なないろ日和!

2019年5月16日(木)放送 テレビ東京   月,火,水,木   9:26-11:13

「なないろ日和!」の動画

関連ニュース

5秒でOK! 肩こり解消には「鎖骨ほぐし」 - 05月19日(日)13:40 

肩こり解消には、肩をもむより鎖骨をほぐせ!? 肩こりだけでなく、首痛、頭痛にも効果がある、今注目の「鎖骨ほぐし」って知っていますか? 毎回さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木曜 午前9時28分~放送中)。今回は、「肩こり、首痛、頭痛は鎖骨を5秒ほぐすだけでなくなる!」(主婦の友社)の著者である理学療法士・医学博士の吉田一也先生に、つらい肩こりの救世主「鎖骨ほぐし」について教えていただきました。"肩こり"と"鎖骨"の関係肩こりだけでなく、首痛、頭痛にも効く「鎖骨ほぐし」。でも、"肩こり"と"鎖骨"に、何の関係が!? ......と思った方、まずはこれを試してみてください!腕を上げてみてください。上がりましたね。では、鎖骨を押さえて腕を上げてみてください。あら不思議! 腕が上がりません!「鎖骨は胸骨・肩甲骨と繋がっており、鎖骨が圧迫されると肩の関節が動きにくくなります。また、鎖骨の周りには多くの神経や血管、リンパが密集していて、圧迫により血流が悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。鎖骨ほぐしの目的は、鎖骨を自由に動かせるようにすること。そのために鎖骨周辺の皮膚をつまんで引きはがすことが効果的なのです」(吉田一也先生、以下同)鎖骨ほぐしの方法鎖骨には、以下の5つの筋肉がくっついています。①胸鎖乳突筋②僧帽筋上部線維③鎖骨下筋④大胸筋鎖骨部⑤三角筋...more
カテゴリー:

あなたの「肩こり」どのタイプ? 7つの原因セルフチェック - 05月12日(日)13:40 

肩こりがひどくて、体がだるいし、頭痛まで......。日本人の痛みや辛さの自覚症状の調査では、女性は1位、男性は2位(1位は腰痛)と多くの人が悩まされている「肩こり」(厚生労働省 平成28年度国民生活基礎調査)。実は、肩こりには7つの原因があることを知っていますか?毎回さまざまな専門家がレギュラー出演中の生活情報番組「なないろ日和!」(毎週月~木曜 午前9時28分~放送中)。今回は、"肩こり解消の達人"である理学療法士・医学博士の吉田一也先生に「肩こり」7つのタイプのセルフチェックと解消法についてうかがいました。「肩こり」7タイプのセルフチェック「肩こり」といっても原因や症状は同じではありません。「"肩こり"の原因は7つに分類できます。原因が分からないと、いくらマッサージしても改善できません。ご自身がどのタイプか、原因を見極めましょう」と吉田先生。まずは、以下のセルフチェックチェックで、自分が7つのどのタイプかを調べましょう。【肩こりタイプ別セルフチェック】【1】筋肉疲労タイプ・デスクワークなどで長時間、同じ姿勢をしている。・スポーツなどで筋肉をたくさん使った。→肩こりの始まりはここから。1年、2年、3年と蓄積され、ひどい肩こりになることも。【2】眼精疲労タイプ・パソコンやスマホなどを長時間使用することが多い。→体は全て繋がっているので、目の筋肉を酷使すると、首の筋肉が凝り、肩の筋...more
カテゴリー:

原田修佑アナウンサーを直撃「自分では肉食系だと思っています!(笑)」 - 05月19日(日)00:45 

今回は、「追跡LIVE! SPORTSウォッチャー」(月~金曜夜11時58分/土曜夜11時/日曜夜10時54分)や「なないろ日和!」(毎週月曜~木曜 朝9時28分)、そのほか様々なスポーツ中継でも活躍中の原田修佑アナウンサーを直撃。先輩たちに愛される"後輩キャラ"原田アナの意外な一面、アグレッシブすぎる仕事への姿勢など、ここでしか聞けない話をたっぷりお届けします。アナウンサーを目指したのは、人前で話すことが苦手だったから――入社4年目となりました。スポーツを中心に様々な分野で活躍されていますが、アナウンサーとしての今の自分をどう分析していますか?「入社1年目の頃と比べると、気持ちに余裕を持てるようになりました。実は、初めて生放送の番組に出た時、自分の名前と年齢を間違えてしまって...(笑)。3年目になってようやく、カメラの前で緊張することなく、仕事に臨めるようになりました。今はとにかく、"伝える"ことを意識しています。実は人前で話すことが苦手で、そんな短所を克服したいという思いがありました。これは、アナウンサーを目指した理由のひとつでもあります」――それはとても意外ですね! あえて苦手なことを克服しようと思ってアナウンサーを目指したということでしょうか?「たしかにこれまでの自分を振り返ると、苦手なことにあえて挑戦することが多かったかもしれません。国語が苦手なのに文系に進学しましたし...more
カテゴリー: