第101回全国高校野球選手権大会

2019年8月14日(水)放送 NHK教育   日,月,火,水,金,土   18:00-18:20

関連ニュース

投手の球数制限で高野連に有識者会議が答申 3連戦回避の大会日程など提言 - 11月20日(水)19:20 

 日本高校野球連盟が設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」は20日、日本高野連に答申を行った。同会議の中島隆信座長(慶大教授)が東京・神宮球場で八田英二・日本高野連会長に答申書を提出。日本高野連は29日の理事会に諮る。
カテゴリー:

明治神宮野球大会、高校は中京大中京が初優勝 大学は慶大が19年ぶりV - 11月20日(水)17:34 

 第50回記念明治神宮野球大会最終日は20日、神宮球場で高校と大学の部の決勝が行われ、高校は中京大中京(東海・愛知)が初出場の健大高崎(関東・群馬)を4―3で降し、3回目の出場で初優勝した。この結果、来春の第92回選抜高校野球大会の神宮大会枠(1枠)は東海地区が獲得。東海の出場枠は2から3に増えた。
カテゴリー:

中京大中京が神宮大会初優勝 来春のセンバツ「神宮大会枠」は東海が獲得 - 11月20日(水)12:02 

 第50回記念明治神宮野球大会最終日は20日、神宮球場で高校の部決勝が行われ、中京大中京(東海・愛知)が健大高崎(関東・群馬)を4―3で破り、初優勝した。  この結果、来春の第92回選抜高校野球大会の神宮大会枠(1枠)は東海地区が獲得。東海の出場枠が2から3に増えた。
カテゴリー:

投球数を週500球以内に 高野連に答申 センバツから球数制限 - 11月20日(水)11:39 

高校野球のピッチャーの負担軽減策について検討してきた高野連=日本高校野球連盟の有識者会議が、来年春のセンバツ高校野球から1人のピッチャーの投球数を、1週間で500球以内に制限することなどを盛り込んだ答申を20日、高野連に提出しました。
カテゴリー:

高校野球の球数制限を高野連に答申 センバツから適用で議論 - 11月20日(水)10:24 

 日本高校野球連盟が設置した「投手の障害予防に関する有識者会議」の中島隆信座長(慶応大教授)は20日、東京・神宮球場で、1人の投手が1週間に投げられる球数を500球以内に制限することなどを盛り込んだ答申書を日本高野連の八田英二会長に提出した。日本高野連は29日の理事会で協議する方針。
カテゴリー:

名門復活、中京大中京 強打に加え守りにも隙なく必然の初優勝 明治神宮野球大会 - 11月20日(水)17:44 

明治神宮野球大会高校の部決勝 ○中京大中京4―3健大高崎●(20日、神宮球場)  第50回記念明治神宮野球大会最終日は20日、東京・神宮球場で高校の部決勝が行われ、中京大中京(東海・愛知)が初出場の健大高崎(関東・群馬)を降し、3回目の出場で初優勝した。この結果、来春の第92回選抜高校野球大会の神宮
カテゴリー:

注目の女性監督が米国へ伝えた“高校野球の真実”「日本社会の縮図が見えてくる」 - 11月20日(水)14:00 

ニューヨークに拠点を置く注目の女性監督がいる。その人物の名前は、山崎エマ。代表作は、絵本「ひとまねこざる」(おさるのジョージ)シリーズの原作者ハンス&マーガレット・レイ夫妻を題材にしたドキュメン...
カテゴリー:

“奈良のいてまえ打線”天理・河西陽路が神宮3本塁打。あの“芝草宇宙”が帝京長岡の監督に就任! - 11月20日(水)12:00 

高校野球の最前線をお伝えする連載企画『高校野球最前線 秋の陣!』。先週、目についたニュースをお伝えしよう。◎因縁の対決は明徳義塾が再び勝利 11月15日に開幕した明治神宮大会。初日の目玉カードは何と言…
カテゴリー:

球数制限「次の選抜から」 有識者会議が高野連に答申 - 11月20日(水)10:59 

 日本高校野球連盟が今年4月に設けた「投手の障害予防に関する有識者会議」は20日、1人当たり1週間で計500球の総投球数制限などを盛り込んだ答申を日本高野連に提出した。明治神宮野球大会が開かれている神…
カテゴリー:

【書評】このままでは投手が壊れる。球数制限を甲子園に導入せよ - 11月18日(月)20:45 

2018年夏の甲子園で準優勝した金足農業高校の吉田輝星選手の例を出すまでもなく、地方予選から肩の酷使を余儀なくされる投手たち。そんな彼らを守るため、「球数制限」導入の必要性が叫ばれています。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんがレビューしているのは、そんな球数制限を巡る議論等をまとめた一冊。理論派として知られる桑田真澄氏の「納得の提言」も紹介されています。 偏屈BOOK案内:広尾晃『球数制限』 『球数制限』広尾晃 著/ビジネス社 高校野球は世界で最も成功したアマチュア野球であるが、さまざまな問題も抱えている。2018年、酷暑の中での甲子園は準優勝の金足農・吉田輝星の力投に日本中が注目したが、同時に地方大会で1,517球、甲子園でも881球を投げたことが賛否両論を呼んだ。これがきっかけになって「球数制限」の議論が巻き起こった。高野連は有識者会議で、高校球児の健康問題を議論することとなった。 野球界には信仰に近い非常識も罷り通る。プロ野球の成功者たちの多くは「球数制限の必要なし」と一蹴したが、この問題はプロ野球の成功者、成功予備軍だけの話ではない。高校球児は全国で15万人弱、そのうち2割ほどいる投手の問題だ。さらに、中学生以下の少年野球にも影響を与える。「球数制限」とは「球児をどう守るか」がテーマで、成功論や技術論で語っても意味がない...more
カテゴリー:

もっと見る