ブラック校則

2019年11月25日(月)放送 日本テレビ   月   0:59-1:29

「ブラック校則」の動画

関連ニュース

黒タイツ禁止という「ブラック校則」に立ち向かう生徒たちの闘い - 12月13日(金)21:39 

生まれながらの髪の色を染めさせたり、女生徒のポニーテールや白の下着以外の着用を禁止するなど、世の中には、理不尽な校則が存在する。こうした、いわゆる「ブラック校則」とよばれているものは、常にネットを騒がせているが、いま日本のネット上で議論になっているのが、寒冷地にある高校の「ベージュ色のタイツに限って認める」という校則だ。この問題は、12月10日放送のNHK「おはよう日本」で放送されたことがきっかけで話題になった。 校則は守るもの。でも理不尽な校則まで守らなければならないの?岐阜県のある高校の生徒たちがそんな思いを学校にぶつけました。https://t.co/amcA5tp9gf — NHKニュース (@nhk_news) December 12, 2019 氷点下の中、寒さを我慢しながら登校 NHKが取材した高校「県立斐太高校」があるのは、岐阜市から北に約100キロのところ、飛騨の山々に囲まれた高山市。冬には気温が氷点下となり、積雪は数十センチにも達する地域だ。この高校の生徒が変えたいと訴えるブラック校則は、「ベージュ色以外のタイツ禁止」というもの。 生徒手帳には「白いソックスの下にベージュのストッキングをはいてもいい」「ベージュのタイツとスラックスを防寒用に着用してもよい」との記載が。これについて女生徒は「ストッキングじゃ寒いし、タイツは見た目が不自然。スラックスは、取扱店にあっ...more
カテゴリー:

【ブラック校則】「下着白、ツーブロ禁止」変な校則、変えたい 動く学生 - 12月02日(月)13:57  newsplus

https://www.asahi.com/sp/articles/ASMCV3HKSMCVUTIL00K.html?iref=sp_new_news_list_n 「下着白、ツーブロ禁止」変な校則、変えたい 動く学生 女子の下着は白、男子の髪形はツーブロック禁止……。この校則、おかしくない? 中高生たちが学校の決まりを見直そうと、声を上げ始めている。先生任せにせず、自分たちも学校に主体的に関わることで、より楽しく学校生活を送りたい――。そんな思いが根っこにある。 (リンク先に続きあり) 2019年12月2日13時30分 朝日新聞 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【ブラック校則】男女別の髪形や下着の色といった校則をなくし、2020年度から新しい校則を適用 /世田谷区 - 11月29日(金)03:00  newsplus

ブラック校則「髪型・下着」やめます 世田谷区が見直し 東京・世田谷区は、区立中学校で規定されている男女別の髪形や下着の色といった校則をなくし、2020年度から新しい校則を適用する方針を明らかにした。 世田谷区の区立中学校の校則をめぐっては、髪形について、男子は「襟にかからない」、女子は「肩より長くなったら束ねる」としているほか、「下着の色は白に限る」といった規定があるが、疑問の声を受けて、11月下旬から各校のウェブサイトで校則が公開され、見直しが進められてきた。 区の教育委員会は27日、髪形や下...
»続きを読む
カテゴリー:

セクゾ佐藤勝利&キンプリ高橋海人が学校に反旗を翻す『ブラック校則』最終回、ネットは「ロス…ロス…ロス…」の声 - 11月26日(火)11:55 

Sexy Zone・佐藤勝利とKing & Prince・高橋海人がW主演を務めるドラマ『ブラック校則』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)の最終回が、11月25日に放送。インターネット上では、謎だらけの物語がすべて解決される展開と、主演2人に会えなくなる寂しさの声で溢れかえった(以下、ネタバレあり)。 同ドラマは、高校のあるクラスで、空気のような存在の小野田創楽(佐藤)と予測不能な行動で周囲を驚かす月岡中弥(高橋)の親友2人が、厳しすぎる校則をつぶすために立ち向かう青春物語。 体育教師の手代木豊(星田英利)が、学校の見学会があるため「熱を出そうが、親が死のうが這ってでも出てこい」と理不尽な要求をしてきた。翌日、小野田と月岡は学校をサボり、実力行使へとでることに。コーツ高校レジスタンス部のホームページに呼びかけはしたものの、サイトに集まったアバターは3人。小野田らは誰が来るのか予想した。 これまでのやりとりを振り返っていると、集合場所の海岸にやってきたのは、徒歩40分かけて通学しているため、手代木に自転車通学を懇願していた七浦啓太(葵揚)と生徒会長の上坂樹羅凛(箭内夢菜)。そこで、クローズドコミュニティに集うようURLの書いた紙を配布したのは七浦であることが発覚した。そんな中、不登校の町田希央(モトーラ世理奈)もやって来て「このメンツなんだ。なんか笑える」と笑顔に。 小野...more
カテゴリー:

この校則はブラック? 県総合教育会議で議論 - 11月26日(火)06:45 

理不尽な「ブラック校則」が社会的な問題になる中、佐賀県教育委員会や知事でつくる県総合教育会議が25日、学校の校則のあり方について意見を交わした。山口祥義知事は「児童や生徒が自分で考えて行動するような形にすべきではないか」と問題提起をした。 県政策課が、県内の公立小学校の「シャープペンシルを持ってこない」「大きな店に子どもたちだけでは行かない」、中学校の「バッグにキーホルダーなどの装飾は禁止」といった校則を例示した。
カテゴリー:

人気アイドル主演で話題の「ブラック校則」。理不尽なルールに改革はあるか - 12月10日(火)07:30 

学校ごとに細かく制約が定められている校則。髪型や服装だけでなく、「本当に必要なのか」と合理性が疑わしい〝ブラック校則〟について、見直す動きが始まっています。法律家の立場から見た学校ルールづくりについて、河野晃弁護士に聞きました。
カテゴリー:

【岐阜】「ももひきのように見える」…白ソックスにベージュ系タイツが常識 “ブラック校則”生徒が変えた 黒色タイツ着用実現 斐太高校 - 11月29日(金)09:12  newsplus

生徒に合理性のない規則を強いる「ブラック校則」。全国的に見直しの動きが進む中、飛騨地域の伝統校、斐太高校(高山市三福寺町)では生徒会が中心となって、学校に制服を規定する校則の改正を訴え、これまで認められていなかった黒色タイツの着用を実現させた。 校則では、女子の制服で黒タイツを認めず、冬季にはベージュ系のストッキングかスラックスのみ着用できると定めていた。飛騨地域の県立高校六校で、黒タイツを認めていなかったのは斐太高校だけだった。 防寒のためベージュ系のタイツは認めていたが、生徒からは「分厚...
»続きを読む
カテゴリー:

ブラック校則問題に若新雄純「規則は変えられることを教えるべき」 - 11月27日(水)17:40 

市川美絵がパーソナリティをつとめるラジオ生放送番組「Seasoning~season your life with music~」。11月7日(木)の放送は、木曜レギュラーパートナーの若新雄純(慶應大学特任准教授などをつとめるプロデューサー)が登場。最近起きたニュースを独自の視点で解説する「若新雄純の『色メガネ』」のコーナーでは、“ブラック校則”について取り上げました。
カテゴリー:

セクゾ佐藤勝利&キンプリ高橋海人が学校に反旗を翻す『ブラック校則』最終回、ネットは「ロス…ロス…ロス…」の声 - 11月26日(火)11:53 

Sexy Zone・佐藤勝利とKing & Prince・高橋海人がW主演を務めるドラマ『ブラック校則』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)の最終回が、11月25日に放送。インターネット上では、謎だらけの物語がすべて解決される展開と、主演2人に会えなくなる寂しさの声で溢れかえった(以下、ネタバレあり)。同ドラマは、高校のあるクラスで、空気のような存在の小野田創楽(佐藤)と予測不能な行動で周囲を驚かす月岡中弥(高橋)の親友2人が、厳しすぎる校則をつぶすために立ち向かう青春物語。体育教師の手代木豊(星田英利)が、学校の見学会があるため「熱を出そうが、親が死のうが這ってでも出てこい」と理不尽な要求をしてきた。翌日、小野田と月岡は学校をサボり、実力行使へとでることに。コーツ高校レジスタンス部のホームページに呼びかけはしたものの、サイトに集まったアバターは3人。小野田らは誰が来るのか予想した。これまでのやりとりを振り返っていると、集合場所の海岸にやってきたのは、徒歩40分かけて通学しているため、手代木に自転車通学を懇願していた七浦啓太(葵揚)と生徒会長の上坂樹羅凛(箭内夢菜)。そこで、クローズドコミュニティに集うようURLの書いた紙を配布したのは七浦であることが発覚した。そんな中、不登校の町田希央(モトーラ世理奈)もやって来て「このメンツなんだ。なんか笑える」と笑顔に。小野田は、5人が集ま...more
カテゴリー:

「ブラック校則」見直しを/青森でシンポ - 11月24日(日)09:00 

子どもの考える力を学校が奪わないで-。理不尽な「ブラック校則」をテーマにしたシンポジウムが23日、青森市の県教育会館で開かれた。登壇した市内の高校2年生・藤原ひよりさんは、説明や話し合いがないまま教員からルールを押しつけられているとして「私たちの意見に向き合って」と訴えた。藤原さんは「男子の前髪は眉毛より上」「女子のスカートは完全にひざが隠れる長さ」などの校則に疑問を持ったが、これまで教員から納得できる説明はなかったと報告。校則の見直しなど学校の問題を生徒、保護者、教員で話し合う場を設けること…
カテゴリー:

もっと見る