たけしのニッポンのミカタ!

2019年11月22日(金)放送 テレビ東京   金   21:54-22:54

「たけしのニッポンのミカタ!」の動画

関連ニュース

中がとろっとろで超絶ジューシー! 山の上にある”全国3位”の大人気ハンバーガー店 - 09月25日(金)11:47 

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜よる10時 ※9月25日は、よる10時4分放送)。今回は、ゲストに川島明(麒麟)を迎え、「知る人ぞ知る"激ウマ(秘)繁盛店"」にスポットを当て深掘りしていく。「テレ東プラス」では、特別に先取りで「全国3位のハンバーガー店」を紹介する。福岡県の小高い山の頂上に、全国ハンバーガーランキング3位に輝くお店があるとの情報が。スタッフは早速現地へ向かうことに...。まずは「今屋のハンバーガー」の看板を発見! そこへバイクに乗った店主らしき人物が現れ、開店準備を始める。立てかけた看板には「今屋のホットドック 全国三位に入りました」との文字が!午前11時にお店がオープンすると、続々とお客さんがやってくる。ハンバーガー店の魅力を聞いてみると、「ファストフード店よりボリュームがあり、値段が安い」「公園を走った後にご褒美で食べる」とのこと。こちらが一番人気の「ミックスエッグ」。見た目はホットドッグだが、熱々のハンバーガーとも言える。そしてその味は...めちゃくちゃジューシー! 店主曰く「中身はハンバーガーで外見はホットドッグ」だそう。地元で愛されるこの絶品バーガーは、雑誌のハンバーガーランキングで全国3位にランクイン。山頂にあるにもかかわらず、行列ができる摩訶不思議なハン...more
カテゴリー:

売上額が驚きの〇千万! 下町の小さな電器屋さん...なんでそんなに儲かるの? - 09月11日(金)12:41 

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜よる10時)。9月11日(金)の放送では「一見ごく普通なのに大繁盛している、東京・亀戸で大人気の電器店」にスポットを当て、深掘りしていく。東京の下町に小さいながらも大繁盛している電器店があるという。こちらが噂の「栄電気」。店内に入ると、おなじみの家電はもちろん、懐かしいポータブルラジオやカセットテープなどが並ぶ。「大繁盛している」という情報を確認すべく、店主に年間の売上額を尋ねると、「7000万円」という驚きの返答が! 小売り電器店の平均売上額が約2800万円のところ、こちらは約7000万円。売場面積約20坪、在庫数約300アイテムという町の小さな電器店は、いかにして7000万円を売り上げるのだろうか。その真相を探るべく、店主に密着した。開店したにも関わらず、店内にはお客さんの姿も店主の姿もない。午後3時になり、ようやく店主が姿を現したが、ノートを片手にどこかへ電話をかけ「これから向かう」と会話。どうやら外出するようだ。店主が向かったのは店から1km離れた住宅街。呼び出し音が鳴らない玄関のインターホンの修理に取り掛かる。配線などをチェックし、約30分の作業でインターホンは無事復旧。「すぐ来てくれる栄さん」と依頼主も満足げ。続いては、店から約5分のアパー...more
カテゴリー:

行列ができる謎の材木店...昼は意外な店に変貌? 儲け度外視でサービスを続ける理由 - 09月18日(金)10:09 

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜よる10時)。9月18日(金)の放送では、「謎の材木店&最強のインスタント袋麺」にスポットを当て、深掘りしていく。「テレ東プラス」では、特別に先取りで「行列のできる材木店」の内容を紹介していく。新木場の工場や倉庫が軒を連ねるエリアに、行列のできる材木店があるという。いったいどんなお店なのか? こちらが噂の「榎戸材木店」。創業106年、テーブルなどの日用品の加工や、アクセサリーの製作などを行なっている。とはいえ、材木店に行列...? 中にいた方に話を聞いてみると、「お昼くらいになると、外側に行列が出来ると思います」とのこと。外で待ってみると、お昼頃には入口に行列が。中には、「ほぼ毎日来る」という方も。スタッフも行列に並んでみると、「おひとつでよろしいですか?」と袋を手渡された。気になるその中身は...なんとお弁当! 実はここ、材木店の敷地内で営業している「うみねこ食堂」。店主自ら弁当の調理を行なっている。この日のお弁当は、大山鶏の油淋鶏をメインに、ナムル、おひたし、具だくさんの豚汁まで付いてお値段800円。2時間あまりで弁当70個が完売してしまった。午後2時に店じまいをしたかと思いきや、店主のAさんはスーツに着替え材木店の事務所へ。実はAさん、「榎戸材木...more
カテゴリー:

いつも大行列! 店先には新鮮野菜がズラリ! 何かと面倒なのに大人気なうどん店 - 09月04日(金)08:45 

現代日本人の身近に起こるさまざまな社会現象をテーマに、"今"を捉える知的エンターテインメント「たけしのニッポンのミカタ!」(毎週金曜よる10時)。9月4日(金)の放送では、「壁もメニューも文字だらけ!? 何かと面倒なのに大人気なうどん店」にスポットを当て、店主のこだわりを深掘りする。「とても面倒くさいのに全国からお客さんが集まるうどん屋さんがある」との情報を得て、現地へ向かったスタッフ。さいたま市にあるうどん店「駕籠休み(かごやすみ)」へ向かうと、すでに長蛇の列が。確かに人気があるようだ。店の軒先には、うどん店にもかかわらず新鮮な野菜が並んでいる。約20分並んで店内へ。店内のいたるところに、メニューや詩のような特徴のある貼り紙がたくさん貼られている。 早速、名物「辛味大根うどん」を注文。運ばれてきたのは、なんと丸ごと1本の大根。自分で大根をおろしていると、今度は極太うどんとかき揚げが運ばれてきた。 麺の量は500gで、一般的な店の約2倍のボリューム。自分でおろした辛味大根を麺つゆに入れて食べる。麺のモチモチとコシがたまらない! 名物のうどんは絶品である。しかしこのお店、いったい何が面倒なのだろうか?しばらく店内を観察していると、新規のお客さんに店主らしき男性が声をかけた。「ようこそ! 当店の最大のこだわりは水なんですよ」と強めのアピール(笑)。初めて来店したお客さん、ほぼすべてに声...more
カテゴリー: