刑事7人

2019年8月14日(水)放送 テレビ朝日   水   21:00-21:54

関連ニュース

東山紀之「刑事7人」10年前の衝突事故9・9% - 08月22日(木)09:26 

21日に放送された東山紀之(52)主演テレビ朝日系ドラマ「刑事7人」(水曜午後9時)の6回の平均視聴率が9・9%(関東地区)だったことが22日、ビデオリサーチの調べで分かった。 第1話は13・2%、第2話は13・1%、第3話は11・0%…
カテゴリー:

東山「刑事7人」24時間以内に真相を…11・2% - 08月15日(木)09:24 

14日放送の東山紀之(52)主演テレビ朝日系ドラマ「刑事7人」(水曜午後9時)の5回の平均視聴率が11・2%(関東地区)だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。 第1話は13・2%、第2話は13・1%、第3話は11・0%、第…
カテゴリー:

中2の頃、衝撃を受けた。小池徹平、音楽を始める第一歩となった“ゆず”の曲を歌う - 08月08日(木)14:17 

髙嶋政宏によるMCのもと、BS朝日とJ-WAVEが「音楽」をテーマにコラボレーションする番組『My Anniversary SONG~HEISEI SOUND ARCHIVE~』(BS朝日)。8月9日(金)放送の同番組には、小池徹平がゲストとして登場! 自らの音楽ヒストリーを語りつつ、音楽ライブを披露する。©BS朝日小池徹平が音楽を始める第一歩になった曲は、ゆずの『友達の唄』。中学2年生の頃、友人がこの曲をカバーしているのを見て衝撃を受け、自分もやりたいと思い父親に教わりながら初めてギターの練習をしたという。今回小池は、音楽の世界への最初の一歩となった同曲を自らのギター演奏で歌う。また、もともと恥ずかしがり屋だったという小池。音楽をやりたいけれど殻を破れない自分がいて、自分を追い込むために「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」に応募。みごとグランプリを獲得し上京した。その後、上京して「WaT」を結成した経緯、初めて路上ライブをやったときの思いなどを切々と語っていく。◇その後、「辛い時期」や「焦りの時期」、「行き詰まっていた時期」があったという小池。しかし、そんなときに“刺激的な出会い”があった。2013年、ミュージカルに初出演する。同世代の歌の上手な人がたくさんいることに衝撃を受けた。わからないことばかりで、歌も難しかったが刺激的で面白かったという。ミュージカルに出演するようにな...more
カテゴリー:

「悪魔に殺される」とSNSに書き込んだ高校生の遺体。田辺誠一らが、交錯する3つの事件を追う<刑事7人> - 08月07日(水)10:09 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たちが超凶悪犯罪や未解決事件に挑む人気シリーズ『刑事7人』。同作シーズン5の第4話が、8月7日(水)に放送される。©テレビ朝日「俺、悪魔に殺されるかもしれない」。そうSNSに書き込んだ高校生の遺体が見つかった。さらに彼の親友も、「悪魔にとりつかれている」とノートに書き記して一家心中の犠牲になっていた。そして、悪魔の指示で殺人を実行したと自供する死刑囚。交錯する3つの事件を追う天樹(東山紀之)ら専従捜査班が、悪魔の正体に迫る!◆第4話あらすじ東京郊外の林道で、胸を刃物で刺された高校生・池添俊也(竹田光稀)の遺体が見つかった。遺体のそばにあったスマートフォンを確認した専従捜査班の青山新(塚本高史)は、被害者の俊也が「悪魔に殺されるかもしれない」と書き込んだSNSを発見する。法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、今回の被害者の俊也と、去年担当した事件の被害者で、両親の無理心中に巻き込まれた息子・田所信一(加藤峻也)は同じ高校の生徒だという。©テレビ朝日“同じ高校”という共通点に引っかかった天樹悠(東山紀之)が、無理心中事件の資料を調べたところ、信一がノートに「悪魔にとりつかれている」と書き記していたことがわかる。また、天樹と野々村拓海(白洲迅)は、高校で二人の担任をしていた増沢育子(かとうかず子)と俊也の両親から、二人が親友だったことや、...more
カテゴリー:

