家政夫のミタゾノ

2019年5月11日(土)放送 テレビ朝日   金   23:15-0:15

「家政夫のミタゾノ」の動画

関連ニュース

King&Prince神宮寺勇太、前回は「顔が引きつっていた」と反省!単独MC番組、第2弾放送 - 03月26日(木)10:35 

2020年1月に放送されたKing & Princeの“国民的彼氏”こと神宮寺勇太が単独初MCに挑戦した番組『名所から一番近い家』。同番組の第2弾を、4月3日(金)に放送することが決定した。©テレビ朝日◆日本各地の“名所”に一番近い家に住んでいるのは…『名所から一番近い家』は、“名所から一番近い物件”だけを扱う不動産会社が選りすぐりの物件を紹介していく新感覚バラエティー。番組の舞台となるのは、不動産会社「名所不動産」。その新入社員である神宮寺が、客としてやってきたいとうあさこに、各地の“名所から一番近い家”をプレゼンしていく。第1弾では島根県の出雲大社や東京スカイツリー、映画『君の名は。』の“聖地”と言われる場所など、さまざまな“名所”から一番近い家を紹介。その地で暮らす個性豊かな人々の生活も放送した。第2弾となる今回は、どんな“名所”から一番近い家が登場するのか。◆2度目の単独MCを務める神宮寺勇太!前回からの成長は?前回同様、いとうあさこをゲストにむかえ、2度目の“単独MC”に挑んだ神宮寺。収録がスタートすると、元気よくタイトルコールをした後に「前回より拍手が大きい!」とスタッフの拍手にも素早く反応していく。前回はかなり緊張していたという神宮寺だが、前回の放送を見て「顔が引きつっていた」と自身のMCぶりに反省した様子。今回は「肩の力を抜きながらやっていきたい」と気合十分で臨む。...more
カテゴリー:

『家政夫のミタゾノ』第4シリーズが撮影開始!松岡昌宏、華麗なスタートダッシュ - 03月23日(月)08:35 

松岡昌宏扮する女装した家政夫“ミタゾノさん”こと三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。4シリーズ目に突入する同作が先日、ついにクランクインした。©テレビ朝日おなじみの白ブラウスに黒スカートという出で立ちで現れたミタゾノさん。右手にはゴミ袋とトングを握りしめ、道端に落ちたゴミというゴミを拾い集めながら疾走していく。そのスピードたるや、驚くほどの超高速! かつてこれまでのシリーズで、こんなにも素早くゴミを拾うミタゾノさんを見たことがあったか…?実はミタゾノさんが行っているのは、“プロギング”という競技。ジョギングをしながら落ちているゴミを拾うというこの競技に、なぜミタゾノさんが参加しているのか? その答えは、4月24日(金)の『家政夫のミタゾノ』第1話で明らかになる。※番組情報:金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ』2020年4月24日(金)スタート、毎週金曜夜11:15-0:15、テレビ朝日系24局(一部地域で放送時間が異なります) 関連リンク 『家政夫のミタゾノ』第4シリーズ放送決定!松岡昌宏「メイクは体が覚えていました」 『家政夫のミタゾノ』最終回!光(伊野尾慧)...more
カテゴリー:

TOKIO松岡昌宏演じる“ミタゾノ”、クランクインで疾走 - 03月23日(月)08:00 

アイドルグループ・TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるテレビ朝日系新ドラマ『家政夫のミタゾノ』(4月24日スタート、毎週金曜 23:15~ ※一部地域除く)がこのほど、クランクインした。
カテゴリー:

「家政夫のミタゾノ」の撮影が始まりました。 - 03月23日(月)13:50 

「家政夫のミタゾノ」の撮影が始まりました。
カテゴリー:

家政夫のミタゾノ:第4シリーズクランクイン “三田園薫”松岡昌宏がゴ… - 03月23日(月)08:00 

 人気グループ「TOKIO」の松岡昌宏さん主演で4月24日にスタートする連続ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系、金曜午後11時15分)がこのほど、クランクインした。シリーズ第4弾で、おなじみの…
カテゴリー:

【ドラマ】「家政夫のミタゾノ」1年ぶり帰還 TOKIO松岡「4作目はまた格別」飯豊まりえ新加入 - 03月12日(木)17:14  mnewsplus

 テレビ朝日は12日、4月期の番組改編を発表。金曜ナイトドラマ(後11・15)には、TOKIOの松岡昌宏(43)主演の「家政夫のミタゾノ」が1年ぶりに帰って来る。  松岡が全編女装で扮する家政夫・三田園薫が目にしたドラマは、16年10月にスタートして4季目。18年からは4月期が定着している。新たな家政婦役に飯豊まりえ(22)が加わる。  松岡は「やはり芝居をする者として、シリーズものができるということはそのキャラクターやチーム、作品の作り方などすべてをひっくるめて、視聴者の皆さんに認めていただけたと いうことだと思うんで...
»続きを読む
カテゴリー: