ザンビ

2019年3月27日(水)放送 日本テレビ   水   0:59-1:29

関連ニュース

ビクトリア滝も枯渇、数千万人を襲う飢え アフリカが目の当たりにする気候変動の影響 - 12月16日(月)17:15 

アフリカ南部ジンバブエとザンビアの国境にあるビクトリアの滝。かつては切り立った崖を大瀑布(ばくふ)が流れ落ち、辺り一体が水煙に覆われていた。 ところが何年も続いた干ばつの影響で、滝はほとんどが弱々しい小川のような流れと化し、かつて生い茂っていた豊かな植生は枯れ果てた。 世界食糧計画によると、ジンバブエだけでも700万人以上が飢えにさらされ、アフリカ南部ではさらに4500万人が飢えのリスクに直面...
カテゴリー:

ウエスタンユニオンが日本へのクロスボーダー 決済サービスを開始 - 12月13日(金)10:11 

デンバー、東京発、--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --クロスボーダー・マルチカレンシーの資金移動サービスにおけるグローバルリーダーであるウエスタンユニオン(NYSE: WU)と日本国内の資金移動業者であるCITY EXPRESS MONEY TRANSFER JAPAN株式会社 (以下:City Express)は海外顧客から企業へのクロスボーダー(C2B)決済サービスを開始しました。これにより、世界の中古車ファンはビィ・フォアードが運営するECサイト beforward.jp における中古車購入の新しい決済手段として、現地のウエスタンユニオン取扱店から現地通貨での現金支払いができるようになります。また、現地の銀行からの口座送金と比べても、圧倒的なスピードと、安価な手数料で決済が可能になるため、海外顧客とビィ・フォアードの双方にとっても大きなメリットがあります。 本サービスは、ウエスタンユニオンのQuick Pay℠サービスを使い、バハマ、チリ、コンゴ民主共和国、モンゴル、ニュージーランド、タンザニア、ウガンダ、ザンビアの8か国でサービスを開始しました。(対
カテゴリー:

仙台がシマオ・マテと契約更新! 今季のJリーグ優秀選手賞にも選ばれる「カニマンボ」 - 12月11日(水)15:45 

 ベガルタ仙台は11日、モザンビーク代表DFシマオ・マテと2020シーズンの契約を更新したとクラブ公式サイトを通じて発表した。  シマオ・マテは1988年6月23日生まれの現在31歳。かつてはレバンテ
カテゴリー:

途上国の医学教育必要 秋田大医学部生、都内のシンポで発表 - 12月09日(月)06:57 

 医療関係者らでつくる「現場からの医療改革推進協議会」のシンポジウムが8日、東京・港区の建築会館で開かれた。アフリカのザンビアで医療支援活動をしている秋田大医学部5年の宮地貴士さん(22)が、医学教育…
カテゴリー:

『「THE PLANET 3」PRECIOUS MOMENTS 高砂淳二 地球が輝く瞬間』第6回:「Blessing from the sea モザンビーク海峡からの贈り物」を公開 - 12月04日(水)13:00 

株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、自然写真家 高砂淳二氏によるスペシャルコンテンツ、『「THE PLANET 3」PRECIOUS MOMENTS 高砂淳二 地球が輝く瞬間』の第6回を、2019年12月4日(水)より公開します。 URL: https://www.nikon-image.com/sp/theplanet/ 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/200272/LL_img_200272_1.jpg 画像1 『「THE PLANET 3」PRECIOUS MOMENTS 高砂淳二 地球が...
カテゴリー:

【COP25閉幕】「パリ協定」ルールの一部は合意できず 小泉環境相「冒頭は石炭祭りだったが日本の存在感が高まった」 - 12月16日(月)07:48  newsplus

地球温暖化対策の国連の会議、「COP25」はおよそ40時間にわたる延長交渉の末、対策の強化を各国に促すことを盛り込んだ成果文書を採択して閉幕しました。一方で、「パリ協定」のルールの一部については合意できず、課題を抱えたまま「パリ協定」が始まることになります。 190を超える国と地域が参加してスペインで開かれていた「COP25」は、温室効果ガスの削減目標を引き上げるよう各国に促す記述や、来年から始まる温暖化対策の国際的な枠組み、「パリ協定」の実施に必要なルールの一部をめぐって意見がまとまらず、およそ40時...
»続きを読む
カテゴリー:

<ベガルタ>DFシマオマテ、FW長沢が残留 - 12月12日(木)06:05 

J1仙台は11日、DFシマオマテ(31)=180センチ、78キロ=、FW長沢駿(31)=192センチ、82キロ=とそれぞれ来季の契約を結んだと発表した。 元モザンビーク代表のシマオマテは今季、アルアハ
カテゴリー:

【アフリカ】ビクトリアの滝がカラカラ 気候変動の影響か - 12月09日(月)14:28  newsplus

2019/12/9 11:36 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191209-00010003-reutv-m_est アフリカのジンバブエとザンビアの国境にある世界遺産、ビクトリアの滝が、100年ぶりといわれる最悪の干ばつに襲われ、 干上がっている。観光にも影響が出る恐れがある。 アフリカ南部、ザンベジ川にあるビクトリアの滝の素晴らしい眺めを楽しむため、この数十年間、 何百万人もの観光客がジンバブエやザンビアを訪れてきた。 それが今や、100年ぶりといわれる干ばつで水量が大幅減少。 気候変動がこの観光名所を破壊する恐れが高まっている...
»続きを読む
カテゴリー:

アンダーセン・グローバルがモザンビークの基盤を拡大 - 12月04日(水)17:51 

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、協力事務所のIsálcio Mahanjane Advogado & Associadosがベイラ市に新オフィスを開設し、モザンビークにおける基盤が拡大したことを発表します。マプトにも拠点を有するIsálcio Mahanjane Advogado & Associadosは、2018年8月に協力事務所となりました。 マネジングパートナーのIsálcio Mahanjaneが統括する同事務所は、企業および個人向けにあらゆる法務分野における質の高いサービスを提供しています。具体的には、商法および会社法、銀行および金融法、労働法、不動産管理、石油・ガス、鉱山法、行政訴訟などを専門としています。 Mahanjaneは、次のように述べています。「ベイラに新たに拠点を設けたことにより、クライアントに最高水準のサービスを提供する大手法律事務所としての当事務所の評価が一段と高まり、これはモザンビーク全域への拡大を続ける当事務所にとって次のステップを意味します。私たちは、モザン
カテゴリー:

アフリカの人口爆発はコンドームが無い事だと判明 - 12月03日(火)12:14  poverty

人口増加に悩むアフリカに 日本の産婦人科医がやってきた ~コンドームと出産計画で世界を救え~ 結婚をしないまま出産をする女性も多く、 シングルマザーが多いことの アフリカでの問題の1つでもあります。 子供が多くなって 1人当たりにかけられる お金が少なくなりと、 教育が十分に受けれない子供を 増やすことに繋がっています。 そこで登場するのが・・・ コンドームです! 性行為をする際にコンドームを付けることを推奨し、 望まれない子供の出産を防ぎます。 実際、地方には8人兄弟などの大家族もあり、 ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る