秘密のケンミンSHOW!岡山熱愛!超豪華ばら寿司!沖縄おばあ伝説…この後

2019年5月16日(木)放送 日本テレビ   木   20:54-21:00

関連ニュース

青森の津軽弁は標準語にない発音があるため、ひらがな、カタカナで完全に表せない - 05月18日(土)23:10  news

「すぃね」「しね?」「すぃね」「しね?」という無意味な問答に津軽弁の難易度の高さを見た! http://news.livedoor.com/article/detail/16477101/ 5月16日放送の「秘密のケンミンSHOW」では青森県民に学ぶ津軽弁講座を放送。 久しぶりの津軽弁講座に日本全国のケンミンSHOWファンが沸き立った。 まず学んだのはおじいちゃん青森県民のこの難解な津軽弁だ。 どうやら娘の話をしているらしいことはわかるのだが、中身がさっぱりわからない。では問題文を見てみよう。 娘はけんさつとめて けんのひとどいっしょになって こど...
»続きを読む
カテゴリー:

「すぃね」「しね?」「すぃね」「しね?」という無意味な問答に津軽弁の難易度の高さを見た! - 05月18日(土)06:38 

5月16日放送の「秘密のケンミンSHOW」では青森県民に学ぶ津軽弁講座を放送。久しぶりの津軽弁講座に日本全国のケンミンSHOWファンが沸き立った。まず学んだのはおじいちゃん青森県民のこの難解な津軽弁だ。どうやら娘の話をしているらしいことはわかるのだが、中身がさっぱりわからない。では問題文を見てみよう。娘はけんさつとめてけんのひとどいっしょになってこどししこうまいだこの問題文のポイントは、「けんさつとめて」の「けん」にある。これが「県」だとわかれば、あとはなし崩し的に問題が解けていくだろう。そう、「娘は県に勤めて県の人と一緒になって」と言っているのだ。意外に難しい単語はここまで出てこないので文意が見えてくる。だがそこで行き詰まる。「こどししこうまいだ」一体これは何語だろう?降参して青森県民に教わるしかない。解説によると、「今年ひ孫が生まれた」だそうだ。「こどし」は今年、「うまいだ」は生まれた、と言われると訛ってるだけだと気づく。問題は「しこ」これが「ひ孫」というのはあまりにも難易度が高すぎる。ということは最初の「娘」は孫娘のことで、孫が県庁で働いて結婚してひ孫が生まれた、というおめでたい話を語っていたことがわかった。次の問題文はさらにレベルが上がる。「これから何をするんですか?」と聞いたスタッフに津軽おばあちゃんがこう答えた。なあーにってみなはだげちょしたりなんぼがなぁただあすんでら...more
カテゴリー:

地元”神戸”の企業として神戸を盛り上げます!神戸まつり限定!鉄板で炒めたカレー焼ビーフンを販売!おっサン商店街最長30mの行列ができる店 - 05月13日(月)10:00 

[ケンミン食品株式会社]  ケンミン食品株式会社(兵庫県神戸市・代表取締役社長:高村一成)は、5月19日(日)に開催される第49回神戸まつりのおっサン商店街会場にて焼ビーフンブースを出店いたします。鉄板で香ばしく炒めた焼ビーフンを販...
カテゴリー:

他県民には理解不能?群馬県伊勢崎市では、もんじゃ焼きにアレとかソ... - 05月10日(金)21:34 

「秘密のケンミンSHOW」ではケンミン熱愛グルメとして、日本中の各県独特のメニューを取り上げてきた。他県では知られていないオリジナリティに驚きつつも、どれもこれもおいしそうで食欲をかき立てるもの...
カテゴリー:

【方言】「すぃね」「しね?」「すぃね」「しね?」という無意味な問答に津軽弁の難易度の高さを見た! - 05月18日(土)21:34  newsplus

5月16日放送の「秘密のケンミンSHOW」では青森県民に学ぶ津軽弁講座を放送。久しぶりの津軽弁講座に日本全国のケンミンSHOWファンが沸き立った。 まず学んだのはおじいちゃん青森県民のこの難解な津軽弁だ。どうやら娘の話をしているらしいことはわかるのだが、中身がさっぱりわからない。では問題文を見てみよう。 娘はけんさつとめて けんのひとどいっしょになって こどししこうまいだ この問題文のポイントは、「けんさつとめて」の「けん」にある。これが「県」だとわかれば、あとはなし崩し的に問題が解けていくだろう。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「すぃね」「しね?」「すぃね」「しね?」という無意味な問答に津軽... - 05月17日(金)20:08 

5月16日放送の「秘密のケンミンSHOW」では青森県民に学ぶ津軽弁講座を放送。久しぶりの津軽弁講座に日本全国のケンミンSHOWファンが沸き立った。 まず学んだのはおじいちゃん青森県民のこの...
カテゴリー:

他県民には理解不能?群馬県伊勢崎市では、もんじゃ焼きにアレとかソレを入れるんだって! - 05月11日(土)03:53 

「秘密のケンミンSHOW」ではケンミン熱愛グルメとして、日本中の各県独特のメニューを取り上げてきた。他県では知られていないオリジナリティに驚きつつも、どれもこれもおいしそうで食欲をかき立てるものばかりだ。だが5月9日の放送で取り上げられた群馬県の「伊勢崎もんじゃ」は正直、これまでの県民グルメを超越していて、食べたい!と即座にはならないものだった。はっきり言うがその感性、よくわからない。だってもんじゃ焼きに何入れちゃってるの?群馬県伊勢崎市では、もんじゃ焼きが市民から愛され、老若男女みんなが大好きだという。もんじゃ焼きといえば東京の下町で食され、特に月島の名物となっているあの料理だ。ギャンブル好きの群馬県民が集う伊勢崎オートレース場にたむろする若者たちにもんじゃ焼きについて聞くと「大好き!」と威勢良く答える。それはいいのだが、もんじゃ焼きに「いちごシロップ入れるんですよ」と平気な顔で言うではないか。もんじゃ焼きにいちごシロップ?わからない。意味がわからないよ。そんな当惑も気にせず「この辺で育った人は子どもの頃からもんじゃ焼きにはいちごシロップ!」と平然と続ける。だってもんじゃ焼きだよ?なぜシロップ?しかもいちごなの?ひょっとしたら変わり者の若者たちだったのかもしれない。だが伊勢崎市では誰に聞いても「もんじゃ焼きにはいちごシロップ!」となぜかドヤ顔で言うのだ。女子二人連れに至っては、「...more
カテゴリー: