NHKニュース おはよう日本 入園料値上げに?揺れる日本の動物園

2019年12月3日(火)放送 NHK総合   火   4:30-7:45

「NHKニュース」の動画

関連ニュース

【軍事】米イージス艦「シャイロー」が台湾海峡通過…中国をけん制か - 01月17日(金)20:27  newsplus

神奈川県の横須賀基地を拠点とするアメリカ海軍のイージス艦が16日、台湾海峡を通過しました。アメリカとしては、台湾の蔡英文総統の再選を受けて、圧力を強めると懸念される中国をけん制するねらいがあるものとみられ、中国はこうした動きに反発しています。 アメリカ海軍第7艦隊によりますと、神奈川県の横須賀基地を拠点とするイージス艦「シャイロー」が、現地時間の16日、台湾海峡を通過したとNHKの取材に対し明らかにしました。 通過の理由について「アメリカが、自由で開かれたインド・太平洋に関与する姿勢を示すもの...
»続きを読む
カテゴリー:

震災25年 神戸の様子 上空からライブでお伝えして.. - 01月17日(金)16:49 

震災25年 神戸の様子 上空からライブでお伝えしています。 NHKニュース・防災アプリでも配信しています。 #nhk_news
カテゴリー:

“高度外国人材”として働けない|けさのクローズアップ|NHKニュース おはよう日本 - 01月17日(金)01:27 

“高度外国人材”として働けない|けさのクローズアップ|NHKニュース おはよう日本日本で働く外国人が増え続けています。 その数は、おととし(2018年)の数字でおよそ150万人。 「留学生のアルバイトなど」、「技能実習」についで、いま急増しているのが「高度外国人材」と呼ばれる人たちです。 およそ28万人と、この5年で倍増。 特に増えているのが、「技術・人文知識・国際業務」という在...
カテゴリー:

氷河期世代を食いつぶす?人材派遣大手「パソナ」に怒りの声 - 01月16日(木)16:44 

人材派遣大手のパソナグループは昨年12月12日、「就職氷河期世代」を中心に、地方創生事業に携わる正社員300人を今年4月から順次雇用すると産経新聞、東京新聞、NHKなどが報じていた。300人のうち200人を淡路島で展開する、観光・娯楽施設などの事業に充てるとのこと。これについて日本のネット上では、「まだ食い物にする気か?」「氷河期世代だけど、雇われたくもない」と怒りの声が多くあがる一方、少数だが「批判していた人で氷河期世代を雇った所はあるの?」と肯定的な意見も見られた。 【就職氷河期世代を雇用 正社員300人】 「地方の経済を支える礎になってほしい」。パソナグループは就職氷河期世代を主な対象として地方創生事業に携わる正社員300人を雇用する新制度を発表しました。https://t.co/KY9kWoQ2W3 — 産経ニュース (@Sankei_news) December 12, 2019 パソナグループは、12月11日に政府が発表した、「就職氷河期世代」の就労支援策と歩調を合わせた形だ。採用はグループの子会社が担当、2コースに分けて行なわれる。パソナグループが手がける兵庫県・淡路島での事業に携わるコースと、全国の拠点で地方創生事業に従事するコースだ。 淡路島では200人、全国の拠点では100人を募集。入社後、約半年間の職種ごとの研修を経て、さまざまな拠点に配属される予定だ。年収は...more
カテゴリー:

河井案里議員コメント ライブでお伝えしています .. - 01月15日(水)22:29 

河井案里議員コメント ライブでお伝えしています NHKニュース・防災アプリでも配信しています
カテゴリー:

【大学入試】「最後のセンター試験」準備進む…関東甲信では雪や雨が降る予想も - 01月17日(金)18:19  newsplus

全国で55万人余りが受験する大学入試センター試験が、18日から始まります。センター試験は来年から新しい大学入学共通テストとなるため、今回が最後となります。 ことしのセンター試験は18日と19日の2日間、全国689の会場で行われ、去年より1万9131人少ない、55万7699人が志願しています。 大学入試センターによりますと、センター試験を利用する国公私立の大学と短大は、過去最多の858校に上ります。 平成2年に始まったセンター試験は、来年から新たな大学入学共通テストになるため、今回が最後となります。 東京 渋谷区...
»続きを読む
カテゴリー:

【ライブ】阪神・淡路大震災から25年で追悼 ライ.. - 01月17日(金)05:43 

【ライブ】阪神・淡路大震災から25年で追悼 ライブでお伝えしています NHKニュース・防災アプリでも配信しています
カテゴリー:

北方領土で日本漁船が連行。浸透していなかった「新ルール」の罠 - 01月16日(木)17:10 

北海道根室市の漁協に所属する漁船「第68翔洋丸」が15日、北方領土周辺の海域でロシア当局に連行されたと、共同通信、NHK、日本経済新聞などが報じた。ロシアの国境警備局は、「漁船を検査をしたところ申告されていない漁獲物が見つかった」とし、必要な手続きをとるため北方領土の国後島に連行したと発表している。 ロシア当局 漁船を連行と発表 「不申告の漁獲物見つかった」 #nhk_news https://t.co/UOkFMAzeAE — NHKニュース (@nhk_news) January 15, 2020 他に臨検を受けた船はない 連行されたのは、根室市の歯舞漁協所属のマダラ底はえなわ漁船「第68翔洋丸」。当時、6人が乗船していたとのこと。外務省などによると、この漁船はロシア200海里内でロシアから許可を得てマダラやカレイをとっていた。しかし、漁を終えた15日午後、根室に戻る途中でロシア側の検査を受け、連行された。なお、現時点で他に臨検を受けた船があるとの情報はない。 先月も拿捕されたばかり 北方領土周辺の海域では、昨年12月にも根室市のタコ漁船5隻が、ロシア当局から国後島に連行された後、拿捕されている。このタコ漁船は、ロシア側に協力金を支払って行なう、安全操業の枠組みで漁を行なっていた。罰金を納めた後に解放され、根室市に戻っている。 漁業者「新ルール、初めて聞いた」 NHKによる...more
カテゴリー:

南海トラフで「スロースリップ」観測。巨大地震との関連は? - 01月16日(木)13:40 

南海トラフで、プレートの境目がゆっくりと動く「スロースリップ」を東京大学と海上保安庁が初めて捉えたと、NHK、産経新聞、毎日新聞、朝日新聞などが報じた。巨大地震が発生する仕組みの解明に役立つと期待されている。「日本海溝」のプレートの境目がある千葉県東方沖では、この「スロースリップ」が数年おきに確認されており、その後、比較的大きな地震がおきやすくなることで知られている。昨年から年頭にかけて発生した北関東周辺の地震も話題になっているだけに、今回の観測に注目が集まっている。 「スロースリップ」沖合の海底で初確認 地震メカニズム解明へ #nhk_news https://t.co/YWC2MUuMJk — NHKニュース (@nhk_news) January 15, 2020 「スロースリップ」とは 「スロースリップ」とは、プレートとプレートの境目がゆっくりとずれ動く現象。地震波を出さずにたまったひずみを解放するため、私たちは揺れを感じない。東日本大震災が起きる引き金となった可能性も指摘されているなど、巨大地震との関連が注目されている。 南海トラフで初観測 「スロースリップ」が観測されたのは、陸地から50キロ以上離れている7箇所。紀伊水道沖の2箇所では、平成30年ごろ、南東方向に向かって6センチと8センチ動いていたという。今回初めて観測されたのは、陸地から海側に50キロ離れた「南海トラフ...more
カテゴリー:

河井克行前法相コメント ライブでお伝えしていま.. - 01月15日(水)22:03 

河井克行前法相コメント ライブでお伝えしています NHKニュース・防災アプリでも配信しています
カテゴリー:

もっと見る