ビニールハウス

2019年10月16日(水)放送 フジテレビ   水   2:05-3:00

「ビニールハウス」の動画

関連ニュース

【北海道】高級バナナづくり、寒い釧路で挑む - 12月05日(木)09:58  newsplus

https://www.asahi.com/sp/articles/ASMD44G9MMD4IIPE00F.html?iref=sp_area_hokkaido_list_n 北海道)高級バナナづくり、寒い釧路で挑む 日増しに寒さが厳しくなるなか、ビニールハウスの中で育っているのはバナナだ。釧路市の農業会社が、北海道では珍しい高級バナナの出荷に向け、栽培に取り組んでいる。 「北海道Skyファーム」の同市新野にあるハウス約5千平方メートルに、バナナの苗が約900本植えられている。現在の高さは約50センチ。庄司栄二さん(49)らが室温を24~30度に保ち、水をやり、古い葉や皮を取り除いている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

鮮やか柿の「カーテン」 干し柿作り最盛期  - 12月02日(月)08:00 

佐賀市大和町松梅地区で干し柿作りが最盛期を迎えている。山間部で農地が少ない同地区では晩秋から冬にかけての干し柿作りが伝統。小屋やビニールハウスに皮がむかれた実がつるされ、山里を彩っている。 専業で干し柿を生産する上野耕太郎さん(73)方では、11月から収穫や皮むきなど連日作業に追われている。上野さんは「やや裏年で数は例年の7割ほどだが、玉太りはいい。干し始めてからは気候に恵まれ、ここまで順調」と話す。 1カ月ほど天日と寒風にさらされて風味豊かな干し柿に仕上がり、今月中旬から九州一円に出荷される。
カテゴリー:

【社会】新品種イチゴ「いちごさん」の親苗盗難 海外流出に懸念 佐賀 - 11月25日(月)21:52  newsplus

新品種イチゴの苗盗難=増殖用、海外流出懸念―佐賀  佐賀県は25日、昨年初出荷した新品種のイチゴ「いちごさん」の苗十数株が、唐津市の畑から盗まれたと発表した。  増殖用で、海外などで不正に生産される懸念があるという。  県園芸課によると、所有者の農家の男性が9日午後、株を増殖するための「親苗」を植えているビニールハウスを確認したところ、盗まれていることに気付いた。  男性は21日に県警唐津署に被害届を提出。  同署は窃盗容疑で捜査している。  「いちごさん」は7年の開発期間を経て、2018年...
»続きを読む
カテゴリー:

休業2カ月の労災を隠蔽 種苗生産・販売業者を書類送検 淡路労基署 - 11月25日(月)05:11 

 兵庫・淡路労働基準監督署は、休業4日以上の労働災害が発生したにもかかわらず労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして、田中種苗㈱(兵庫県洲本市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。平成31年1月、同社労働者が足を負傷して2カ月休業する労働災害が発生している。  労災は、淡路市内のビニールハウス工事現場で発生した。労働者が高所作業台車から……[続きを読む]
カテゴリー:

乾燥大麻30キロ押収、暴力団幹部ら6人逮捕 北海道 - 11月21日(木)01:26 

 北海道警は、営利目的で大麻を栽培したり、所持したりしたとして大麻取締法違反容疑で、指定暴力団山口組系誠友会幹部、高橋義之容疑者(47)ら6人を逮捕した。北斗市内のビニールハウスから、乾燥大麻約30キロ(末端価格1億1千万円相当)を押収。暴力団の資金源とみて調べる。
カテゴリー:

いよいよクリスマス ポインセチア出荷が最盛期 熊本・山鹿 - 12月03日(火)18:56 

 クリスマスの装飾で人気があるポインセチアの出荷が熊本県山鹿市の「チブサン洋花園」で最盛期を迎えている。深紅に染まったビニールハウスでは従業員が総出で余分な葉を摘んで形を整え、一つ一つ丁寧にラッピングしていた。
カテゴリー:

「Paidy」が2019年12月23日より ミッドタウン・タワーにオフィス移転 - 11月29日(金)12:00 

株式会社Paidy(本社 : 東京都港区、代表取締役社長:杉江 陸、以下Paidy)は、オフィス機能を拡張するため、2019年12月23日付にて本社をミッドタウン・タワー(東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー 12階)に移転いたします。CONCEPT新オフィスは『Paidyとともに力強く成長する場所』をコンセプトにデザインされました。季節や地域を問わずどんな環境下でも多種多彩な農作物を育てられるグリーンハウスをシンボルに、変化が激しく予測が難しいFintech業界において、Paidyは常にお客様に寄り添ったサービスを提供するというメッセージを込めています。このコンセプトのもと、環境変化にレジリエント(強靭)に対応するチームのあり方を、ビニールハウスでグリーンを育み(※イメージ1)、段々畑でアイディアを耕す(※イメージ2)ということに例え、事業の成長とともにフレキシブルに空間構成を変えられる設計にしています。新オフィスにおいてPaidyは、新しい決済や金融サービスの実装を加速するとともに、サービスクオリティの向上、業務効率化を図ってまいります。新オフィス所在地:〒107-6212 東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー12階電話番号の変更はございません。(代)03-5545-5975■「Paidy翌月払い」について「Paidy翌月払い」は、翌月おまとめ払いのEC向け...more
カテゴリー:

「阿蘇」でだって出来る。元高校教師が作る国産コーヒーは、寒さを味方にした未知の味 ——熊本・後藤コーヒーファーム - 11月25日(月)10:00 

なんと、日本の三大コーヒー産地(沖縄、奄美、小笠原)ではない場所でも、国産のコーヒーはすくすく育っていました。その場所は……熊本?元高校教師の後藤先生こと後藤至成さんは、熊本県立阿蘇中央高等学校赴任時に生徒と一緒にコーヒー栽培をスタート。退職した現在は、南阿蘇村で村の農地を借りてコーヒー栽培を続けています。熊本で生まれたコーヒーは、一体、どんな味がするんだろう?コーヒー作りのきっかけは「阿蘇」への転勤でした後藤先生がコーヒーを作っている阿蘇地域は、北緯32.5度。一般的にコーヒー作りに向いているとされる「コーヒーベルト」は北緯25度〜南緯25度なので、そこからはだいぶ外れた場所に位置しています。後藤先生がそれでも阿蘇にこだわる理由のひとつは、阿蘇にはおいしいものを生み出す環境がそろっていると感じたから。農家の息子として育ち、大学で農業を学び、その後も農業の先生として勤め上げた後藤先生の最初の直感がコーヒーに結びつくのは、もうしばらく後の話になります。 「17年前(2002年)に転勤で阿蘇に来たんですが、阿蘇の涼しい気候や豊富な水源は、農業にとって非常に魅力的なポイントだと思いました。実際に阿蘇でとれる農産物はおいしいんです。ただ、当時、その割にはあまり評価されていないような感じがしていました」 “阿蘇産の農産物のおいしさを...more
カテゴリー:

【北海道】乙部、北斗に大麻製造拠点 驚く近隣住民「まさかこんな所で」 所持、栽培疑いで6人逮捕 - 11月23日(土)00:51  newsplus

【乙部、北斗】大麻取締法違反(営利目的の所持、栽培)の疑いで、江差署が七飯町大川の暴力団幹部、無職高橋義之容疑者(47)ら計6人を逮捕した事件は、乙部町の山中の畑で育てた大麻が、北斗市のビニールハウスに運ばれて乾燥されていた。乙部町や北斗市の住民は大麻の製造拠点の存在に驚いている。  「まさかこんな所で…。以前はアスパラガスやトマトの畑だったが、大麻畑になっていたなんて」。乙部町の畑の近くに住む農業の女性(62)は言葉を失った。  大麻畑は乙部町の中心部から約7キロ離れており、周囲に民家はない...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDI等/IoTでビニールハウス燃料の配送効率化 - 11月19日(火)13:56 

KDDIや西都農業協同組合(JA西都)など6者は11月19日、国内の第一次産業で初のセルラーLPWA(LTE-M)を用いたIoT重油燃料監視システムのサービス提供と運用を開始した。 <システムイメージ図> <燃料タンクに […]
カテゴリー:

もっと見る