リカ

2019年11月23日(土)放送 フジテレビ   土   23:40-0:35

関連ニュース

NY市 レストランの屋内営業再開 - 10月01日(木)15:27 

 アメリカ・ニューヨーク市で、新型コロナウイルスの感染拡大のため禁じられていたレストランの屋内営業が、およそ半年ぶりに条件付きで再開されました。 ニューヨーク市では、新型コロナの感染拡大を防止するため、3月半ばからおよそ6か月間、禁止されていたレストランにおける屋内での飲食提供が30日、再開されました。ただ、屋内に入ることができるのは、最大収容人数の25%に制限され、客は入店する際に検温を行うほか、座席はおよそ2メートル離すなど厳しい感染対策が条件となっています。  「私は反対です。お客さんはマスクをしないですから」(ニューヨーク市民) 「徐々に元に戻っていくことを楽しみにしてます。特に、これから寒くなりますし、私は暖かいのが好きですから」(ニューヨーク市民)  レストランの屋内営業禁止をめぐっては、経営が厳しくなったレストラン業界が9月に入り、市や州を相手取り撤回を求めて集団提訴していました。
カテゴリー:

「超薄板ガラスの世界市場:厚さ別、用途別2025年予測」最新調査リリース - 10月01日(木)15:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「超薄板ガラスの世界市場:厚さ別、用途別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】超薄板ガラス市場は今後成長が見込まれ、その世界市場規模は2020年で78億ドル、今後2025年には143億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至る超薄板ガラスの世界市場予測(市場規模US$、面積ベースMillion square meter)、厚さ別市場(0.1mm以下、0.1mm-0.5mm、0.5mm-1.0mm)、製造プロセス別市場(フロート、フュージョン、ダウンドロー)、用途別市場(タッチパネルディスプレイ、半導体基板、指紋センサー、その他)、エンドユーズ産業別市場(コンシューマーエレクトロニクス、自動車/輸送、医療/ヘルスケア、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業10社プロフィール動向などの情報も交えて、超薄板ガラス市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】超薄板ガラスの世界市場:厚さ別、用途別2025年予測Ultra-thin Glass Market by Thickness, Manufacturing Process (Float, Fusion, Down-Draw), Appl...more
カテゴリー:

【米大統領選】7割が「討論にうんざり」新ルール追加へ トランプ氏「あらゆる面で楽勝だった。バイデン氏は弱かった」 - 10月01日(木)14:18  newsplus

互いに相手を非難することに終始した、アメリカ大統領選挙の第1回討論会から一夜明け、両候補は、それぞれ自らの主張を展開した。 討論会について、CBSテレビの世論調査は「バイデン候補が勝利したが、7割の視聴者が討論のやりとりにうんざりした」としている。 一方、トランプ大統領は30日、「勝利したのは自分だ」と自信たっぷりに話した。 トランプ大統領「あらゆる面で楽勝だった。バイデン氏は弱かった。愚痴を言っていただけだ」 一方、バイデン候補はオハイオ州で支持者集会を開き、討論会でのトランプ大統領の言動を痛烈...
»続きを読む
カテゴリー:

ゲラート新CEOは、5年以上にわたりヨーロッパ・中.. - 10月01日(木)13:20 

ゲラート新CEOは、5年以上にわたりヨーロッパ・中東・アフリカにおけるパタゴニアの国際ビジネスを監督してきた人物。2014年にパタゴニアに入社する前は、10年近く登山用品メーカーのブラックダイヤモンド・イクイップメントの社長だった
カテゴリー:

護衛艦「かが」 「いずも」に続いて空母へ改修 - 10月01日(木)13:08  poverty

護衛艦「かが」、「いずも」に続いて空母へ。F35B搭載の改修費231億円を要求。カタパルトは設置せず 防衛省は9月30日、過去最大の5兆4898億円に及ぶ2021年度防衛予算(米軍再編経費を含む)の概算要求を発表した。アメリカのトランプ政権が2017年12月に公表した国家安全保障戦略と、安倍政権が2018年12月に策定した防衛計画の大綱に基づき、引き続き、宇宙、サイバー、電磁波といった新たな領域での能力強化を打ち出している。 ●護衛艦「かが」の改修に231億円 防衛予算の概算要求の中で注目されるのが、ヘリコプター搭載護衛艦...
»続きを読む
カテゴリー:

【暗号資産初心者向け】コインチェックでXRP投資を始める方法 - 10月01日(木)15:00 

XRPは日本国内の暗号資産取引所でも取り扱われており、暗号資産(仮想通貨)の投資経験がある方なら一度は聞いたことがある銘柄だと思います。 XRPは、リップル社が開発した国際送金ソリューション「RippleNet」での使用されていることで有名なデジタル資産です。リップル社はXRPをさまざまな法定通貨間の「ブリッジ通貨」として利用しています。金融機関にとっては、リップル社のXRPを使ったプロダクトを使用することで、従来の国際送金にかかっているコストを60%削減できると言われています。 暗号資産の中でも利用目的が明確なため、XRPに注目する投資家も少なくありません。ここでは、XRPの機能や今後の展望、そして国内でも大手の暗号資産取引所コインチェックでのXRPの購入方法についてご紹介します。これからXRPを購入したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。 目次 暗号資産XRPとは? XRPの概要 XRPを使用する製品「ODL(オン・デマンド・リクイディティ)」 XRPを購入できる暗号資産取引所コインチェックとは? 4-1. マネックスグループをバックグラウンドに持つ運営体制 4-2. 国内最多、14種類の暗号資産の取り扱い 4-3. わかりやすいインターフェース、多機能なアプリを提供 コインチェックでXRPを購入するための3ステップ 5-1. 口座開設 5-2. 日本円の入金 5...more
カテゴリー:

世界の消費者はTikTok上の広告に好意的 - 10月01日(木)15:00 

2020年10月1日 https://www.kantar.jp/カンター・ジャパン   マーケティングのインサイトとコンサルティングで世界をリードするKantar (カンター)とその日本法人である合同会社カンター・ジャパン(東京都渋谷区、以下、カンター・ジャパン)は、世界初となる「グローバル広告エクイティランキング」を発表いたしました。このランキングは、様々な環境における消費者の広告に対する態度を測定したKantar の「Media Reactions (メディア・リアクションズ)」 調査のデータ分析レポートの中で詳細をまとめています。第1回目のランキングのトップは、世界的に注目されているソーシャルメディアプラットフォームであるTikTok(ティックトック)が獲得しました。   世界7か国、約4,000人の消費者と、日本を含む700人以上の世界のシニアマーケターを対象に調査を行った「Media Reactions」の調査では、ソーシャルメディアやコンテンツ主導型のメディアブランドだけでなく、選択されたメディアチャンネルについても総合的な「広告エクイティ」指標*1を提供しています。広告主向けの本レポートの詳細な分析により、さまざまなプラットフォームが自社の広告やブランドに与える影響を理解することができます。ここでは、今回の調査から得られた知見を一部ご紹介い...more
カテゴリー:

【IT】アメリカと中国 Googleを独占禁止法違反の疑いで調査及び提訴準備中 - 10月01日(木)13:35  news

中国が独占禁止法違反の疑いでGoogleに対する調査を準備中、アメリカ司法省も来週提訴か https://gigazine.net/news/20201001-china-antitrust-investigation-google/  Android OSの優位性を利用して競争を妨害した独占禁止法違反の疑いで、 中国政府がGoogleに対する調査を準備していることが明らかになりました。 また、これとは別に、アメリカでも司法省と連邦取引委員会による訴訟の準備が進められており、 司法省が各州の司法長官に対して署名を求めているとのことです。  中国での独占禁止法違反は、2019年にHuaweiが...
»続きを読む
カテゴリー:

【史上最悪】「判定・トランプの自爆―第1回アメリカ大統領候補討論会は最悪だった」 視聴者の回答 軍配はバイデン氏に (FNN) - 10月01日(木)13:12  newsplus

「史上最悪」米メディア厳しい評価 約1時間半の討論会の後、その酷さにうんざりして、原稿を書き始める気になかなかならなかった。1984年のレーガン・モンデール両候補の討論会以来、筆者はアメリカ大統領候補討論会を全て視聴したと記憶するが、その中で、今回は現地メディアが史上最悪と酷評するのも当然と思うほどレベルが低かった。 アメリカのCBSニュースが実施した事後の即席調査でも回答者の69%が討論会にはAnnoyed=いらついた・うんざりしたと応えている。 原因は基本的にトランプ大統領にある。民主党のバイデン候補の発...
»続きを読む
カテゴリー:

【トランプVSバイデン】米メディアで批判相次ぐ 「「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選は混乱に陥った」 ★3 - 10月01日(木)13:08  newsplus

アメリカの大統領選挙に向けて行われたトランプ氏とバイデン氏の初めての討論会について、多くのアメリカメディアは批判的に伝えています。  ニューヨーク・タイムズは非難の応酬が続いた両者の討論会について、「混沌とした90分間」とし、「両者が現代のアメリカ政治では前例のないレベルの軽蔑を表現した」と苦言を呈しました。ワシントン・ポストはトランプ氏について、「バイデン氏を絶え間なく妨害、侮辱し、大統領選挙は混乱に陥った。発言の一部はうそで、バイデン氏を怒らせるためのものだった」と批判。FOXニュースは、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る