やすらぎの刻

2019年8月20日(火)放送 テレビ朝日   月,火,水,木,金   12:30-12:50

「やすらぎの刻」の動画

関連ニュース

中居正広、劇団ひとり&古市憲寿とホテルプールへ!中居&古市の距離がぐっと縮む!? - 09月21日(土)11:41 

中居正広が“土曜・お昼の顔”になり、話題のニュースを独自の切り口で解説していく新感覚ニュース番組『中居正広のニュースな会』。9月21日(土)の放送の同番組では、「ニュースな会~特別編~」と題し、中居の発案で日頃から忙しい毎日を過ごす古市憲寿を劇団ひとりと一緒に連れ出し、“ニュースな場所”でおもてなしする。©テレビ朝日同番組でも、毎回コメンテーターとして的確な意見を述べている古市。時間があってもインドアな遊びか家で小説原稿を書いてばかり、という古市を外に連れ出し、「アクティブに楽しめる“ニュースな場所”」に案内する。中居と劇団ひとりが「ぜひ古市を連れて行きたい」というニュースな場所。それは、都会のど真ん中にあるホテルのプール、幕張の超大型ショッピングモール、そして横丁スタイルの大人気焼肉店。2020年の東京オリンピックに向け大リニューアルを実施し、若者たちの間でも「映える!」と人気のホテルプールでは、「プールなんてめったに行かない」という古市と、中居・劇団ひとりが3人でインスタ映えを狙って写真撮影。ホテル推奨の“映えるスポット”でカラフルなボールやフロート(浮き輪)などを使って大はしゃぎする。普段はスタジオで小競り合いをする中居と古市の距離がぐっと縮む瞬間も…?◇さらに、幕張のショッピングモールでは最新鋭のスポーツマシンを楽しめる施設へ。超進化系のバッティングマシーンやトランポリンと...more
カテゴリー:

柳生博、連ドラ20年ぶり出演「僕にとってこの作品が最後のドラマ」 - 09月20日(金)09:01 

俳優で司会者としても活躍した柳生博(82)がテレビ朝日系「やすらぎの刻~道」(月~金曜後0・30)に出演することが19日、分かった。連ドラにレギュラー出演するの…
カテゴリー:

【テレビ】梅宮アンナ、辰夫&クラウディアさんのダブル介護に「やっぱり旦那さんいないときついかな」 - 09月12日(木)05:01  mnewsplus

梅宮アンナ、辰夫&クラウディアさんのダブル介護に「やっぱり旦那さんいないときついかな」 [ 2019年9月10日 13:28 ] https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/10/kiji/20190910s00041000142000c.html 梅宮アンナPhoto By スポニチ  タレントの梅宮アンナ(46)が10日、テレビ朝日「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演。父で俳優の梅宮辰夫(81)と、母のクラウディアさんのダブル介護で感じた率直な思いを打ち明けた。  アンナは今年3月に更新したブログで、辰夫が前立腺がんと尿管がんの手術を受けてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【帯ドラマ劇場 週刊やすらぎの刻~道】しのが妊娠、父親は死んだ三平 「私でいいの?」「ああ、俺でよかったら」 - 09月02日(月)11:00 

 徴兵を拒否した三平(風間晋之介)の自殺に続き、公次(宮田俊哉)の戦死が知らされ悲しみのどん底の根来家。公次の死んだ日付は、公平(風間俊介)たちが自宅の庭先で敬礼する公次の姿を見たあの日だった。やはり公次は兄弟に別れのあいさつに来ていたのだ。
カテゴリー:

柳生博「最後のドラマ出演のつもり」『やすらぎの刻~道』で約20年ぶりの連ドラレギュラー - 09月20日(金)13:25 

巨匠・倉本聰×テレビ朝日がタッグを組んで送る、テレビ朝日開局60周年記念 帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』。今年4月にスタートして以来、脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム『やすらぎの郷』の人間模様、そして、根来しの(清野菜名)・公平(風間俊介)夫妻の一代記を綴る『道』という2つの世界を絶妙なバランスで描いている。©テレビ朝日『道』パートでは今後、物語が“平成”に突入。橋爪功、風吹ジュンが主演のバトンを受け継いでいくが、そんな『道』の第2章ともいえる“平成編”に、名優・柳生博の出演が決定。柳生が連続ドラマにレギュラー出演するのは約20年ぶりのこととなる。柳生が演じるのは、村のまとめ役ともいうべき存在の男、“荒木”の晩年。昭和編では気鋭の若手俳優・須森隆文が挑んだ役柄で、貧しさゆえに娘のおりんをいわゆる“人買い”に売り、戦時中は軍部にへつらい、どさくさに紛れて集落をまとめるポジションにおさまった小狡い男。平成編では、やはり集落のいざこざをおさめる立場として登場。橋爪演じる公平と、さまざま関わっていく。©テレビ朝日バラエティー番組への出演などは続けてきたものの、長時間、拘束されるドラマや映画は「ほとんどすべてオファーを断ってきた」と言う柳生。今回久々に連続ドラマ出演を決意したのは、かつてともにドラマ作りに携わった倉本氏との“運命の再会”が大きかったと打ち明け...more
カテゴリー:

【ドラマ】柳生博、連ドラ20年ぶり出演「僕にとってこの作品が最後のドラマ」 - 09月20日(金)05:08  mnewsplus

9/20(金) 5:00 サンケイスポーツ 柳生博、連ドラ20年ぶり出演「僕にとってこの作品が最後のドラマ」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000507-sanspo-ent 20年ぶりの連ドラ出演で、橋爪(左から2人目)らとの共演を楽しむ柳生(同5人目)  俳優で司会者としても活躍した柳生博(82)がテレビ朝日系「やすらぎの刻~道」(月~金曜後0・30)に出演することが19日、分かった。連ドラにレギュラー出演するのは20年ぶりで、生活拠点である山梨・八ケ岳で親交のある脚本家、倉本聰氏(84)と偶然再...
»続きを読む
カテゴリー:

【帯ドラマ劇場 週刊やすらぎの刻~道】公平がトラックにひかれたワケ 「しのと剛から離れたくない」 - 09月09日(月)11:10 

 しの(清野菜名)と公平(風間俊介)との間に生まれた赤ちゃんは男の子だった。しのの希望で、剛(たける)と名付けられ、ゴウと呼んだ。
カテゴリー: