いだてん

2019年10月19日(土)放送 NHK総合   日,土   13:05-13:50

関連ニュース

【いだてん】井之脇海「かけっこのトラウマ」乗り.. - 12月08日(日)06:01 

【いだてん】井之脇海「かけっこのトラウマ」乗り越え、聖火ランナー役(写真 全3枚) #井之脇海 #NHK #大河ドラマ #いだてん #インタビュー @nhk_td_idaten
カテゴリー:

『いだてん』松重豊が感じた大河ドラマの意義「歴史は今につながっている」 - 12月08日(日)06:00 

いよいよクライマックスに突入してきたNHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜20:00~)。1964年開催の東京オリンピックに貢献した東京都知事・東龍太郎役を演じている松重豊を直撃。大河ドラマは、時代劇『毛利元就』(97)に出演経験がある松重は、今回の『いだてん』の魅力をどう捉えたのか?
カテゴリー:

オダジョーが麻生久美子を抱きしめて…『時効警察』最終回エモすぎる恋の結末に「マジで惚れる」の声 - 12月07日(土)12:07 

金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の最終回が12月6日に放送。インターネット上では、登場人物たちとのしばしの別れを惜しむ声があった(以下、ネタバレが含まれます)。時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリジョー)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)、彩雲真空(吉岡里帆)らとともに未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディミステリー。ある日、総武署の時効管理課に、屈強な外国人が立っていた。彼は、霧山の力を借りたいとアメリカからやってきたという。24年前の時効事件を見つけた霧山は、迎えに来たアメリカ人を待たせ、まずは事件の調査をすることにした。彼が調べるのは、高校の屋上から、高飛び込み部のコーチ・祷巫女彦(少路勇介)が飛び降りて死亡した事件。屋上には誰もいなかったため、自殺として捜査されていたが、当時、高飛び込み部の元エース・雨夜翔太(山崎賢人)が飛び降り自殺を予言していたという。彼は現在、高い的中率を誇る予言者として活躍する人物。そこで、三日月と共に話を聞きにいくことにした。霧山は、雨夜に遺留品を返したのち、祷に自殺の動機がない点、そもそも雨夜が予言していた点が引っかかると伝える。雨夜は、当時コーチが透けて見えたため、友人に話してしまったと言うが、霧山はどうにも納得することができなかった。後日、当時の事件を担当し...more
カテゴリー:

『いだてん』1964年東京五輪目前!松坂桃李、聖火リレー最終走者を指名するが… - 12月07日(土)08:00 

中村勘九郎と阿部サダヲが主演を務める大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。12月8日は、第46話「炎のランナー」が放送される。 宮藤官九郎が脚…
カテゴリー:

【芸能】川口春奈が沢尻エリカの代役で魅せる「低視聴率女優」挽回決意のリベンジセクシー - 12月05日(木)21:09  mnewsplus

麻薬取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者に代わり、来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の重要役に抜擢された川口春奈。“低視聴率女王”という過去の汚名を返上するため、局サイドに“リベンジセクシー”シーンを志願しているともっぱらだ。 「沢尻は、長谷川博己が明智光秀役で主演する『麒麟がくる』で、斎藤道三の娘で織田信長の正妻になる帰蝶(濃姫)という重要役で、すでに10話を収録していました。しかし逮捕で降板を余儀なくされ、NHKは代役探しに奔走。何人もの女優がリスクあるピンチヒッターを断った末、川口が敢然と引き...
»続きを読む
カテゴリー:

井之脇海:「いだてん」最終聖火ランナー・坂井義則役 “集大成”担い重… - 12月08日(日)06:00 

 宮藤官九郎さんが脚本を手掛けた2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の放送も残すところあと2回となった。1964年の東京オリンピックの準備は大詰めとなり、12月8…
カテゴリー:

「やりたくてやってるんだ」『いだてん』ヒロインたちの反撃に、現代の私たちがスカッとする理由 - 12月07日(土)17:00 

『いだてん』は、日本の近代史において女性たちが走り続けてきた様を描いた物語でもある。 それはまるでマラソンのように、あるいはオリンピックの聖火リレーのように、走り続ける人が継承される物語だ。ひとりひとり…
カテゴリー:

浜辺美波がイタリアで魅力爆発…ネットは「ロケーションが素晴らしすぎて動く写真集」の声『アナザースカイII』 - 12月07日(土)12:05 

浜辺美波が、12月6日に放送された『アナザースカイII』(日本テレビ系、毎週金曜23:00~)に出演。インターネット上では、美しい彼女に魅了される視聴者が多くいた。今回、彼女が訪れたのは、イタリアのサルデーニャ島。彼女の名前を英語に直訳すると「Beach Beautiful Wave」ということから「地中海の美しいビーチ」を見てみたいと選んだという。浜辺は石川県出身。祖母の家の近くに海があり「美波」と名付けたほど海とは関係性が深い。普段はインドアながら「サルデーニャなんて勇気がないと来ることができない」とロケだからこそ訪れられた街だと明かした。ロケ中、グルメを楽しむシーンが多くあり、食べることが大好きだと語る浜辺。普段は自炊して1人で食べていると言い、芸能界で出来た友人の家に遊びにいったことがないとのこと。その理由として「最初と最後が見えないというか……」と明かし、MCの今田耕司と広瀬アリスを困らせる。行く前は「お菓子を持っていいのかな? 大人の方だと……」と悩み、最後はいつ帰宅すればいいのか、帰るタイミングを見失ってしまうと吐露した。今回、ロケを通じて様々なことを経験した浜辺は、自身が感受性や想像力が足りなく、普段からバリアを張っていると告白。傷つくことを恐れて殻に閉じこもっていたが、自分を変えるために、イタリアでホームパーティーに参加したり、料理を習ったりと「初体験」を多くこな...more
カテゴリー:

仲野太賀「事務所には止められたけど…」“ある監督”の誘いを受け、強行日程でカンヌに向かった理由 - 12月06日(金)19:54 

©テレビ朝日ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)でゆとり世代のモンスター社員を演じてブレークし、ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)、映画『淵に立つ』(2016年)、映画『50回目のファーストキス』など数多くのドラマ、映画に出演。シリアスからコメディーまで変貌自在に演じ分ける若手実力派俳優として引っ張りだこの仲野太賀さん。2020年2月7日(金)には、元乃木坂46の衛藤美彩さんとW主演をつとめた映画『静かな雨』の公開も控えている。©テレビ朝日◆作品に臨むときは「最初で最後」の覚悟で10代の頃から演技力を高く評価されていた太賀さんだが、知名度も飛躍的に高まったのが2016年。映画『淵に立つ』(深田晃司監督)で第38回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞したもこの年だった。「2016年は本当に転換期だったのかもしれないですね」-深田監督とは映画『ほとりの朔子』(2014年)が最初ですか?-「そうです。全部で3本やらせていただいてるんですけれども、最初『ほとりの朔子』に出させていただいたときは、僕はまだ18か19歳で、まだまだ無名でした。ですがご縁があって出演させていただくことになって、『こんな日本映画を作る人がいるんだ』という驚きと、『これは絶対に良い作品になる』という確信がずっとありました。実際に公開になったら、小規模な作品ではありましたが、反響も大きかっ...more
カテゴリー:

『いだてん』1964年東京五輪目前!松坂桃李、聖火リレー最終走者を指名するが… - 12月05日(木)16:13 

中村勘九郎と阿部サダヲが主演を務める大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』(NHK総合、毎週日曜20:00~)。12月8日は、第46話「炎のランナー」が放送される。宮藤官九郎が脚本を務める本作は、日本で初めてオリンピックに参加した金栗四三(中村)と、日本にオリンピックを招致した男・田畑政治(阿部)が主人公。日本が初めて参加し、大惨敗を喫した1912年の「ストックホルム」、幻となった1940年の「東京」と敗戦、復興、そして平和への祈り。1964年の東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い”が刻まれた激動の半世紀を豪華キャストで紡いでいく。いよいよ1964年となり聖火リレーの準備は大詰め。岩田幸彰(松坂桃李)は最終走者として、原爆投下の日に広島で生まれた青年(井之脇海)を提案するが、政府に忖度する組織委員会で反対にあう。政府は、アメリカの対日感情を刺激することを恐れていた。平和の祭典としての五輪を理想とする田畑は解任以来初めて組織委員会に乗り込む。アメリカとどう向き合うべきか――。外交官出身の平沢和重(星野源)が秘策を思いつく。 関連リンク 新田真剣佑がサクラへのプロポーズから百合へのハグ!怒涛の展開にネット大混乱「なんでやねーーーーん」 滝沢カレ...more
カテゴリー:

もっと見る