カンブリア宮殿

2019年5月16日(木)放送 テレビ東京   木   22:00-22:54

「カンブリア宮殿」の動画

関連ニュース

餃子ブーム! 陰で支える町工場の「餃子革命」:カンブリア宮殿 - 08月22日(木)10:35 

8月22日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。1時間に1500個の餃子を包む製造機「餃子革命」。餃子の名店やラーメン店でその名の通り革命を起こしている。餃子ブームを陰で支える町工場「東亜工業」の秘密に迫る!餃子ブーム支えるすごいマシン栃木県宇都宮は言わずと知れた"餃子の街"。人気餃子店の厨房では見慣れぬ機械が次々に餃子を包んでいる。その機械の名は「餃子革命」。製造しているのは、東亜工業という浜松にある小さな町工場だ。この餃子マシン、やはり"餃子の街"である浜松の餃子店でも大活躍、ラーメン店や冷凍食品会社などでも使われているという。1時間に1500個を包めるのだが、店によって餃子の皮の大きさや厚さが違うため、すべてオーダーメイド、特に餃子を包む部分は精密さが求められ手作業で加工されている。有名な居酒屋チェーンもこの機械を導入し"餃子居酒屋"を展開、これが当たりチェーンの拡大を図っていた。意外な技術で生まれた餃子製造機餃子マシンは意外なきっかけで生まれた。東亜工業は1963年に請井正社長の父・由夫が創業、当初は自動車の部品などを下請けで作っていた。ある日、ラーメン店で黙々と餃子を包む店主の姿を見て「餃子を自動で包む機械があれば喜んでもらえる」と考える。そして、オートバイのマフラーを加工する技術を応用して、餃子製造機の開発に成功する。しかし、小さな町工場で職人気質のため、営業が上手...more
カテゴリー:

進化する社員食堂~マグロの解体ショーに居酒屋も:読むカンブリア宮殿 - 08月18日(日)21:05 

大阪・梅田の一角にある話題の人気スポットに、朝11時から長い行列ができていた。およそ50人が順番待ち。お目当ては12階のビルの最上階にあった。明るい光が差し込むレストラン「プレミアムマルシェオーサカ」。200ある席はすぐに満席状態になった。 ここは農機具メーカー「ヤンマー」本社の社員食堂。毎週土日は一般に開放している。客を呼び込むメニューはお得感いっぱいの週替わりランチ。この日の一番人気は「牛肉の煮込みブルゴーニュ風」(1080円、フリードリンク付き)だ。店の中庭ではミツバチが飛んでいる。大阪・梅田周辺で蜜を集め、それで自家製ハチミツを作り、カレーに添えて出しているのだ。農機具メーカーのヤンマーだけあって、自社農園や契約農家から集めている野菜も新鮮。そのサラダがついた「プレミアムマルシェカレー」(980円、フリードリンク付き)も人気の一品だ。 一方、東京・田町にあるエンタメ企業「バンダイナムコ」未来研究所。お昼時に従業員が詰めかける社員食堂は最上階の13階にある。毎日およそ800人が利用。座席のスタイルもさまざまで、掘りごたつ風の席まである。女性陣に人気なのが、野菜たっぷりの5種類のおかずの中から2種類を選び、さらにメインディッシュは肉か魚を選べるワンプレートの「デリセット」。この日はアジの南蛮漬け。ヘルシーなこのランチがご飯と味噌汁つきで500円だ。いずれの社員食堂も、運営してい...more
カテゴリー:

“トコトン十勝” 地元農家と共存する地域密着型のパン屋さん:カンブリア宮殿 - 08月15日(木)11:11 

8月15日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。地元十勝産の小麦だけ使った美味で体に優しいパンを提供し地元客に愛され続けている「満寿屋商店」。地元農家と共存共栄を図り地域の発展に貢献するパン屋の情熱に迫る!トコトン十勝産にこだわる 北海道帯広市を中心に8店舗を構える「満寿屋商店」。最も大きい店舗が帯広の郊外にある「麦音」という店。敷地面積は1万1000㎡。東京ドームのグラウンド面積に迫る広さだ。敷地内では小麦が作られ、小麦粉を挽くための風車もある。開放的なテラス席が150席。約100種類あるパンは地元・十勝産の小麦を使用。なかでも人気の商品は十勝産5種類のチーズを使った「とろーりチーズパン」や十勝牛を使用した「十勝牛カレーパン」。 さらに満寿屋商店は、東京にも2店舗を展開。ここはパンだけでなく、十勝産の木材を使ったウッディな空間作りも客を魅了する。4代目社長の杉山雅則はパン作りを通じて、十勝の魅力を道内外に発信し続けている。国産小麦でパンを作りたい! 親子の奮闘記 1950年、現社長の祖父・杉山健一は東京でパン製造の修行をし、帯広の駅前に「満寿屋」をオープンした。創業当時から丁寧なパン作りで店は大繁盛。その息子(現社長の父)健治は地元を離れ、東京で大学に通っていた頃、高円寺の人気パン屋でアルバイトをし、現会長の輝子に出会う。東京育ちの輝子は北海道行きを親に反対されるが説得を繰り...more
カテゴリー:

ブレーク寸前「山ごはん」~山に客を殺到させる仕掛け人:読むカンブリア宮殿 - 08月10日(土)17:39 

神戸に近い阪急芦屋川駅。週末の朝8時にもかかわらず、駅から多くの人々が。リュックを背負った家族連れから中高年まで、目指すのは六甲山だ。市街地からほど近く初心者でも登山が楽しめる山。でも、本当の目的は意外なところにあった。登山口から歩くこと2時間半。六甲山の山頂からは美しく雄大な山々が一望できる。すると子供たちが、スマホを片手にアプリを起動させ始めた。今人気の「山スタンプ」というサービス。GPSの位置情報で山頂に来た人だけがもらえるスタンプで、「全国のあらゆる山の山頂に行けばもらえる」という。新たな山の楽しみはそれだけではない。登山者が次々と取り出しているのはコンロだ。ある家族が温めていたのはレトルトのハンバーグ。手作りパンの上にチーズと一緒に挟んでハンバーガーに。別のグループは焼いてとろけたマシュマロをチョコとクッキーで挟みマシュマロサンドを味わっている。小麦の生地をこねて本格的なピザを作る人もいれば、分厚いステーキを焼く人もいる。これが人気沸騰中の「山ごはん」。今や様々なレシピ本も発売されており、そのおいしさと楽しさで、登山に縁遠かった人まで山に呼び込んでいるのだ。そんな「山ごはん」の楽しみを世の中に広めてきたブームの仕掛け人が、山と渓谷社の萩原浩司だ。萩原が長年、編集にかかわってきたのは、登山好きなら誰もが知る雑誌「山と渓谷」。創刊1000号を数え、現在も発行される雑誌では世界...more
カテゴリー:

初心者だって「ロゴス」の高機能商品でアウトドアの達人に!:カンブリア宮殿 - 08月01日(木)14:45 

8月1日(木)夜10時~放送の「カンブリア宮殿」。キャンプ初心者が、こぞって集まるアウトドアメーカーの店「ロゴス」。人気の秘密は、徹底した"初心者戦略"にあるという。その異色すぎる経営術に迫る!初心者が殺到! アイデア商品だらけの体験型ショップ埼玉・越谷市で開催された防災フェス。放水体験や、水害時に活躍する水陸両用車の乗車体験などが人気だが、その中で、特に注目を集めていたのが、家庭用の防災グッズのコーナーだ。空気を入れて簡単に設置できる「エアテント」や完全防水で「水害時に浮袋になるバッグ」など、いざという時に便利なアイデアグッズが目白押し。これらの商品を作っている会社こそ、アウトドアメーカーの「ロゴス」だ!ロゴスの店内にはTシャツから大型テントまで、アウトドアが手軽に楽しめる便利で高機能なアイデア商品が並ぶ。その「ロゴス」の客の多くは...実は、家族連れやアウトドア初心者だという。なぜ、ロゴスはメインターゲットを初心者の家族連れに絞り込み、成功を遂げてきたのか? その知られざる独自戦略の謎に迫る!「アウトドアの時代が来る!」知られざるロゴス誕生秘話1928年、柴田の祖父が船舶用卸問屋として創業したロゴス。大型部品からレインウエアまで、船舶関連のありとあらゆる商品を扱い、会社は大きく成長していった。しかし、1970年代後半、造船不況の煽りを受け、倒産寸前の状況に追い込まれる。そんなジ...more
カテゴリー:

行列ができる農林水産省の”社食”。フレンチ出身の料理人が総料理長を務めるその理由 - 08月21日(水)14:57 

農林水産省の庁舎内に、「手しごとや 咲くら」という職員向けの食堂があります。ランチタイムは一般向けにも開放していて、オープンは11時30分。いつも多くの人が、この店の料理を楽しみに行列を作っているそうです。総料理長の伊藤誉志さんは、かつてフレンチの料理人でした。フレンチと職員食堂、一見ミスマッチに思える組み合わせですが、そこにはある共通点があったのです。今回は職員食堂でありながら、この店を外来からの行列ができる人気店に育てた伊藤さんに、その料理へのこだわりを聞いてみました。"受け身"の姿勢から生み出される食材仕入れのキホン──「手しごとや 咲くら」さんでは、食料自給率をあげるべく国産食材を主に利用していると伺っています。メニューにも自給率が書かれていますが、どのように仕入れをしているのでしょうか?「前日の18時から19時ぐらいに、明日の朝の仕入れについての情報が入ってくるので、そこから何を買い、どんなメニューをするかを毎日考えています。食材というのはその日に多く採れた旬のものが、一番安くて旨いわけじゃないですか。自分がこれを作りたいからとグランドメニューを作り、それに合わせて材料を買っていると、やりにくくてしょうがない。そうしていると、自然と国産の食材を使うようになり、自給率があがっていくわけです」──毎日メニューを変えているんですか!? それはかなり手間がかかりそうですが。「それ...more
カテゴリー:

【芸能】元イエローキャブの「勝ち組」は小池栄子で誰もが納得するワケ - 08月18日(日)11:51  mnewsplus

https://dot.asahi.com/dot/2019081300050.html?page=1 2019.8.17 11:30 注目ドラマがひしめく今クールで、2本のドラマを掛け持ちしている“売れっ子”がいる。女優の小池栄子(38)だ。「わたし旦那をシェアしてた」(読売テレビ)では主演として、事実婚ながら愛する夫と幸せに暮らしていたシングルマザーの晴美を熱演中。また、「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」(テレビ東京系)では、主演の弁護士(反町隆史)を支える、事務所の毒舌経理女子を演じ、両作品でその存在感を存分に発揮している。彼女へのラブコールはドラ...
»続きを読む
カテゴリー:

大人がハマるカルピス~再ブレイクの秘密:読むカンブリア宮殿 - 08月14日(水)17:58 

大阪府吹田市の「ららぽーとエキスポシティ」に大行列ができていた。その先で子どもたちが夢中になっていたのは「蛇口からカルピス」。カルピス今年が発売100周年。その記念イベントで、小学生以下の子どもたちに無料でカルピスを振る舞っていた。メーカーが調べたところによると、全国民の99.7%が「カルピスを飲んだことがある」と答えている。ただ、少子化の時代にあってカルピスは売れなくなっているのではないかと思ったら、大人たちが買っていた。特に最近、大人にうけているカルピスがある。かつてカルピスは、原液を水で薄めるのが当たり前だった。子どもの頃、原液を入れすぎて叱られ、「もっと濃い味が飲んでみたい」と思った人も多いのではないか。そんな昔の夢を実現させたのが2016年発売の「濃いめのカルピス」だ。乳成分量がカルピスウォーターのおよそ2倍。その名の通り濃い味を楽しめる。発売3年で2億本以上を販売。200億円を売り上げ、大ヒット中だ。一方、「カラダカルピス」は体脂肪を減らすことをうたった機能性表示食品だ。「カラダカルピス」に入っているのはCP1563株と言う新しい乳酸菌。「脂質代謝を活性化させることで、最終的に体脂肪を減らす作用が期待できます」(研究開発本部・松浦啓一)と言う。メタボが気になる大人にとって魅力的なこの「カラダカルピス」も1億本以上、125億円を売り上げたヒット商品となっている。こうした大...more
カテゴリー:

カンブリア宮殿がアイウェアブランド「オンデーズ.. - 08月06日(火)09:56 

カンブリア宮殿がアイウェアブランド「オンデーズ」を特集。独自のブランド戦略や人材開発に迫る。
カテゴリー: