激レアさんを連れてきた。

2021年2月22日(月)放送 テレビ朝日   月   23:15-0:15

「激レアさんを連れてきた。」の動画

関連ニュース

弘中綾香「結婚も、出産も、離婚もあるかも?(笑)」 30歳の抱負 | ananweb - マガジンハウス - 03月02日(火)19:40 

愛くるしいルックスと抜群のトークセンスで「好きな女性アナウンサー」1位に選ばれた弘中綾香さんの初著書『弘中綾香の純度100%』が発売された。話す職業である弘中さんが「書く」という形を選んだ理由は「自分の言いたいことを100%言い切りたいから」。「SNSじゃ足りないです。精査熟考した長文でないと言い切れた感は感じられなくて。でも最初は公表するつもりもなく湧き上がる思いを自分のためにただ書いていました」エッセイには青春時代のことから働く女性としての現在地まで、飾らない“弘中イズム”が綴られる。「本音すぎて読み返してみると気恥ずかしいです…。だから30年くらい寝かせて『あの頃こうだったな』って懐かしく読み返せたらな」発売日の2月12日は、30歳の誕生日。同書には“人生の先輩”3人との30代をテーマにした対談も。「30代になることには気後れや恐れもあったんです。でも30代、どう生きるべきかを先輩方に伺ってみたら、歳を重ねることは熟す喜びでもあると気づきました。あと30歳は“若い女の子”枠から抜けるタイミング。それもどうなるか楽しみです」「会社員として駆け抜けた」という20代。30代もスピード感をもって変わり続けていくつもりだ。「新しいことに挑戦したいし、同じところにとどまっていたくない。職業や住む国も変えてもいいし、まだこれから何にでもなれる。結婚も、出産も、離婚もあるかも?(笑)」その無...more
カテゴリー:

安達祐実、“世界一”になったヒモ夫の衝撃行動に大ブーイング!「信じられない」 - 03月01日(月)11:09 

激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。3月1日(月)の放送では、安達祐実と平成ノブシコブシ・吉村崇をゲストに迎え、2人の“激レアさん”を紹介する。1人目は、「1ミリも才能が無いのに25年間、ひたすら卓球だけをやりつづけていたら35歳で奇跡を起こしちゃった人」ことイワキさん。選手の低年齢化が進む日本卓球界において、イワキさんは20201年1月に快挙を成し遂げている。若いトップランカーが日本一をかけて戦う「全日本卓球選手権」に、超遅咲き35歳で初出場したのだ。30代半ばでのデビューは異例中の異例。なぜこのようなことが実現できたのか?もともと”泥沼レベルの凝り性”だというイワキさんは、小学5年生で卓球部に入部。ラリーがつづくことが楽しくて一瞬で卓球にハマった。そんなイワキさんのお父さんは京大を卒業後、弁護士として働くエリート。息子にも自分と同じ道を歩んでもらうのが夢だった。しかし、あっという間に卓球に夢中になったイワキさんは、学生時代のほとんどを卓球優先で過ごすことに。一方で練習量は誰にも負けないのに、まったく卓球の技術は上達しないままだった。それでも卓球をつづけたイワキさん。弁護士になるという父親との約束はどうしたのか? さらに、卓球が弱いのにどうやって全日本卓球選手権に出場したのか?...more
カテゴリー:

最高1日12番組に出演!“人が良すぎるスーパーの店主”秋葉さんに「真の第7世代を見た」と反響 - 02月23日(火)11:51 

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、2月22日に放送。この日は、“度を超えて人が良すぎるせいで、年間300本以上ニュースのインタビューを受けているスーパーの店主”ことスーパーアキダイの社長・秋葉弘道さんが登場し、インターネット上では「真の第7世代を見た」と話題になった。同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日は客員研究員として水原希子、カズレーザー(メイプル超合金)が出演した。2020年のテレビ出演本数は約300本の秋葉さんは、昨年大活躍したフワちゃん(330回)やぺこぱ(309回)に匹敵する出演回数で、多い日は1日12番組、1か月間で最高65回も出演していたという。ある日のテレビ出演スケジュールを表示すると、うち7番組がTBSだったことから、カズレーザーが「TBSが秋葉さんに頼りすぎじゃないですか?」とツッコミ。秋葉さんは「受ける番組、受けない番組があると、自分が逆の立場なら嫌なので気づいたら全て受けるように」と、取材を断る選択肢はないと返答した。しかも、出演は全てノーギャラであることが説明されると、「人に道を聞かれてお金を請求する人はいないですよね? まぁそういうことです」と発言。するとカズレー...more
カテゴリー:

マツコ・デラックス、指原莉乃に並ぶ年間テレビ出演回数!“人が良すぎるスーパーの店主”が登場 - 02月22日(月)07:00 

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、2月22日に放送される。この日は、“35歳でやっと自分が超大食いだと気…
カテゴリー:

マツコ・デラックス、指原莉乃に並ぶ年間テレビ出演回数!“人が良すぎるスーパーの店主”が登場 - 02月19日(金)12:00 

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、2月22日に放送される。この日は、“35歳でやっと自分が超大食いだと気づき、どん底人生から一発逆転した人”、“度を超えて人が良すぎるせいで、年間300本以上ニュースのインタビューを受けているスーパーの店主”の2人が登場する。同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日はゲストの客員研究員として、水原希子、カズレーザー(メイプル超合金)が出演する。1人目の激レアさんは、“35歳でやっと自分が超大食いだと気づき、どん底人生から一発逆転した人”ことMAXスズキさん。“大食い業界”でかなり遅いスタートとなるMAXさんだが、もともとは大食いとはかけ離れた食生活を送っていたとか。今でこそフードファイターとして認知されているが、35歳までは「どうしようもねぇ生活を送っていました」と振り返る。ギャンブル好きで、女性も大好き。そんな生き様をまさに体現している、かつての姿が写っている写真を大公開する。“どうしようもねぇ生活”を送る中でMAXさんの心の拠り所はギャンブルと女性だったが、実はもう1つ心の支えがあった。それが大食い番組。もともと親が大食い番組好きで物心ついていたときから見ていた...more
カテゴリー:

「才能ゼロから35歳で全日本選手権出場」の激レアさん登場!卓球ファーストの半生に「メンタルお化け過ぎる」 - 03月02日(火)14:37 

若林正恭(オードリー)と弘中綾香アナウンサーが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系、毎週月曜23:15~)が、3月1日に放送。この日は、“センスゼロなのに25年間卓球を頑張り続けたら35歳で奇跡的な大快挙を成し遂げた人”ことイワキさんが登場。インターネット上では「素直にかっこよくて感動しちゃった」「メンタルお化け過ぎる」と感心の声が上がった。同番組は、あまりにも珍しい“激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていくトークバラエティ。この日は客員研究員として安達祐実と吉村崇(平成ノブシコブシ)が出演した。10代や20代の若いトップランカーがしのぎを削る全日本卓球選手権に、35歳という年齢で異例の初出場を果たしたイワキさん。しかしそこまでの25年間にわたる卓球人生は、才能とは程遠いものだったという。小学5年生で卓球部に入部し「秒でハマった」というイワキさんは「寝ても覚めても卓球してたいねん!」と父・ユタカさんを泣きながら説得。将来イワキさんを弁護士にすることが夢であったユタカさんは「スポーツに熱中することが将来の司法試験に役立つのではないか」と、自宅に卓球台を購入してくれたという。父親を巻き込み、ますます卓球に邁進するイワキさん。しかしチームメイトとの練習中、自分だけスマッシュが遅いことに気づいてしまったという。しかし「どうやったら...more
カテゴリー:

【芸能】テレ朝・弘中綾香アナ「気になるフリー転身のタイミング」 - 02月27日(土)10:11  mnewsplus

2/27(土) 10:02配信 FRIDAY 初のフォトエッセイは発売前に重版の大ヒット 2月11日、ABEMAの報道番組に出演した弘中アナ。翌日のフォトエッセイ発売日は30歳の誕生日でもあった テレビ朝日の弘中綾香アナ(30)の人気が留(とど)まるところを知らない。 2月12日にフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス)が発売された。彼女の人気ぶりを示すように、予約段階で重版が決定し、早くも大ヒットの兆しが見え始めている。 「現在、オリコンの『好きな女性アナウンサーランキング』で2年連続1位に輝いている弘中...
»続きを読む
カテゴリー:

弘中綾香アナ「見透かされちゃった」と赤面!恋愛したら「とことん尽くすタイプ」 - 02月22日(月)11:33 

激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。2月22日(月)の放送では、水原希子とカズレーザーをゲストに迎え、2人の“激レアさん”を紹介する。1人目は、「35歳でやっと自分が超大食いだと気づき、どん底人生から一発逆転した人」ことMAXスズキさん。“大食い業界”でかなり遅いスタートとなるMAXさん。今でこそフードファイターとして認知されているが、もともとは大食いとはかけ離れた食生活だったとか。ギャンブル好きで、女性も大好き。住む家もなく、女性の家を転々と渡り歩くヒモのような状態で、35 歳までは「どうしようもねぇ生活を送っていました」と振り返る。そんな経験から女性を見る目には自信があるようで、弘中綾香アナウンサーについても「レベルは高いけど、1回懐に入ったらとことん尽くすタイプ」と指摘。見事に言い当てられた弘中アナウンサーが「見透かされちゃった」と顔を赤らめる場面も。そんな“どうしようもねぇ生活”を送るMAXさんだったが、心の拠り所となっていたのが大食い番組だった。もともと親が大食い番組好きで物心ついていたときから見ていたのだが、ある人物の存在を知り、35歳のときに大食いチャレンジメニューへ挑戦することを決意。そこで自分でも驚くような出来事が起こる。それまで一切、大食いのトレーニングをしていなかったMAXさんが3...more
カテゴリー:

弘中綾香「70~80点のコメントで置きにいきたくない」 好感度が高い秘密 | ananweb - マガジンハウス - 02月21日(日)20:10 

個性を楽しみ、活躍する人の、自分らしく輝くハッピー人生論とは? アナウンサー・弘中綾香さんに、自らの人生論を語っていただきました。「周りの方から『すごく楽しそう』とか『言いたいことを言えてすごい』なんて言われるんですが、ずっと自分の意見を言い合う環境で育ったので、自分では自分を特別だと思わないんです」歯切れ良い物言いと愛らしい顔立ちで、絶大な人気を集めている弘中さん。少し前は「嫌われない」ことが美徳と言われがちだったアナウンサーの世界で、「嫌われても仕方ない」とはっきり開き直る弘中さんは異彩を放ち、2年連続で「好きな女性アナ」1位に。好感度の高さは群を抜く。「しなくてもいいと思ったらしないし、意見を曲げない頑固なところもあったりして、自分に正直に生きているとは思います。ただ、自分勝手に発言したり、わがままにやっているわけではないんです。自分を起用してくれた人には、期待以上で応えたい。お互いに有意義に進むことを第一に、最初に『私はこう思います』と言うようにしています。疑問を感じてモヤモヤしながら仕事をしても、いい結果にはならないと思うから」そう考えるようになったのは、テレ朝の老舗番組『ミュージックステーション』のサブMCに抜擢された経験が大きいという。「入社して半年のことでした。ちょっと前まで大学生だった私が、タモリさんの横に座る…。なんでここにいるんだろう、もっとふさわしい人がいる...more
カテゴリー:

オードリー若林、収録中の空気を救ってくれた“ある芸人”のスキルを称賛「すごい助かる」 - 02月15日(月)10:15 

激レア”な体験を実際にした「激レアさん」をスタジオに集め、その体験談を紐解いていく番組『激レアさんを連れてきた。』。2月15日(月)の放送では、よゐこ濱口優と池田美優(みちょぱ)をゲストに迎え、2人の“激レアさん”を紹介する。1人目は、「数十キロ離れた場所で失踪した愛犬を3年かけて執念で見つけ出した人」ことタカヨさん。ペット探偵の専門家によると、ペットの失踪は年間で約4万件あり、3年後に発見する確率はおよそ1%とのこと。見つからないケースのほとんどが、別の家の飼い犬になる、事故や病気で亡くなる、野犬の群れに加入する、の3つに当てはまるという。しかし、タカヨ家の愛犬ミチちゃんはこのどれにも当てはまらず、3年間フラフラしたのち、タカヨさんたちに見つけてもらった”奇跡の犬”だ。タカヨさんたちのもとに帰ってきた当時、ミチちゃんは10歳。人間でいうと50代半ばとなり、これには若林も「老犬じゃないか!3年間よく生き延びたな!」と驚くばかり。神奈川県小田原市に住むタカヨさん一家。愛犬のミチは毎週父コウイチさんとともに散歩も兼ねて自宅から100km離れた山梨県の畑に同行させ、放し飼いにして遊ばせていた。事件が起きたのは、2009年6月のこと。車の後部座席にミチを乗せて帰宅中、トイレに行くためコンビニへ寄ろうとしたコウイチさん。車を降りて、ふと後ろを見ると後部座席のドア全開。ミチの姿がなかったのだ。...more
カテゴリー:

もっと見る