<刑事7人>倉科カナの苦い記憶呼び起こす事故…10年前のトラウマ清算し、事件の真相解明なるか? - 08月21日(水)08:32 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たちが超凶悪犯罪や未解決事件に挑むドラマ『刑事7人』。8月21日(水)に同作の第6話が放送される。©テレビ朝日膝を抱えるようにして横たわった男の遺体が発見された。遺体を見た専従捜査班の水田環(倉科カナ)は衝撃を受ける…。その男は10年前、環が警察人生で初の黒星を喫した事件の加害者だったのだ。苦い記憶がよみがえるなか、事件の核はその“10年前”にあることが判明。環は天樹悠(東山紀之)らとともに真相解明のため駆け回る!◆第6話あらすじ©テレビ朝日膝を抱えるようにして横たわった男の遺体が発見され、専従捜査班の水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)が臨場。環は遺体の顔を見た瞬間、衝撃を受ける…。その男は、環が警察人生で初めて関わった、苦い記憶を呼び起こす事故の加害者・和田幸雄(加藤虎之介)だったのだ!10年前――。娘の瞳を乗せた車椅子を押す竹沢茜(とよた真帆)が交差点に差し掛かったところに、走ってきた和田が激しく衝突。二人が転倒した際、茜の手から離れた車椅子が坂道を下って行き、電柱に激突するという痛ましい事故が起こった。当時、所轄署の地域課に配属されたばかりだった環が、初めての現場に足がすくみ、立ち尽くしていたところ、上司の大田黒敬一(菅原大吉)に怒鳴り散らされ、追い払われてしまった…。現在の環からは想像もつかない新人時代の話に、天樹悠(東山...more
カテゴリー:

天樹(東山紀之)が人質に…タイムリミットは24時間、専従捜査班が休日返上して奔走 - 08月14日(水)18:15 

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性派揃いの刑事たちが超凶悪犯罪や未解決事件に挑むドラマ『刑事7人』。8月14日(水)に、同作シーズン5の第5話が放送される。©テレビ朝日日々事件の捜査に追われる専従捜査班のメンバーがつかの間の休息を取っていた、そんなある日。天樹悠(東山紀之)は、15年前、妻と娘に誕生日を祝ってもらった思い出のファミリーレストランにいた。そのファミリーレストランで立てこもり事件が発生、居合わせた天樹悠(東山紀之)が人質に…。犯人の望みは1年前に娘が殺された事件の再捜査。タイムリミットは24時間、天樹らを救出するため専従捜査班が奔走する。◆第5話あらすじ日々事件の捜査に追われる専従捜査班のメンバーがつかの間の休息を取っていた、そんなある日。天樹悠(東山紀之)は、15年前、妻と娘に誕生日を祝ってもらった思い出のファミリーレストランにいた。当時に思いをはせながら食事をしていると、店内に突然食器の割れる派手な音が響き渡る。天樹がそちらに目をやると、釘を打ち込むためのネイルガンを手にした男・宗片幸一(大地康雄)が、店員や客を結束バンドで拘束していた。天樹は警察官だと名乗ったうえで、冷静に話を聞こうとするが、激昂した宗片はネイルガンを放ち、天樹に怪我を負わせてしまう。宗片は、一年前、娘のあけみ(夢宮加菜枝)が婚約者の坂木圭太(湯川尚樹)に殺され、その後圭太が自殺した事件を警察が...more
カテゴリー:

東山紀之「刑事7人」高校生の刺殺体で…11・4% - 08月08日(木)09:11 

7日放送の東山紀之(52)主演テレビ朝日系ドラマ「刑事7人」(水曜午後9時)の4回の平均視聴率が11・4%(関東地区)だったことが8日、ビデオリサーチの調べで分かった。 第1話は13・2%、第2話は13・1%、第3話は11・0%だった。…
カテゴリー: