ヒルナンデス!

2020年1月10日(金)放送 日本テレビ   金   11:55-13:55

「ヒルナンデス!」の動画

関連ニュース

【音楽】<槇原敬之>“拒絶”の声が急騰!「歌詞を眺めるだけでも吐き気がする」 ★.2 - 02月16日(日)23:33  mnewsplus

シンガーソングライターの槇原敬之容疑者が2月13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで、警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。 逮捕を受けて、日本テレビは槇原容疑者が作詞、作曲、歌唱している『ヒルナンデス!』のオープニング曲を別の曲に差し替えることを決定した。 「槇原容疑者の曲を自粛する動きは、他局にも広まっています。テレビ朝日では『じゅん散歩』のテーマソング『一歩一会』が、ビートルズの『Here Comes The Sun』に差し替えられました。また、槇原容疑者自身がパーソナリティー...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】『ヒルナンデス!』ファッション対決に疑問の声…「毎回アフターがダサい」 - 02月16日(日)03:06  mnewsplus

ファッションプロデューサーで?オネエタレント?としても活躍している植松晃士が審査役を務める、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)の名物企画「格安コーデバトル」。そのセンスを巡ってたびたび物議を醸している同コーナーが、最新2月11日の放送でまたも視聴者から苦言を呈されてしまった。 同コーナーは、2チームが決められた予算内にてショッピングモールで全身コーディネート対決を行い、どちらがよりオシャレだったかを植松がジャッジするという内容。また、途中には一般の買い物客のファッションを評価し、周辺店舗で購入した...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】槇原敬之さんの曲に「罪」はあるのか? 過剰反応とバッシングがダメな理由 - 02月15日(土)16:06  mnewsplus

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤を所持していたなどとして警視庁に逮捕された事件で、槙原さんの楽曲使用を控える動きがマスメディア上で広がっている。 槇原さんが社歌を製作していた関西テレビは当面の使用禁止を早々に発表し、日本テレビは昼の情報番組「ヒルナンデス!」のテーマソング使用を見合わせ、テレビ朝日も「じゅん散歩」のテーマ曲の差し替え検討を発表した。 まだ逮捕段階であり、推定無罪の原則はどこにいったのかと思ってしまう。インターネット上でも「幻滅」「またか」という言葉で、槇原さんへのバッシングが強まっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】NHK「チコちゃん」槇原敬之容疑者手掛けた楽曲差し替えずに放送 - 02月14日(金)20:52  mnewsplus

 NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」(金曜後7・57)は14日、覚醒剤と危険ドラッグを所持した疑いで13日に逮捕された歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が手掛けた楽曲 「大好きって意味だよ」を差し替えずに放送した。  番組エンディング曲「大好きって意味だよ」は、槇原容疑者が作詞・作曲を担当。過去には同局の人気音楽番組「みんなのうた」2019年4・5月の曲としても放送された。  槇原容疑者の逮捕が明らかになってから各局は対応に追われ、日本テレビ「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)は14日、テー...
»続きを読む
カテゴリー:

日テレ「ヒルナンデス!」も槙原容疑者の曲差し替え - 02月14日(金)14:27 

 シンガー・ソングライターの槙原敬之(のりゆき)(本名・範之)容疑者(50)が13日に覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(指定薬物の所持)容疑で逮捕されたことを受け、各テレビ局は対応に追われた。テレビ朝日は14日放送の「じゅん散歩」(月~金曜午前9時55分)で、テーマ曲として使っていた
カテゴリー:

【音楽】<槇原敬之>“拒絶”の声が急騰!「歌詞を眺めるだけでも吐き気がする」 - 02月16日(日)20:16  mnewsplus

シンガーソングライターの槇原敬之容疑者が2月13日、覚せい剤取締法違反(所持)と医薬品医療機器法違反(所持)の疑いで、警視庁組織犯罪対策5課に逮捕された。 逮捕を受けて、日本テレビは槇原容疑者が作詞、作曲、歌唱している『ヒルナンデス!』のオープニング曲を別の曲に差し替えることを決定した。 「槇原容疑者の曲を自粛する動きは、他局にも広まっています。テレビ朝日では『じゅん散歩』のテーマソング『一歩一会』が、ビートルズの『Here Comes The Sun』に差し替えられました。また、槇原容疑者自身がパーソナリティ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】槇原敬之さんの曲に「罪」はあるのか? 過剰反応とバッシングがダメな理由 ★2 - 02月16日(日)01:50  mnewsplus

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤を所持していたなどとして警視庁に逮捕された事件で、槙原さんの楽曲使用を控える動きがマスメディア上で広がっている。 槇原さんが社歌を製作していた関西テレビは当面の使用禁止を早々に発表し、日本テレビは昼の情報番組「ヒルナンデス!」のテーマソング使用を見合わせ、テレビ朝日も「じゅん散歩」のテーマ曲の差し替え検討を発表した。 まだ逮捕段階であり、推定無罪の原則はどこにいったのかと思ってしまう。インターネット上でも「幻滅」「またか」という言葉で、槇原さんへのバッシングが強ま...
»続きを読む
カテゴリー:

槇原敬之容疑者、2年前自宅から薬物と吸引パイプ見つかっていた…2度目使用に余波広がる - 02月15日(土)09:27 

 シンガー・ソングライター、槇原敬之容疑者(50)が覚せい剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕されて一夜明けた14日、余波はさらなる広がりをみせた。日本テレビ系「ヒルナンデス!」はテーマ曲を“封印”し、ラジオ番組は打ち切りが決定。同容疑者のSNSは閲覧できなくなった。また、警視庁が2018年に当時の自宅を家宅捜索した際、薬物とともに吸引用とみられるガラス製パイプが見つかっていたことも判明。同容疑者はこの日朝、送検された。
カテゴリー:

槇原敬之さんの曲に「罪」はあるのか? 過剰反応とバッシングがダメな理由 - 02月14日(金)17:59 

歌手の槇原敬之容疑者が覚醒剤を所持していたなどとして警視庁に逮捕された事件で、槙原さんの楽曲使用を控える動きがマスメディア上で広がっている。槙原さんが社歌を製作していた関西テレビは当面の使用禁止を早々に発表し、日本テレビは昼の情報番組「ヒルナンデス!」のテーマソング使用を見合わせ、テレビ朝日も「じゅん散歩」のテーマ曲の差し替え検討を発表した。まだ逮捕段階であり、推定無罪の原則はどこにいったのかと思ってしまう。インターネット上でも「幻滅」「またか」という言葉で、槙原さんへのバッシングが強まっている。メディアの対応も、こうした声とリンクしているように見える。 過剰反応でいいのか?芸能人の薬物問題で毎回のことだが、メディア上でも、エビデンスに基づかないバッシングにつながるような過剰反応が出てくる。私は薬物依存症治療や支援の現場で活動する医師や専門家の取材を重ねているが、著名人逮捕報道とその反応を見るたびに現場の常識と、メディア・社会の常識に乖離があると感じさせられている。薬物犯罪の捜査機関、薬物依存症の専門家、当事者団体が一致しているのは、バッシングで解決するほど薬物問題は甘くないという「事実」である。何度も繰り返し書いてきたが、今回も指摘しておこう。精神科医の松本俊彦ら、薬物依存症の専門家たちの言葉を借りれば「覚せい剤の依存症って、簡単にいうと脳がクスリによる快楽でハイジャッ...more
カテゴリー:

【テレビ】日テレ「ヒルナンデス!」 槇原容疑者手掛けたテーマ曲を差し替えて放送 - 02月14日(金)12:10  mnewsplus

 覚醒剤と危険ドラッグを所持した疑いで、歌手の槇原敬之(本名・範之)容疑者(50)が13日に警視庁に逮捕されたことを受け、槇原容疑者が手掛けた 「LUNCH TIME WARS」をオープニングと、エンディングのテーマ曲として使用している日本テレビ「ヒルナンデス!」(月~金曜前11・55)は14日、 同曲を差し替えて放送した。  槇原容疑者の逮捕が明らかとなった13日、同局は対応に追われ、14日放送分の差し替えを決定していた。  逮捕容疑は18年4月11日、東京都港区のマンションの一室で覚醒剤0・083グラム、同3月30日に同じ部...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る