あちこちオードリー

2019年9月23日(月)放送 テレビ東京   火   1:35-2:05

「あちこちオードリー」の動画

関連ニュース

【お笑い】業界に拡大する“矢作兼大好き芸人” 東京03飯塚は「凄いんだよ、あの人」 - 08月11日(火)13:57  mnewsplus

https://asajo.jp/excerpt/95265 2020/08/10  お笑いトリオ・東京03の飯塚悟志が8月4日放送の「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(テレビ東京系)に出演し、同じ事務所のおぎやはぎ・矢作兼について語っている。  飯塚と矢作は共にお笑いプロダクション・人力舎に所属する者同士で、活動歴でいえば、飯塚は矢作よりも先輩にあたる。しかし、人望やカリスマ性に関しては矢作に一目置いているようで、飯塚は「コンビ同士は仲が良くない方が面白い」という人力舎における既成概念を「『そういうのやめよう』って雰囲...
»続きを読む
カテゴリー:

東京03・飯塚、おぎやはぎの影響力を語る「概念をガラッと変えた」 - 08月05日(水)17:21 

お笑いトリオ・東京03の飯塚悟志が、4日深夜に放送されたテレビ東京系バラエティ番組『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(毎週火曜25:30~)にゲスト出演し、同じ事務所のお笑いコンビ・おぎやはぎについて語った。
カテゴリー:

【お笑い芸人】オードリー若林、タモリから怒られた「変態をバカにしてるの?」 - 07月31日(金)20:37  mnewsplus

7/31(金) 20:32 SmartFLASH オードリー若林、タモリから怒られた「変態をバカにしてるの?」 Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.  7月28日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で、オードリーの若林正恭がタモリから怒られたことを明かした。  若林が『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)で、魚を捕まえる投網を投げるのが趣味の人たちが集まる回にゲスト出演。公園で投網の練習をしている姿に、若林は「変な質問ですけど、何が楽しいんですか?」と聞いたところ、「めちゃタモリさんに怒...
»続きを読む
カテゴリー:

女性客から悲鳴が⁉ キモい...だが面白い! ブレイク必至の新世代ナルシストキャラ登場:ゴッドタン - 08月10日(月)20:49 

8月8日(土)放送の「ゴッドタン」(毎週土曜深夜1時45分)は、好評企画の最新版「この若手知ってんのか!? 2020」をオンエア。ジジイ芸人、劇団ひとり・おぎやはぎ(矢作兼、小木博明)の3人に新世代の若手を知ってもらおうという趣旨のもと、これまでEXIT、宮下草薙、フワちゃん、空気階段、かが屋、ティモンディなど、その後売れっ子となった若手をいち早く紹介したこの企画。今回は、3代目MCとなるさらば青春の光(森田哲矢、東ブクロ)が進行を務める。"こいつは天才だ!"と一目置かれている若手芸人部門まずは、若手芸人の投票による「"こいつは天才だ!"と一目置かれている若手芸人部門」。今回、1位が同率2組。1組目は、ツッコミの村田の凄まじい熱量が特徴の漫才師「赤もみじ」(村田大樹、阪田ベーカリー)。おぎやはぎが好きで、最初はおぎやはぎのようなボソボソ漫才をしていたが、声を抑えるのがストレスになり今のスタイルになったのだという。解説を担当するお笑いイベント制作会社K-PROの児島気奈によると「K-PROライブの時、笑いで会場が揺れているのを見た」そうで、「去年の『M-1グランプリ』で、"東京にすごい漫才師がいる"と大阪の芸人の中ですごい噂になった」という注目の若手。赤もみじが漫才を生披露すると、村田の荒々しいツッコミがスタジを沸かせる。おぎやはぎのような漫才をしていたことについて真意を問うと、村田...more
カテゴリー:

「目が笑ってない...こいつもっと性格悪くて、もっと闇があるはず」麒麟・川島の本質を見抜いた人物とは?:あちこちオードリー - 08月02日(日)20:26 

普段は言わないことも、ついしゃべっちゃう! オードリー春日俊彰の店で、常連客の若林正恭と、今注目の有名人をゲストに迎えて送るぶっちゃけトーク番組「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(毎週火曜深夜1時30分放送)。7月28日(火)の放送は、前週に引き続き"芸の幅広めな"川島明(麒麟)、市川紗椰の2人が来店し、多趣味な市川の謎すぎるこだわりや、川島の「じゃない方芸人」から脱却した道のりなどを語った。相撲、電車、アニメ...多趣味な市川がハマったハンバーグ多趣味を活かし様々な番組で活躍している市川。相撲好きで知られるが、他のスポーツは観ないそうで、特に球技は「ちょっとだけ意味がわかってないです(笑)」と。サッカーW杯の試合を見たものの、「1時間半走り回って1-0とか、ちょっと薄いかなって......」と、得点に動きのあるアメフトやバスケなどと比べると物足りないのだという。大好きな相撲については、最初は「現代離れしているところが魅力的」とビジュアルから入り、観戦するようになってからは「シンプルだからこそ奥深さがある」とハマっていったのだそう。また、電車好きは物心ついた頃からで、アメリカで生活していたときも日本に遊びに来る度、新鮮な気持ちで鉄道を見られるのが楽しみだったという。中でも、性能やデザイン性などが「走っている地域の特色を色濃く現わしている」特急が好きだと、電車愛を語った...more
カテゴリー:

麒麟・川島に「M-1」撤退を決意させたのは、オードリー若林の〇〇だった:あちこちオードリー - 07月26日(日)20:58 

普段は言わないことも、ついしゃべっちゃう! オードリー春日俊彰の店で、常連客の若林正恭と、今注目の有名人をゲストに迎えて送るぶっちゃけトーク番組「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(毎週火曜深夜1時30分放送)。7月21日(火)の放送は、MCからひな壇までこなす川島明(麒麟)、モデルから報道番組まで務める市川紗椰の"芸の幅が広めな2人"が来店。意外な悩みや、ワイドショーに対する思いをぶちまけた!川島が「M-1」撤退を決意した瞬間麒麟と言えば、2001年の第一回「M-1グランプリ」に無名ながら決勝進出を果たし、審査員の松本人志から絶賛されたことで、広く知れ渡るようになったコンビ。当時、芸歴2年の22歳。決勝の夜からレギュラー6本が決まるなど、一躍売れっ子となった麒麟だったが、"あの松本人志が絶賛した麒麟"と紹介されるためハードルが上がり、「まあ1年間スベるんですよ」と川島。松本人志の"秘蔵っ子"ではなく、間違って"隠し子"と言われたこともあるのだとか。しかし、レギュラー6本全てが1年間で終わってしまう。番組ではトークの実力が足らず、また劇場ではテレビに出ている若手に厳しいこともあり全くウケない。川島は、M-1後の試練となった「2002年が一番辛かったですかね」と振り返る。また、今では仲のいい朋友だが、笑い飯と千鳥との出会いは最悪だったという。当時、売れっ子の麒麟のことが気...more
カテゴリー: