スッキリ

2019年11月7日(木)放送 日本テレビ   金   8:00-10:25

関連ニュース

【芸能】岡村隆史、重度の“独身こじらせ”に加藤浩次もあきれ顔 - 12月14日(土)22:43  mnewsplus

12月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、ナインティナインの岡村隆史(49)がゲストとして出演。旅先での異様な行動を明かし、MCの加藤浩次(50)や、同じくゲスト出演していた賀来賢人(30)を驚かせていた。 この日、“クイズッス”のコーナーで、12月11日に行われた映画『決算!忠臣蔵』の大ヒット御礼舞台あいさつの様子を紹介。その流れで、ダブル主演を務めた岡村と堤真一(55)がVTRで登場してクイズを出題し、ドラマ『ニッポンノワール‐刑事Yの反乱‐』(同局系)の番宣でゲスト出演していた賀来...
»続きを読む
カテゴリー:

LGBTQ、生理ちゃん、タピオカ…今年“流行ったもの”をチェック! | ananweb - マガジンハウス - 12月14日(土)18:30 

心をとらえて離さない、もっともっと知りたいと思わせるそんな力を持ったコンテンツが熱いムーブメントを生んでいる。トレンドに詳しい識者たちに、そんな“今、熱狂を巻き起こしているもの”について伺いました!ネットフリックス、Amazonプライム…。世界中が動画配信サービスに夢中。テレビや映画に加え、私たちのエンタメにおいて欠かせない存在となった動画配信サービス。その流れは、日本だけでなく全世界でも同様だという。「予算をかけた面白いオリジナル作品や、バイヤーが努力をして買い付けた新しい作品を手軽に見られること。それが、エンタメ好きの“新しいものを見たい”という心に刺さりました。最近、アメリカでは、ケーブルテレビを解約する“コードカッターズ”、一度もケーブルテレビを使ったことのない“コードネバーズ”と呼ばれる人たちの割合が増加し、呼び名とともに話題に。また、気になる子を家に誘う時の文句も、これまでの『カウチ!(=ケーブルテレビを家に見に来ない?)』に対し、『ネットフリックス見ない?』に変化。そのくらい、私たちの生活に不可欠なものとなりました。また、11月にローンチされたApple TV+のほか、大手スタジオが次々と自社サービスを開始予定。さらに盛り上がること必至です」(映画ライター・よしひろまさみちさん)バラエティ番組は、自分を肯定できる作品がヒット。日本で大ヒットしているネットフリックスのコ...more
カテゴリー:

【芸能】加藤浩次「鬼滅の刃、全巻読んでる。面白い。引っ張りがあんまりなくて展開がすごく速い」 ★2 - 12月14日(土)11:22  mnewsplus

https://www.narinari.com/Nd/20191257531.html 2019/12/13 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50歳)が、12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。人気マンガ「鬼滅の刃」を娘に勧められて「全巻読んでいる。面白いよね」と語った。 加藤は「マンガでいう引っ張りというのがあんまりなくて、展開がすごく速い。自分の推しが決められる部分と、鬼と呼ばれる敵のバックボーンがちゃんと描かれている。今、とんでもないクライマックスに入ってるんですよ」と自身の分析を披露。 また、加藤は娘から誰推...
»続きを読む
カテゴリー:

椿鬼奴「鬼滅の刃」愛を語る 「ジャンプ史上一番優しい主人公じゃないか…」 - 12月14日(土)02:41  livejupiter

 タレントの椿鬼奴が13日、日本テレビ系「スッキリ」で、週刊少年ジャンプで連載の大人気漫画「鬼滅の刃」への愛を存分に語った。  番組では、社会現象ともなっている「鬼滅の刃」について特集。16年からジャンプで連載されている吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)氏の漫画で、人を食う鬼があふれる大正時代が舞台。家族を殺され、妹を鬼にされた主人公・竈門炭次郎が鬼退治に行くというバトル漫画だ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】加藤浩次「鬼滅の刃、全巻読んでる。面白い。引っ張りがあんまりなくて展開がすごく速い」 - 12月13日(金)19:39  mnewsplus

https://www.narinari.com/Nd/20191257531.html 2019/12/13 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(50歳)が、12月13日に放送された情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に出演。人気マンガ「鬼滅の刃」を娘に勧められて「全巻読んでいる。面白いよね」と語った。 加藤は「マンガでいう引っ張りというのがあんまりなくて、展開がすごく速い。自分の推しが決められる部分と、鬼と呼ばれる敵のバックボーンがちゃんと描かれている。今、とんでもないクライマックスに入ってるんですよ」と自身の分析を披露。 また、加藤は娘から...
»続きを読む
カテゴリー:

岡本夏生が蓮舫とアイドルユニットだった闇を暴露 - 12月14日(土)20:51  news

「スッキリ!!」名物の「ナゾの男」が「バブルの化け物の登場でーす」と紹介したのは、黒革のボディコンにムキムキ、ムチまで持った岡本夏生。 レディー・ガガもかくやといういでたちは、自らの冠番組のPR会見だ。 「こにゃにちわー」と会見に現れた岡本は、「十数年レギュラー番組がなかったのに、突然、冠番組から再浮上しまして、これをやり遂げたら、芸能界ではあとはヘアヌード出して、暴露本出して退散ですよ」とかまして、会見場は大爆笑となった。 キャスターのテリー伊藤は岡本の意外なところを見ていた。 「食生活がし...
»続きを読む
カテゴリー:

ふたご座流星群の活動、14日夜がピークに - 12月14日(土)11:35 

2019/12/14 06:10 ウェザーニュース14日(土)夜、出現する流星数では年間最大の流星群である「ふたご座流星群」が活動のピークを迎えます。気になる天気ですが、日本海側を中心に雨や雪のスッキリしない天気になるため、日本海側での流星観測は難しそうです。一方、 西日本・東日本の太平洋側では観測のチャンス大。師走らしい寒さで夜はグッと冷え込みます。流星観測には万全の防寒が欠かせません。ピーク時には1時間に40個以上の流星が見れる予想★ピーク予想 12月15日(日) 2時頃★母天体   ファエトン(小惑星)ふたご座流星群は、出現する流星数の多さから、1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と共に「3大流星群」の1つとされています。月齢18の明るい月が放射点のあるふたご座に位置して一晩中夜空を照らしているため、今年の条件はあまり良くありません。アストロアーツ社によると、好条件のときには1時間あたり100個ほど見えることもある流星群ですが、今年は空の条件の良いところでも1時間あたり15~20個前後、視界が開けていないところで実際に見えるのは5~10個ほどと予想されるとのことです。流れ星は空のあちらこちらに飛ぶので、月があるふたご座の方向よりは、そこから離れた方向を中心に広く空を見渡たした方がよく見られそうです。ふたご座流星群の特徴は? (1)毎年、多くの流星が出現毎...more
カテゴリー:

今日あった”幸せなこと”は何ですか?ママたちのエピソードを聞きました - 12月14日(土)06:00 

朝起きてから夜眠るまで単調な毎日のようですが、日々のできごとは少しずつ変化しますよね。そんな日々の中で、あなたは幸せを実感する場面はありますか? ママスタBBSには、あたたかく優しい気持ちになるコメントがたくさん寄せられた投稿がありました。 『みなさん、今日1日幸せなことはありましたか?    教えてください』 筆者はこの投稿を夜寝る前に見つけて読み、とても幸せな気持ちで眠りました。そして翌朝になってまたこの投稿を見ると、コメントはすでに100を超え、その後も増え続けていました。ママたちがコメントしてくれた「今日あった幸せなこと」は、どんなことだったのか紹介したいと思います。 子どもの成長は、ママのとっておきの幸せ! 寄せられたコメントは、家族のことや仕事のこと、今日食べた美味しいものなどさまざまな分野にわたっていました。その中から特に多かったコメントは、子どもに関することでした。 『結婚して3年目にしてやっと妊娠……わかった日です』 『今朝、出産しました!    母子ともに健康!    幸せです!』 新しい命の誕生、おめでとうございます。そして新しいママの誕生もおめでとうございます! 『7ヶ月の娘が、今日初めてウサギを見て声を出して喜んでた。ほっこりした』 『1歳5ヶ月の娘が初めて自分でオムツを持ってきてくれた。ちゃんとオムツを替えるって分かってくれてたことが嬉しくて、いっぱい褒...more
カテゴリー:

「買いだめした」「手放せない」SNSで絶賛されてるダイソーの“洗顔パフ” 本当に凄かった - 12月13日(金)20:21 

DAISO(ダイソー)の「こんにゃくパフ」がSNSで話題です。顔にくるくるするだけで、角質がスッキリしてお肌すべすべに。一度使ったらもう手放せません。View Entire Post ›
カテゴリー:

【漫画】椿鬼奴「鬼滅の刃」愛を語る 「ジャンプ史上一番優しい主人公じゃないか…」★2 - 12月13日(金)19:24  mnewsplus

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/12/13/0012956311.shtml 2019.12.13  タレントの椿鬼奴が13日、日本テレビ系「スッキリ」で、週刊少年ジャンプで連載の大人気漫画「鬼滅の刃」への愛を存分に語った。  番組では、社会現象ともなっている「鬼滅の刃」について特集。16年からジャンプで連載されている吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)氏の漫画で、人を食う鬼があふれる大正時代が舞台。家族を殺され、妹を鬼にされた主人公・竈門炭次郎が鬼退治に行くというバトル漫画だ。  この漫画の大ファンとして知られるのが鬼奴。...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る