家、ついて行ってイイですか?

2020年1月14日(火)放送 テレビ東京   火,水   21:00-22:00

「家、ついて行ってイイですか?」の動画

関連ニュース

ダブル不倫が横行! お騒がせ元国会議員・上西小百合が永田町の恋愛事情を暴露:じっくり聞いタロウ - 01月26日(日)20:28 

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。1月23日(木)の放送では、元国会議員の上西小百合が国会議員になった一部始終から永田町の裏側までを大暴露!もともと一般企業に勤めていた上西。「流行り物が好きで、何か募集していたら応募するのが大好きなんですよ」という彼女は、政治家育成のために設けられた「維新政治塾」に参加して日本維新の会から出馬。しかし、一般的な政党から立候補する時は政党が公認料として選挙費用をサポートしてくれるが、維新は完全自腹だったらしく、面接で「3000万円くらい出せる?」と聞かれたとか。会社員時代に資産運用していたので、費用はそこから出資したそう。また、選挙の悩みはお金だけではなく、女性ということでハラスメント的なこともあり、「中にはモンスター有権者もいて、女性議員を女としてしか見ていない」そうで懇親会に行くと「俺は100票持っている」と票をエサにお金を求められたこともあったとか。そんな中、彼女は見事初当選するが、議員になった後も票を集めるためにいろいろな苦労を。知らない人の葬式にも頻繁に参列してお焼香。またお祭りにも頻繁に出向き、朝から30ヶ所ということもあったそうだが「顔を覚えていただかないといけないし、コミュニケーションをとれればいいなということで行くんですけど、(...more
カテゴリー:

「視聴率は関係ない」東京ではできない、地元だからこそできる事がある...復興の様子を届ける映像クリエイター:家、ついて行ってイイですか?(明け方) - 01月21日(火)23:15 

1月20日(月)に放送した「家、ついて行ってイイですか?(明け方)」(毎週月曜朝4時)では、熊本地震の被害に遭い、現在も復旧中の阿蘇神社で「火振り神事」の映像を撮影する中島昌彦さん(37歳)の家について行きました。熊本地震が起きた際、東京に奥さんを残し、仕事を辞めて実家がある熊本で暮らすようになった中島さん。現在はお父さんとお婆さんと3人暮らし。東京にいた時のお仕事はフリーランスのディレクターで、NHKやTBSで番組の制作を手掛けていたそうです。そんな中島さんの現在のお仕事は映像クリエイター。築84年の自宅に到着! 平屋建てのお家の敷地は広く、納屋では50羽近いニワトリを飼っています。お父さんの元比古さん(69歳)は突然訪れたスタッフに「昔、カレーライス屋をやっていた。シェフは僕。シェフじゃなくて主夫(笑)」とオヤジギャクをかましながら、カレーを振舞ってくれました。カレーには、納屋のニワトリの卵がのっており「美味しい~」とスタッフ。 祖母のふさ子さん(89歳)は、阿蘇神社で戦後初めて結婚式を挙げた第1号だということが判明。当時19歳で受験勉強をしていたふさ子さんですが、「学校よりもお嫁にあげたほうが片付くから」という理由で、親が勝手に結婚を決めてしまったそう。しかし、「結婚してよかったですか?」という質問に「ま、悪くなかったでしょうね」とニッコリ笑うふさ子さん。お父さんやお婆さんが...more
カテゴリー:

熊本地震で人生観が変わったディレクターが『家、ついて』に登場…阿蘇神社を撮り続ける理由とは? - 01月21日(火)12:27 

1月20日に放送された『家、ついて行ってイイですか?(明け方)』(テレビ東京系、毎週月曜27:55~)は、番組でディレクターをしていたという男性が登場した。終電を逃した人にタクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」と頼み、その人の自宅について行く“完全素人ガチバラティ”。矢作兼(おぎやはぎ)とビビる大木らが司会を務める。熊本県・阿蘇神社で行われた農業神の結婚を祝う「火振り神事」の祭りに参加している人に声をかけ、屋台の飲食代を支払う代わりに家を見せてもらうことに。そこで声をかけたのは、ボランティアで動画を撮影している中島さん(37)。阿蘇出身ながら、東京に10年ほど住んでおり、3年前に戻って来た。現在は父と祖母と実家暮らし。結婚をしているものの、熊本地震の時に東京の仕事を辞めて、中島さんだけ地元に帰ってきた。東京では、フリーランスのディレクターを10年ほどしており、NHKやTBSなどの番組を手がけたという。スタッフが訪れると、自宅は大豪邸だった。部屋もおしゃれで、地震の時に帰って来た際、倉庫だった部屋を改築。車1台分の借金をしたという。現在、テレビの仕事はしておらず、行政向けのPR映像や旅館のプロモーション映像、熊本県のPR動画を手掛けているとのこと。震度6強を観測した熊本地震だが、中島さんは、阿蘇神社の許可を得て、復旧の様子をYouTubeでアップし続けている。誰に頼...more
カテゴリー:

今泉佑唯「”好き”と告白することで、関係が崩れてしまうのが怖い」 - 01月20日(月)20:13 

連続ドラマ「100文字アイデアをドラマにした!」(毎週月曜深夜0時42分)の第3話、第4話の主演を務める今泉佑唯。この作品はテレビ東京とメディアプラットフォーム「note」がコラボした今までにない連続ドラマ。テレ東で見たいドラマを100文字で募集し、投稿されたアイデアの中からテーマが決定。その中から選んだシナリオを元に、さまざまなショートストーリーが綴られる。今回は投稿された「月がきれいですね」を元に、「彼女は『好き』が言えない」をテーマにしたラブストーリーを展開。そこで5つのショートストーリーでヒロインを演じた今泉佑唯に直撃インタビュー。作品の見どころから、彼女の恋愛価値観まで、話を聞いた!私は、好きな人がいてもそっと見ているタイプです──最初に「100文字アイデアをドラマにした!」の企画を聞いたときの感想から教えてください。「もしかしたら自分も参加できるかもしれないというワクワク感やドキドキ感がある企画だなと思いました。作文用紙一枚ぐらいになると、"考えるのが大変だな"と思っちゃいますけど、100文字だったら、あっという間に埋まっちゃうじゃないですか。気軽に誰でもドラマの原作を考えられるところに魅力を感じました」──「彼女は『好き』が言えない」というテーマです。「"好き"という言葉は日常的に使わないかもしれないけど、台本を読んで、いざ"好きが言えないとなると、こんなに不自由にな...more
カテゴリー:

毎週ワケありの美女が登場してくるテレビ東京の人気番組「家、ついて行ってイイですか?」 ヤラセだった・・・  - 01月19日(日)00:03  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/anime_loop.gif  他人の家に土足で上がり込む的なドキュメンタリー性、そこで語られる想像を超えた波乱万丈な人生ドラマがウケているバラエティー番組『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系、以下『家』)。 おぎやはぎ・矢作兼(やはぎけん)とビビる大木がMCを務める同番組の公式サイトには、《終電を逃した人に、タクシー代を払うので「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行く完全素人ガチバラエティー》と掲げられている。  だが、この《完全素人ガチ》について、たびたび“あ...
»続きを読む
カテゴリー:

パラグアイで人生を捧げた70歳日系人女性が29年の歳月を経て、愛する弟たちと再会「姉さんはどんな時も味方だった...」:世界!ニッポン行きたい人応援団 - 01月26日(日)13:16 

ニッポンに行きたくてたまらない外国人を世界で大捜索! ニッポン愛がスゴすぎる外国人をご招待する「世界!ニッポン行きたい人応援団」(毎週月曜日夜8時~)。毎回ニッポンを愛する外国人たちの熱い想いを紹介し、感動を巻き起こしています。パラグアイで日本語教育に捧げた人生遠く離れた家族の絆を繋げる企画「ニッポン里帰り応援団」の感動ストーリーをご紹介。ニッポンにルーツを持つ人たちの里帰りを応援してきたこの企画。今回は、南米パラグアイの世界遺産「イグアスの滝」上流にある、約60年前に日系移民が開拓した街・イグアスで、ニッポンに行きたい人を捜索しました。120年前に始まったニッポンから南米への移民政策。1934年に最大の移民先・ブラジルで新規受け入れが制限されると、新たな移住地として選ばれたのがパラグアイ。猛獣が潜むジャングルを切り拓き、ニッポンから持ち込んだ野菜を栽培。中でも、当時ほとんど作られていなかった大豆作りは日系人がパラグアイ全土に広め、世界第4位の輸出国にまで成長させました。現在も800人以上の日本人と日系人が暮らす街を歩いていると、何人もの人々が「こんにちは」と日本語で挨拶をしてくれます。日系人ではないのに日本語が話せる方も多いのでお話を聞くと、パラグアイでは日本語や日本文化を学ぶため、幼稚園に日本語カリキュラムが組まれているそう。日系人への信頼や尊敬から日本語を学ぶパラグアイ人が多...more
カテゴリー:

ミシュラン連続掲載の奥野義幸シェフが見据える新時代――時間と情報を味方につける戦略とは - 01月21日(火)23:07 

毎年、グルメな人が心待ちにしている『ミシュランガイド』。レストランが星をとるドラマも、最近話題になりました。『ミシュランガイド』には、星はつかずカジュアルだけれど、行く価値のある「ビブグルマン」も掲載されています。そこに開店当初から掲載され続けている人気店が、六本木のイタリアンレストラン「ラ ブリアンツァ」です。良いシェフは良い経営者でもあるべき「ラ ブリアンツァ」のオーナーシェフ 奥野義幸さんは、港区を中心に複数店舗を経営し、国内外のレストランのコンサルティング、プロデュースなど多岐に活躍するビジネスパーソンです。同時に料理人としてテレビなどのメディアに出演し、日々レストランのキッチンにも立ち続けています。奥野シェフの実家は料亭。まさに料理人になるべくしてなったようなルーツを持っています。しかし、もともと料理人になるつもりはなく、料理人のキャリアをスタートしたのは、アメリカの大学を卒業し、帰国後に一度サラリーマンを経験してから。当時10代で修業を始めることが当たり前だった料理人の世界では、遅いスタートです。▲六本木ヒルズある「ラ ブリアンツァ」。ハイクラスな人々にも愛される人気店。この料理人以前の経験が、奥野さんの現在のビジネススタイルにつながっているのかもしれません。国内外でのコンサルティング、レストランプロデュース、地域の活性化プロジェクトなど、活躍の場はレストランの外へどん...more
カテゴリー:

大切な人との「死別の悲しみ」を乗り越えることはできるのか? - 01月20日(月)21:37 

画像素材:PIXTA誰もが体験せざるを得ない「大切な人との死別」。そんな死別経験に苦しむ人々を支援してきたNPO団体が「生と死を考える会」です。こちらでは遺された者同士が率直に気持ちを話し分かち合う場や死生観について学ぶ教養講座を定期的に開催しています。大切な人を失って喪失感にさいなまれることは、長い人生の中で起こり得ること。そんな悲しみに捕らわれたときに、乗り越える方法はあるのでしょうか? 「生と死を考える会」の、理事長と事務局長にお聞きしながら探っていきます。悲しみに寄り添い回復をサポートする"グリーフケア"とは?──「生と死を考える会」では、死別の体験をお互いに話し合う「分かち合いの会」や、死生観を学ぶ教養講座を開催されているそうですが、それらに参加することは、死別を体験した人の心のケアに役立つのでしょうか。理事長「まず『分かち合いの会』についてお答えすると、役立つとは断言はできませんが、一定の効果はあると考えています。『分かち合いの会』は、専門的に言えばグリーフケアの一種。グリーフとは、直訳すれば深い悲しみや悲嘆という意味で、大切な人を失ったときに起こる身体上・精神上の変化を指しますが、グリーフケアとは、その悲しみに寄り添いケアすることで、回復をサポートする取り組みです。一対一で体験を聞いてもらうグリーフカウンセリングや、体験者同士が体験を話し合うグループワークなどがありま...more
カテゴリー:

死別の悲しみと向き合うために。死別体験を分かち合い、癒し合う「生と死を考える会」とは? - 01月20日(月)18:14 

ある日、大切な人が亡くなったら、私たちはその死をどう受け止めれば良いのでしょう。それは誰もが直面する問題です。その答えを探るために、死別の悲嘆に苦しむ人たちへの支援活動を行っているNPO法人「生と死を考える会」に足を運びました。いったいどんな活動をし、生と死に向き合っているのでしょうか。理事長と事務局長のおふたりにお話をお聞きしました。大切な人を亡くした遺族が訪れる『分かち合いの会』とは?──「生と死を考える会」の活動内容について教えてください。理事長「主な活動は3つです。死別体験者が集まり話し合う『分かち合いの会』(月5回開催)、死別して1年以上経った遺族が多く参加し、今後生きていくための情報交換や相談をし合う『ひまわりの会』、医療、文学、哲学などの幅広い視点から生と死について学ぶことを目的にした『教養講座』の3つを開催しています。『教養講座』は死別体験者だけではなく医療関係や福祉関係の方も多く参加していますね」──「分かち合いの会」は、実名での予約制でしょうか。事務局長「いえ。その日の気持ちで参加するしないを決めていただきたいので、予約は不要です。受付でお名前をお聞きしますが匿名でも構いません。その他にも、ご遺族が会に参加するにあたり、ハードルに感じてしまいそうなことは常々排除するように努めています」理事長「大切な人を亡くしたばかりで辛く悲しい想いをしているご遺族のまわりには、...more
カテゴリー:

おぎやはぎ矢作が「家、ついて行ってイイですか?」ヤラセ疑惑に何が悪いの?「オンエアしてないし、ちゃんとボツになってる」 - 01月18日(土)23:10  mnewsplus

お笑いコンビの「おぎやはぎ」の矢作兼が16日深夜、TBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(木曜深夜1時)内で、自身がMCを務めるテレビ東京系「家、ついて行ってイイですか?」に、出演者を仕込んだヤラセ疑惑があるとの一部報道について言及するひと幕があった。  番組中盤で矢作は「『ヤラセ疑惑のやっぱり…!感』って見出し、失礼しちゃうよ」と切り出し「ホント考えられないくらいの量に声かけて。年間何万人。スタッフが100隊いるって聞くし、結構いいストーリーがあるのよ。映画のような話もあって…だからヤラセ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る