薬品局)やCDC(疾病対策センター)などの当局者と協議する見通しだと、アメリカメディアが報じました。ファイザーは従来より、2回目の接種から半年たつと感染や発症を防ぐ効果が低下することを示すデータがあると主張しています。世界的に感染力の高い「デルタ株」のまん延が深刻になっていることもあり、3回目の接種の必要性を訴えるとみられます。一方、イスラエル政府は11日、免疫力の低い成人を対象に3回目の追加接種を開始すると発表しています。 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク キューバで異例の反政府デモ 数千人が参加か テスラのイーロン・マスクCEO ピックアップトラックは失敗するかも<モーサテ>
カテゴリー:

米 宇宙旅行の試験飛行に成功 ヴァージン創業者も搭乗 - 07月16日(金)18:33 

アメリカの宇宙旅行会社ヴァージンギャラクティックは11日、アメリカ西部のニューメキシコ州で創業者のリチャード・ブランソン氏など6人を乗せた開発中の有人宇宙船で試験飛行を実施しました。目標の高度80キロ超に達することに成功し、およそ1時間後に無事帰還しました。試験飛行後、ブランソン氏は「宇宙をもっと身近なものにしていきたい。宇宙の新時代の始まりだ」と述べました。ヴァージンギャラクティックはすでにアメリカのFAA(連邦航空局)から一般客を乗せる免許を取得しており、試験飛行を重ねて来年の商業宇宙飛行の開始を目指します。 見逃し配信や関連動画は「テレ東BIZ」で配信中! 関連リンク 米FRBパウエル議長 インフレ「数ヵ月続くも一時的」<モーサテ> ファイザーと米当局 ワクチン3回目接種で協議へ
カテゴリー:

JAL・赤坂社長に聞く コロナ後の”離陸戦略” - 07月06日(火)16:46 

JALの赤坂祐二社長新型コロナウイルスによって航空業界は大きな打撃を受けました。この苦境を回復へどう転換させるのでしょうか。日本航空(JAL)の赤坂祐二社長がモーサテに生出演し、新しいLCC(格安航空会社)の戦略、さらにこの先のCO2(二酸化炭素)排出量削減の取り組みなどについて語りました。ーーまず業績回復の見通しです。JALの株価は赤坂社長が就任直後の2018年は4000円近辺で推移も、コロナ後に急落。直近はやや株価を戻していますが、それでも以前の水準とは遠いものです。株価がこれだけ落ちたことについては、株主の皆さんに対して本当に申し訳ないと思っております。先般発表しました中期経営計画をしっかりやれば、企業価値もしっかり回復できますし、その後は企業価値の向上を図れると確信をしています。私としてはこの計画の実現達成を不退転の決意でやっていきたいと思っています。ーー今年5月に発表した決算は減収減益で、2866億円の最終赤字となりました。今期の業績見通しも未定としましたが、決算発表から2ヵ月が経ち、何らかの見通しは見えてきたのでしょうか。4月以降、いわゆる第1四半期は同じような状況が続いていましたが、6月後半に入り、緊急事態宣言の解除やワクチン接種も少しずつ進んできたことで、若干改善の兆しが見えてきました。ーー改善の兆しとは具体的にどのようなところでしょうか。6月前半までは、国内線の利...more
カテゴリー:

もっと見る