沸騰ワード

2019年11月29日(金)放送 日本テレビ   日,金   19:00-20:54

「沸騰ワード」の動画

関連ニュース

『嵐にしやがれ』『有吉の壁』などTVerでリアルタイム視聴可能に!日テレ系32番組、無料ライブ配信トライアル - 09月17日(木)11:05 

在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビ)が運営する民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、日本テレビ、読売テレビ、中京テレビの プライムタイム(19時~23時)を中心とした合計32番組が、2020年10月3日(土)19時から12月までの3か月間、実験的に無料ライブ配信されることが決定した。今回のライブ配信は、3局共同の取り組みとして「テレビ番組の新しい楽しみ方を提供するため」のトライアルとなる。テレビが無い環境でも、スマートフォン、タブレット、PCで人気番組の数々を地上波と同時に、リアルタイムで視聴することができる。ライブ配信終了後は、引き続きTVerで見逃し配信される(一部番組を除く)。 ※ライブ配信は、テレビアプリ及びChromecastを利用した視聴はできません。【ライブ配信番組】■月曜よる・19時『有吉ゼミ』・21時『人生が変わる1分間の深イイ話』・22時『しゃべくり007』・23時『news zero』・23時59分『月曜から夜ふかし』■火曜よる・19時『火曜サプライズ』・19時56分『踊る!さんま御殿!!』・21時『ザ!世界仰天ニュース』・22時『幸せ!ボンビーガール』・23時『news zero』・23時59分『ウチのガヤがすみません!』■水曜よる・19時『有吉の壁』・19時56分『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』...more
カテゴリー:

小芝風花『妖怪シェアハウス』での様々な“困り顔”に視聴者「特許を!」「見てるだけで楽しい」 - 09月13日(日)11:13 

小芝風花主演のオリジナルホラーコメディ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第7話が9月12日に放送。インターネット上では、小芝の“表情”や松本まりかの“奥の深いセリフ”に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、主人公の目黒澪(小芝)が直面するトラブルを“超おせっかい”な妖怪たちが次々と解決していくホラーコメディ。澪は、編集プロダクションに勤務しており、ある日のこと「(妻から)離婚を切り出されたんだ……」と職場の上司・原島響人(大東駿介)から告白され、彼との間に気まずい雰囲気が流れていた。澪は自分を変えるため、過去の不幸エピソードを並べた童話の原案を原島に見せる。すると児童文学の賞レースへ提出することを勧められた。翌朝、座敷童子(池谷のぶえ)が不在のため、朝からぬらりひょん(大倉孝二)がカレーをふるまう。一様にいつもの生活を送っているようだが、のんべ(毎熊克哉)だけは「みんな気をつけろ。座敷童子が留守の間は必ずと言っていいほど不幸が起こる」と警戒を呼びかけた。原島に手伝ってもらいながら原稿を進めていく澪。とうとう彼から離婚したことを明かされる。原島のことを思いながら一人での帰り道、どこからともなくうめき声が聞こえてきた。恐怖に包まれるが、水岡譲(味方良介)が救助に。難を逃れたものの、今度は部屋で髪の毛を引っ張られるような感覚に襲われる。部屋も揺れ...more
カテゴリー:

かまいたち濱家、不条理な展開に困惑!?視聴者は「泣き顔負け顔困り顔が存分に発揮」と絶賛『全力!脱力タイムズ』 - 09月13日(日)09:13 

女優・立花恵理と、お笑いコンビ・かまいたちの濱家隆一が、9月11日に放送された『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系、毎週金曜23:00〜)に、ゲストコメンテーターとして出演。「コンプライアンス強化週間」でピリピリするスタジオの雰囲気を和らげるため、濱家が解説フリップのミスにツッコミを連発し、笑いに変えようと奮闘する姿に注目が集まった。世界各地の最新ニュースや、日本で論点となっている問題を、有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”するような切り口で解説するニュースバラエティ。MCはアリタ哲平ことくりぃむしちゅーの有田哲平が務め、キャスターを小澤陽子アナが担当する。今回のテーマは「2020年上半期のヒット商品を総ざらい」。全力解説員で、元経産省官僚・経済学者の岸博幸が「ステイホームによって生活に大きな変化があった」と解説をはじめるが、その最中、突然アリタのイヤホンに何かを指示する声が。アリタいわく、フジテレビでは現在コンプライアンス強化週間であり、番組内で正しい日本語や情報が使われているか、社会規範やモラルを遵守した表現になっているかをチェックしているという。「もし間違いがあったら、うまくツッコミを入れて、番組のミスを“笑い”に変えてほしい」と、アリタは濱家に懇願。濱家は「ムリムリ」と尻込みしながらも、番組中に登場するフリップに続々見つかるミスにツッコミを入れまくる。「あつ森...more
カテゴリー:

クロちゃんは即失格!パンチラ厳禁「ミニスカート陸上」に視聴者爆笑「この世のお笑いで一番面白い」 - 09月12日(土)17:43 

くりぃむしちゅー(上田晋也、有田哲平)がMCを務める『くりぃむナンチャラ』(テレビ朝日系、毎週金曜26:20~ ※一部地域を除く)が、9月11日に放送。この日は「ミニスカート陸上2020+1メモリアル大会」が行われ、次長課長(河本準一、井上聡)、ダイアンの津田篤宏、安田大サーカスのクロちゃんが出演した。「ミニスカート陸上」は、芸人たちがひざ上15cmのミニスカを履き、パンチラをしないように気をつけながら様々な競技に挑戦する名物企画の一つ。有田から「こういうの得意そうですよね」と聞かれたクロちゃんは「僕、男性用ブラジャーとかはたまに着けたりするんで、パンティとのセットは合うと思いますね」と回答し、出演者の笑いを誘っていた。しかし、番組の女性スタッフがディレクターデビューを果たしたことで、クロちゃんのパンチラにNGが出てしまい、競技が始まる前から有田はクロちゃんに失格を宣告。クロちゃんはAB(アシスタントボーイ)のTシャツに着替え、番組のサポートに回ることとなった。今回は上田、河本、井上、津田がミニスカート姿で30mハードルに挑戦。真夏の大会だけあり、有田や他の参加者は体育館で待機しながら、走る選手だけが炎天下のグラウンドに出ていくことに。最初は河本と、アシスタントのクロちゃんがグラウンドへ向かったが、体育館とグラウンドは中継で結ばれておらず、有田がいくら話しかけても2人には声が聞こえ...more
カテゴリー:

宝塚養成学校に密着…元宝塚男役・初嶺麿代のキラーワードや指導の熱さに視聴者興奮!『沸騰ワード10』 - 09月12日(土)14:54 

『沸騰ワード10』(日本テレビ系、毎週金曜19:56~)の2時間SPが9月11日に放送。宝塚養成学校密着企画が再始動した。同番組では、一般の人は聞いたことがないが、特定の業界内で話題にのぼっている超ホットなワードを徹底調査。ディレクターが日本・世界を駆け巡り、半年後に絶対ブームになる「流行の源泉」を紹介する業界リサーチバラエティ。MCは、設楽統(バナナマン)、岩田絵里奈アナウンサーが務める。昨年冬から、合格率4%と言われる宝塚音楽学校の養成スクールに密着中。元宝塚の男役・初嶺麿代が講師を担っており、夢見る女子中高生たちへの指導に当たっている。生徒の中には、おなじみの姿も。高校1年生になったけいかさん、前回は2次試験で涙を飲んだ高校3年生のちはるさん、両親との約束で1回限りの受験だったものの、今年も受験できることになったゆうさんがいた。取材日は、真夏の模擬試験直前レッスンの日。感染対策のため、マスクをしたままノンストップで踊る面々。VTRを見ていたゲストの出川哲朗は「マスクしながら踊るのって本当に大変なんですよ」と彼女たちの気持ちを汲み取る。設楽が笑いつつ「やられてたんですか?」と問うと「横浜のディスコで踊ったりしていたんで」とコメント。マスクをしながら? とさらに追及されると「マスクはしていないんですけど……私は何を喋っているんだ?」とセルフツッコミで笑いを誘った。コロナ期間でレッ...more
カテゴリー:

【テレビ】日テレ系プライムタイム番組が「TVer」でライブ配信 10・3から3ヶ月トライアル実施 - 09月17日(木)05:45  mnewsplus

9/17(木) 5:00配信 オリコン https://news.yahoo.co.jp/articles/fd93736166689d596f7b954ebe7d2465f23be5e0  日本テレビ(東京)・読売テレビ(大阪)・中京テレビ(愛知)が、3社共同の取り組みとして2020年10月3日から12月までの3ヶ月間、地上波プライムタイムを中心に全32番組を、民放公式テレビポータル「TVer」で無料ライブ配信するサービス「日テレ系ライブ配信」を実施することを発表した。  テレビが無い環境でも、スマホやPCで人気番組の数々を地上波と同時に、リアルタイムで視聴可能で、「テレビ番組の新しい楽しみ方...
»続きを読む
カテゴリー:

六角精児『相棒』卒業の理由と“最後のスター”水谷豊への思いを語る - 09月13日(日)11:03 

六角精児が、9月12日に放送された阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演。鑑識役でブレイクしたドラマ『相棒』(テレビ朝日系)を卒業した本当の理由と「心の支え」と語る水谷豊への思いを語った。今やドラマ・映画に欠かせない名脇役として活躍の六角は、バンド活動から呑み鉄の番組まで、幅広い分野で才能を発揮し、多趣味で多彩な自由人としても注目されている。阿川から、「役者さんと音楽と鉄道のウエイトとしては?」「ギャラの大きさは変わらない?」と尋ねられると、「3万円のギャラがもらえる芝居と、10万円のギャラがもらえる芝居ができたらすげぇなと思う」と笑い、どの仕事に対しても真摯に取り組んでいると話す。また、人生の転機となった『相棒』を辞めた理由について、「気が付いたら鑑識の役を16年やっていて、普通の鑑識より鑑識の役が長いんじゃないかなって思ったんですよね。これがまたずーっと続いてるうちに、他の役をやりたいなって気持ちになるわけですよ。他の役をやるっていう時間みたいなものも必要かもしれないなと思って、(辞める)数年前に自分から、水谷豊さんに相談しながら、卒業させて、鑑識はね。そういう風にしました」と告白。阿川が「あの番組は水谷さんが一種のプロデューサーみたい(な存在)?」と尋ねると、「プロデューサーは他にいますけど、心の支えは水谷豊さんだと思います。水谷さ...more
カテゴリー:

中居正広、ヤンキー仕様の学生かばんをテレビ初公開「何かに使えるかなと思って取っておいた」『新・日本男児と中居』 - 09月12日(土)18:15 

中居正広、日本テレビアナウンサー・後呂有紗らが出演する『新・日本男児と中居』(日本テレビ系、毎週金曜24:30~)。9月11日の放送には、令和の時代にリーゼントや変形制服を着こなす「今日俺型 ヤンキー2.0男児」が登場。中居が32年前実際に使用していたというヤンキー仕様の学生かばんもテレビ初公開された。「新しい常識で生きる男達」=「新・日本男児」たちをゲストに迎え、ただの非常識とは違う、言われてみれば意外と考えてしまう、新時代にふさわしい“新しい信念”を持つ男達とトークを繰り広げる番組。ゲストとして「旧・CHA-CHA男児」の勝俣州和、「新・友達ゼロモデル男児」のよしあきが出演した。80年代ヤンキーの生活をコミカルに描いたドラマシリーズ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)が大ヒットし、同作の劇場版映画も興行収入が50億円を突破。いま、新日本男児のあいだでヤンキーのファッションや生き様に注目する「今日俺ブーム」が巻き起こっているという。今回の日本男児ゲストは、令和の時代にリーゼントや変形制服を着こなす「今日俺型 ヤンキー2.0男児」の田中一基さんと森将優也さん。学ランにリーゼント、そしてサングラスという見るからに威圧的なその姿に「(スタジオに)来る時、不手際なかったですか? うちのスタッフ」と心配する中居。「なんかあったらヤっちゃっていいですから…… 2人が出るまでもない! 俺が行き...more
カテゴリー:

青森出身・王林がガイド!ディープな現地スポット5選 - 09月12日(土)15:15 

9月11日(金)放送の『沸騰ワード10』は、青森出身のりんご娘・王林に密着。今回は、青森に取り憑かれた王林だからこそ知る「東京の人達が知らないような、県民だから知ってる魅力」を教えてくれるという。王林行きつけの“激熱みそラーメン”まず訪れたのは、王林が小学生の頃から青森の第二の母と慕い通い続ける行きつけのラーメン店「峰」。注文したのは、一見普通の「みそラーメン」だが…。食べ始めると、王林が悲鳴をあげ始めた。実は、こちらのラーメンは沸騰直前まで熱したスープを、大量のごま油の膜で閉じ込めた激熱ラーメン。王林いわく「峰のラーメン食べた後はあげた(上顎)も全部火傷する。それが峰のラーメンって感じ」と、ヤケド覚悟でもアツアツを食べたくなる寒い雪国ならではの一杯だそう。幻のとうもろこし「嶽きみ」続いては、りんご娘のメンバー・ときの運転で、「この時期だったらみんな買いに行く」という「嶽きみ」をゲットしに行くとのこと。到着したのは、とうもろこし畑。青森(津軽弁)では、とうもろこしのことを「きみ」と呼ぶそうで、「嶽きみ」は地元で様々な料理にも使われる青森県民のソウルフードとのこと。その多くが地元で消費されるため、県外にはほとんど出回らないという。さっそく、収穫した「嶽きみ」を生のままかぶりつく二人。高原地帯である嶽地区の激しい昼夜の寒暖差により、糖度は高級メロン...more
カテゴリー:

大野智が2人の怪物くんを演じ分け!高い演技力に視聴者も称賛「天才と永遠に思う」「鳥肌立った」 - 09月06日(日)11:19 

嵐の大野智が主演を務めるドラマ『怪物くん』(日本テレビ※関東ローカル)の第3話「坊っちゃんが二人!?ザマス」が、9月5日に再放送された(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、藤子不二雄Aの同名コミックを原作に、怪物ランドの王子である怪物くんとお供たちが人間界で繰り広げる愉快痛快、奇々怪々な騒動を描いたホラーコメディ。主人公の怪物くんを大野が演じるほか、ドラキュラを八嶋智人、オオカミ男をダチョウ倶楽部の上島竜兵、フランケンをチェ・ホンマンが演じている。第3話は、ヒロシ(濱田龍臣)の持っている「魔法石」を巡る物語が展開。地域の運動会の二人三脚にヒロシと参加して1位になった怪物くんは、その結果を「魔法石」の力によるものだと気づかず、ヒロシとの“友情パワー”のおかげだと勘違い。「そうか、俺とヒロシは友達か」と改めて友達であることに気づいた怪物くんだったが、ある日、偶然見てしまったヒロシの書きかけの作文に、自分の“悪口”が書いてあったことから激昂。「友達やめだ! せっかく友達になってやったのによ!」とヒロシとの関係を解消してしまう。一方、お供の3人は、怪物大王(鹿賀丈史)と爺や(半海一晃)から「魔法石」を早急に取り戻すように命じられる。「魔法石」には、怪物くんの念力を使えるようにする力だけではなく、人間界、悪魔界、怪物界の均衡を司る力もあるという。しかし、その事実を知ったアックマー(津田寛治...more
カテゴリー:

もっと見る